blog ブログ

/* ループ開始 */
 

ネクタイのデザインや色味、また選び方や結び方について様々な記事がありますが、
作り方や構造について書かれているものは多くはありません。

そもそもネクタイに芯が入っていることを知らない方もいらっしゃるのではないかと思いますので、その意味と効果について書かせて頂こうと思います。

ネクタイは結んだり解いたりを何度も繰り返すモノです。
そのため、型崩れしないように、内部には芯地を入れているものがほとんどです。

中には《セッテピエゲ》という表地をたっぷり使って芯を用いない製法もありますが、どちらかというとスーツスタイル上級者向けとのものになります。

そのため、ベターにネクタイを選ぶ場合に出会うネクタイとしては芯地の入ったモノが多いことでしょう。

『ただ当り前に入っているもの』と侮るなかれ。芯には重要な役割がありますので、紹介させていただきます。

①型崩れ防止

既に説明をしていますが、まずこれが前提です。
ネクタイは「結ぶ」ということが前提に作られるアイテムです。
普通に使っていても、結び目には思いのほか負荷がかかってしまいます。

そして用いられる生地はシルク素材が多く、一般的なシルク生地は繊維が細く生地だけでは非常に薄いモノになっています。
なので、芯を入れることでキチっとした形が持続するように芯地が入っています。

②風合いの調整

芯によって同じ生地でも仕上がりの差が大きく出ることを知っておいていただきたいです。
例えば、薄い生地に薄い芯を使用した場合、結果的にペラペラの商品に仕上がります。
逆に、厚手の生地に起毛のかかった厚手の芯を使用した場合、ゴワゴワした商品に仕上がります。

もちろん、そういったものが良いと意図的に作り込む場合は問題ありませんが、一般的にはバランスが良くありません。

実際には、厚手の生地には薄目の芯、薄手の生地には厚手の芯と、特性を捉えバランスが取れる組み合わせをチョイスするといった、工夫が施されています。

@そして、豆知識ですが、シンプルに作られているように見えるネクタイですが、実は立体構造になっていてとても手間がかかるものなんです。芯においても、ただ入っているわけではなく、生地と芯が密着するように縫い付けてあったり、伸縮性を持たせるようにループを仕込んだりと、手間をかけて作っています。

アナタがネクタイを手に取る機会があるなら、芯がはいっているか?どんなものが用いられているか?といったところも見ながら選んでみてください。

/* ループ開始 */
 

いつもネクタイブランドSHAKUNONE’をご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

このたび、多くの方に支えられながら私たちが大切に育ててきたネクタイブランドSHAKUNONE’(しゃくのね)が、

スーツ専門店として全国展開をしている『THESUITCOMPANY』とのコラボレーションを実施します。

TSCの20周年企画の一つとして厳選された「日本のモノヅクリ」を追求した商品を提供するものです。※THESUITCOMPANY20周年動画

 

私たち㈱笏本縫製は創業から半世紀の間、商品を仕立てる業界の黒子として一つ一つのモノと真っ直ぐに向き合ってきました。

そんな中で、お客様の声を聞き、より良いモノを提供するために、長年の夢だったオリジナルブランドを2015年に立ち上げました。

「田舎の小さな縫製工場にブランディングは無理だ」と言われながらの挑戦でしたが、少しずつではありますが着実に成長してきました。

しかし、私たちの最大の弱みは【どれだけ良いものを作れても、世間に知らせる術をもっていない】ということだったんです。

そんな中でも、私たち自身も店頭に直接店頭に立ち続け、お客様との対話を通して伝え続けてきた結果、私たちの想い、商品のデザインやクオリティの高さが伝わり、都市部の百貨店での期間限定催事やオンラインショップを通じて多くの方に支えていただきファンになってくださるお客様も増えてきました。

そして昨年(2019年)、この企画のお声を頂戴しました。

担当バイヤーの方から
「20周年という大事な節目の企画ではあるが、ブランドのコンセプトやテイストを最大限に尊重してより良い一本を届けたい」と言っていただき、
私たちも「一人でも多くの方にSHAKUNONE'(しゃくのね)を知っていただける大切な機会」だと考え、このコラボレーションが実現します。

そして、皆さんにお願いがあります。

岡山県の小さな縫製工場からブランディングをはじめ、たくさんの方に支えていただき、
様々な経験をさせていただきました。

この取り組みにはいろんな意見があるかもしれません。
私もしっかりと考え、そしてよく話し合って決めました。

そして、商品についてもデザインや縫製仕様の提案から、しっかりとTSCさんと相談もさせて頂きました。
自信を持ってお届けできるものが出来上がってきています。

だからこそ、応援していただきたい。

全国のTHESUITCOMPANYの店舗で展開されます。
お近くの店舗で是非手に取って頂き、SHAKUNONE’を感じてください。
※ちなみに地元岡山の店舗以下の通りです。
岡山店  イオンモール倉敷店

 

私たちは数年前まで「誰も知らない田舎の小さな縫製工場」でした。
ですが、挑戦と経験を通して貴重な機会を頂くことが出来ました。

だからこそ、この取り組みを、挑戦を続けることで全国展開ができるようになるという一つのモデルケースとして、多くのモノヅクリの可能性を広げることにつながることを願っています。

リリース日の詳細等は追ってお知らせさせて頂きます。

 

この取り組みを1人でも多くの方に知って頂き、手に取ってもらいたい。

是非、身の回りの方にお伝え頂き、SNSでのシェア等をお願いしてもらえると幸いです。

 

/* ループ開始 */
 

新年、あけましておめでとうございます。

平素は株式会社笏本縫製ならびに、ネクタイブランドSHAKUNONE'(シャクノネ)のご愛顧を賜わり、厚く御礼申し上げます。

本年も、さらに挑戦を続けより良い商品、サービスを提供していけるように努めてまいりますので、
より一層のご支援、お引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただき餡巣。

本年もよろしくお願い申し上げます。

SHAKUNONE’プロダクトマネージャー
シャクモト タツヒロ

/* ループ開始 */
2019年12月31日
 

いつも株式会社笏本縫製ならびに、ネクタイブランドSHAKUNONE'(シャクノネ)をご愛顧くださいまして誠にありがとうございます。

早いもので本年も残すところ、あとわずかになりました。

本年も皆様に支えていただきましたこと、心より感謝しております。

年始の営業は2020/1/6からとなっておりますが、メールでの連絡やオンラインショップでのご注文対応など、
出来る限り対応させて頂こうと思っておりますので、お気軽のお問い合わせください。

来年も本年同様のご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

 

/* ループ開始 */
2019年12月26日
 

いつも株式会社笏本縫製ならびに、ネクタイブランドSHAKUNONE'(シャクノネ)をご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

年末年始の営業に関しましてお知らせをさせていただきます。※以下をご覧ください。

【ファクトリー】
2019/12/27(金)通常営業
2019/12/28(土)~2020/1/5(日)迄 休業

【オンラインショップ】
ファクトリーに準ずる。
ただし、お急ぎのご注文等ありましたら遠慮せずお申し付けください。
出来る限り対応させていただきます。

何卒よろしくお願いいたします。

/* ループ開始 */
2019年12月17日
 

令和最初のクリスマス。

大切な人にネクタイをプレゼントにお考えの方もいらっしゃるでしょう。

ただ、そんなものを贈っていいのかお悩みの方も少なくないはずです。

もちろん色や柄も大切ですが、まず「ブランド」から選んでみるのはいかがですか?

ブランドは、それぞれのブランドでコンセプトやバックボーンが違いますから、提供している商品のテイストもそれによって変わってっきます。

商品を絞り込んで展開しているブランドから、専門ブランドとして多くの商品を選択できるブランドまで様々です。

ネクタイを紹介しているwebサイトはたくさんありますが、その中でも「このサイト良いな」「参考になるな」と思ったもの紹介させていただきます。

もしよろしければ参考にしてみてください。

シンプルに良いものを追求している越境ECサイトBECOSが執筆している「BECOS journal」

※サイトへは画像をクリック

単に有名どころのブランドを寄せ集めたわけではなく、「本当に価値のあるもの」として執筆された記事で、とても信頼性が高いと感じました。

さらに、インポート系のハイブランド等ではなく、国産のブランドの中からチョイスしている点からみても、見極めている感があります。

一度見ていただいて損はないと思います。

 

/* ループ開始 */
 

こんにちは。

2019年12月14日(土)に岡山県津山市で行われたHOMINGビジネスプランコンテストにて、大賞を受賞することができました。

これも、平素から私たちを支えてくださり、成長の機会をくださったたくさんの方々のおかげだと感謝しております。

本当にありがとうございました。

結果ももちろん嬉しいことですが、何より仲間たちと感動の1日を作れたことが良かったです。

私を含め、9名のファイナリストで行われた大会。

観覧のお客様も多く、会場は満員状態。

視線、スポットライト、BGMが緊張感を高めました。

リハーサルは意外と緊張せずに舞台に上がることができたのですが、やはり本番は緊張しましたね。

私以外の皆さんのピッチを聞きいていたことは、

「あ、みんな、すげぇな」

ってシンプルな感想。

それぞれに原体験があって、私では考えつかないような素晴らしいビジネスプランの連続。

その中でラストバッターという巡り合わせもまた良い経験でした。

始まる前に控え室で挨拶をさせてもらった時、

「ショーレースではありますが、この9人は敵ではないので、まずこの場に立てることに感謝して、全員で大会を成功させましょう」という話に自然となりました。

それが体現できた大会になったことは、受賞するしないに関わらず共有の感動になって最後はお互いを讃えあえました。

大会を主催してくださったレプタイル株式会社の皆様、そして関係者の皆様感謝です。

 

会場に来られなかった方々にも、是非聴いて欲しかったというシンプルな想いがあります。

なので、ブログにて発表内容を公開させてもらいます。

以下、文字ベースになりますが、本物のスライドと共にアップしますので、是非ご覧ください。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

皆さんこんにちは。

私はネクタイブランドSHAKUNONE(シャクノネ)を運営しております
、おばあちゃんが創業した小さな縫製工場の三代目。

シャクモトタツヒロと申します。

元、美容師という経験を活かしながら、
今までのアパレル業界では聞くことのできなかったお客様の声を聞くために、
店頭に立ちつづけてきました。
「田舎の下請け工場にはブランディングなんて無理だ」と言われながらの挑戦でしたが、
様々な経験をしていく中で気づいたことがあるんです。

お客様はただ「個性的なモノ」を求めているんじゃない。
「特別なモノ」を求めているんです。

それを既存のビジネスモデルで生み出すことは難しい。

そこで、お客様に新しい価値を。そしてシャクノネを次のステップへ進めるために、
自分たちの強みを最大限に活かすビジネスモデルを考えました。

それが、オープンファクトリーサロンです。
これには二つの大きな特徴があります。

一つ目は「美容院のような丁寧なカウンセリング」
対話を通してお客様に寄り添うことで、今までになかった提案とカスタマイズを実現します。

二つ目は「見える化されたオープンファクトリー」
プロセスを公開することであなただけの特別感と見えるという安心感を提供します。

通常のオーダーメイドなら数か月。ズボンのすそ直しですら一週間はかかるのが当たり前とは違い、
オープンファクトリーでは、注文されたその場で仕立てるので、商品をオンタイムで届けることができます。

(さらに…)

/* ループ開始 */
2019年12月11日
 

クリスマスも近づいてきて、

「大切な人にネクタイをプレゼントしたいけど何を選んだら良いのかわからない・・・」

とのお問い合わせが非常に増えています。

特に、LINE@からの問い合わせが非常に多く、PCやMOBILEとのにらめっこ状態が続いています(笑)

選んでいる最中、とても悩まれる方がほとんどですが、決められた後は非常にご満足頂けているようで、私もとても嬉しいです。

何から聞いてよいのか?
どんなことを聞いたらよいのか?

その時点でご連絡してくださる方もいらっしゃいますので、お気軽にお問い合わせください。

PC、MOBILEのメールよりは、即時画像での提案もできるLINE@の方が速やかな対応に繋がります。

ただ、込み合う場合もありますので、返信に時間を要してしまった場合はご容赦ください。。。

どんなにたくさんのご質問があったとしても、必ずお返事させていただきます。

よろしくお願いいたします。

お問い合わせはオンラインショップから→ショップはコチラ