blog ブログ

/* ループ開始 */
 

皆さんネクタイを購入される時はどこで選ばれていますか?

大きく分けると、お店(実際の商品を見て選ぶ)もしくは、ネットショップ通販(インターネット上で注文)の2つの方法があると思います。

しかし、お気に入りのネクタイを探したり、大切な人への贈り物として選ぶ時に、
「ネットショップでネクタイ買ってもいいのかな?」と悩まれることもあるのではないでしょうか。

様々なものがネットショップを通して販売されていて、それを利用することも当たり前になった現代において、
こと「ネクタイ」は通販(ネットショップ)で買っても良いのか?といことを、
〈店舗販売〉〈ネットショップ〉での販売を経験し、職人としてネクタイブランドマネージャーも務めるシャクモトタツヒロが書かせていただきたいと思います。

結論から言うと・・・・・・全く問題ありません!!!

その理由を2つのポイントを踏まえて説明させていただきます。

 

理由①《種類がある》

百貨店から専門店まで、いろんな所でネクタイは販売されています。
もちろん、色やデザイン、質感を確認するためには本物を見るのが一番確実なので店舗で購入されるのも良いです。
ただ、近年はクールビスやビジネスファッションのカジュアル化が進み、ネクタイの売り場は縮小傾向にあります。
様々なブランドがある売り場も楽しいですが、店舗になると「場所が限られてしまいます」
それゆえに、限られた商品しか置けない現状から商品の同質化商品レパートリーが少ないといった環境になっています。

 ※実店舗   ※ネットショップイメージ

それに比べて、ネットショップになるとどうでしょうか。
もちろんブランドによって商品のレパートリーや在庫は様々ですが、限られて店舗展開と比べると豊富な種類のネクタイがあるケースが多いです。
総合的なファッションブランドになると、ネクタイの商品数は少ないですが、ネクタイの専門ブランドなどになると、皆さんが想像しているよりもたくさんの種類の商品があるかと思います。

 

理由②《男性が好きなこだわりの逸品がある》

男性が身に着けるものなので、もちろん男性が購入されるケースもあると思いますが、
ネクタイはプレゼントとして選ばれることもとても多いものです。
なので、女性が選ばれるケースも多く、むしろ男性がご自身で購入されるよりも多いのではないかと思うくらいです。
それは私が実際に店舗の最前線に立ってみても、オンラインショップを運営していても感じることです。

男性がご自身で選ばれる際は、明確に欲しいものが決まっているケースが多いのですが、
今回は、プレゼントに選ぶ女性目線で書いてみたいと思います。

第一に、男性は「少し語りたくなるような小さなこだわり」が大好きです。
※おそらく読んでくださっている男性で頷いてくださっている方もいらっしゃることでしょう。

もちろん好みもありますが、飲食店で言うところの「隠れた名店」的なイメージです。

ファッションにおいてもそれは同じことで、誰もが知っているというよりは知っている人は知っているといった感覚のものを好みます。

一般的に店舗で販売されているネクタイは、大手のメーカーは作っている場合が多く、上記のようなテイストの商品は比較的少ない傾向にありますが、隠れた名店はネットの中にいくつか存在しています。

その中でも、ネクタイブランドSHAKUNONE’は、ユーザーをはじめ、有名百貨店のプロバイヤーにも認められるようなブランドに成長してきました。常設店舗は少なく、ほとんど期間限定のショップかネットでの販売になっています。
  
SHAKUNONE'(しゃくのね)期間限定ショップも不定期で、いわゆる神出鬼没。そんなブランドになっています。

他にも、特徴的なブランドや、仕立ての良いブランドはありますので、色々見てみるのも楽しいかもしれません。

 

2点のポイントを書かせていただきましたが、いかがだったでしょうか?

もちろんネットショップで買うことがすべてではありませんし、
店舗販売は、本物を見て購入できるという安心感があります。

どちらかでなければならないと決めてしまうのではなく、最適な方法で選んべる方法を選択することが重要です。

お気に入りの一本に出会えることを願っています。

ネクタイブランドSHAKUNONE’の公式webサイト、SNS等のチェック&フォローを是非お願いいたします。

公式Webサイト~ ~InstagramTwitterFacebook~オンラインショップ~BASE店

 

/* ループ開始 */
 

これから長い人生を歩んでいく中で、社会人になる最初の一歩目として重要な就職活動は、神経も使うし気が滅入ってしまうこともあるかと思います。

毎日なれないスーツを着て、革靴を擦り減らしながら、企業を回っていくこともあるのかもしれません。

ですが、そういった時こそ、自信を持って臨んでほしいと思っています。

特に面接の時などは、あなたももちろん真剣だと思いますが、面接官の方々も真剣にあなたの言葉の”一つ一つ”を真剣に聞いてくれています。

だからこそ、相手に敬意を表して礼を尽くす気持ちで臨んでほしいと思います。

とはいえ、たくさんの就活生を見る面接官にとって、あなたは多くの中の一人なのかもしれません。

だからこそ、お互いの限られた貴重な時間を意味のあるものにし、チャンスを掴むのなら、礼を尽くす気持ちを忘れないでください。

 

ネクタイは古い習慣のように感じる人もいるかもしれません。

しかし、服装の本質は「誰でも楽しめるコンテンツ」であると同時に、「相手に対して敬意を表する」という意味もあります。

結婚式や葬儀に行くときの服装がきっちりと決まっているのも、「礼を尽くす」というところに繋がっています。

 

そして、就職活動とは、もちろん自分の為に行うものでもありますが、
家族や、これから先にできるかもしれない大切な人のためにするものだという側面もあります。

だからこそ真剣に向き合っていかなければならないと私は思います。

 

私たちも常に大切な人を思い浮かべながらネクタイを作っています。

「就活にはどんなネクタイを選んだらいいの?」と聞かれることも良くありますが、
基本的には好みで選んでもらって大丈夫です。と答えています。
付け加えるなら、あまり派手すぎない調和性や協調性を感じるモノが良いのではないか。とアドバイスをしています。

具体的には、色数を多く使っていないストライプやチェック柄、または無地のものをオススメしています。

SHAKUNONE’は就活生の方からすれば、もしかすると値段が高いと思われるかもしれませんが、
もし、ここぞのネクタイを一本!と思うことがあるなら、是非一度覗いてみてください。
※オンラインショップはコチラ。

皆さんに希望ある未来が開かれることを心より願っています。

/* ループ開始 */
 

《コンセプト》

「静かな迫力を感じるこだわり」

 

SHAKUONE’とは

創業から半世紀を迎えた、岡山県津山市にある小さなネクタイ縫製工場の三代目、
シャクモトタツヒロが2015年に生み出したネクタイブランドです。
シンプルながらも深みのあるデザインと、手仕事に頼った確かな技術から生み出されるネクタイは、
都市部の有名百貨店などの出店でも、お客様をはじめ、プロバイヤーからも高い評価を受けている若手のブランドです。
リアル店舗は構えておらず、普段はオンラインショップでの展開が中心になっているのには訳があります。

大切な人を想い、一本一本のネクタイを仕立てていくには、時間がかかります。
そのために、大量生産ができないため流通量は多くなく、限られた期間での出展しか出来ていない希少なブランドです。

オンラインショップはコチラ

ポイント①女性ユーザーの多さ

男性が身に着けるモノとしてイメージが高いネクタイなのにも関わらず、
実際に手に取っていただくお客様の約70%が女性です。
もちろん、こだわったネクタイを求めている男性のユーザーもいらっしゃいますが、
大切な人の為に特別な《ギフト》を贈りたい、という女性に選ばれているのです。

¥10000(税抜)という価格は、一般的なネクタイギフトとして最も選ばれるプライズゾーンであり、
その中でも、仕立ての良さや、ディティールは高級さを感じることができます。
特にネクタイギフトのボリュームゾーンである価格帯に位置していても、支持をされるワケは、
ファクトリーブランドならではのコストパフォーマンスと、積み上げてきたブランドストーリーにもあります。

ポイント②ユーザーの声をカタチにするデザインと素材

とにかく良いものをお客様に届けたい。
その意思を体現するために、マネージャーでもあり、職人でもあるシャクモトが店頭に立ちユーザーの声を聞く活動を
ブランド立ち上げ前から今も続けています。
一般的に作り手は表舞台に出ることはない「黒子」の存在ですが、
今までの商習慣の中で『作り手がユーザーの声を聞く機会がない』ということに違和感を覚えたことから、
常に販売の最前線にも足を運ぶようにしています。
そのことにより、リアルニーズを知ることができ、そこに少しのこだわりとアクセントを加えることで、
より魅力的なネクタイを生み出し続けることができるのです。

そして、ネクタイの『顔』ともいえる生地は、
富士山を眺めることのできる『山梨県の織物職人』と密な連携を取り、生み出しています。
シルクの美しい光沢を活かしながら、ネクタイならではのしなやかさがある美しい生地を使用したネクタイは、
仕立てのプロと織物のプロが居なければできないのです。

男性のスーツスタイルにおいて、彩を加えるとともに、
第一印象を決めるといっても過言ではないほど重要なアイテムであるネクタイ。

ご自身の特別な一本を選びたい方。
大切な人を想って選びたい方。

是非一度覗いてみてください。

ネクタイブランドSHAKUNONE’の公式webサイト、SNS等のチェック&フォローを是非お願いいたします。

公式Webサイト~ ~InstagramTwitterFacebook
オンラインショップ~BASE店

 

/* ループ開始 */
2019年10月21日
 

ビジネス服の自由化が進み、スーツにネクタイを締めていごとに行くことはもはや当たり前ではなくなったといってもいいでしょう。

しかし、現代においてのスーツやネクタイといったアイテムは、今までになかった価値を生み出そうとしているのではないかと感じています。

そのことをシンプルに伝えさせて頂きます。

 

みなさん、歌舞伎独特の演技形象の一つ『見得(みえ)を切る』というものを知っていますか?

見得というのは、芝居が最高潮に達した場面で、演技の高揚を誇張した表情(にらみを利かせる)や動き(足を一歩踏み出す)をし、
ストップモーションを見せるものです。
最高の瞬間に、いかに役者を際立たせ、一瞬で観客の目と心を引き付るか、という演出の一つです。

そして、『見得』の印象を強めるために『つけ』(舞台上手で木板をツケ木で打つ技法)を打ちます。

 

現代のスーツやネクタイはそういったものなのではないかと思うんです。

歌舞伎においての『見得』はやはり「かっこいいもの」です。
しかし、これが成り立つのも、基本的にはその前後の演技や表現があるからです。

気張り続けている状態が当たり前になってしまえば、価値を失うし、
緩いことが当たり前になってしまえば、締まらない。

 

いわゆる、《メリハリ》です。

そういった部分で考えると、スーツにネクタイを締めるということは、
歌舞伎で例えるところの『見得を切る』こと同じなのではないでしょうか。

ただ、着用しないこと=自由で、着用すること=古い

といった、感覚ではなく、
身近にメリハリを感じることが大切なんじゃないかと思うんです。

 

ネクタイブランドSHAKUNONE’の公式webサイト、SNS等のチェック&フォローを是非お願いいたします。

公式Webサイト~ ~InstagramTwitterFacebook
オンラインショップ~BASE店

/* ループ開始 */
 

トレンドや流行は短期間で変化をしていきますが、価値観は時間をかけてゆっくりと大きく変わっていきます。

多様化していく価値観の中で、ビジネス服の『実用性』や『簡略化』を優先する傾向があり、その代表的な取り組みが「クールビズ」なのではないかと思います。

しかし、本来、完成されたスーツスタイルに求められているのは、単なる「服装」ではありません。

決してクールビズを否定しているわけではありませんし、むしろ、より適した服装をすることは大切だと思っています。

そんな中にあっても、普遍的でおしゃれな姿。
ある意味、合理性とはかける『余裕』の部分を大事にした「装い」の根底には、

トラディショナルでありたい。
モテたい。
こだわりたい。
個性的でありたい。

といった意識があります。

そしてその代表格であり、男性のオフィシャルファッションのテンプレートがスーツスタイルです。

時代に合わせて、合理的に変化していくこともあるかもしれませんが、普遍的な価値を再認識していただくのも、大切なことなのではないかと感じています。

そして、そこに彩りを加えられる最高のパートナーとしてありたいと、SHAKUNONE’は願っています。

 

よろしければ発信しているSNSフォロー&ECチェックをお願い致します。

公式Webサイト
InstagramTwitterFacebook
オンラインショップ~BASE店

 

 

/* ループ開始 */
 

一般的に「ドヤ顔」と聞くと、

自信過剰  ナメてる  ウザい

などと、否定的な印象を感じてしまいがちじゃないですか?

でも、僕はこう感じています。

「ドヤ顔」=カッコイイ!!

オリンピックが近づいてきたこともあり、スポーツが盛り上がってますよね。
勝った選手がの勝ち誇った顔や、自信に満ち溢れた顔も立派な「ドヤ顔」だと思います。

それを不快に感じることってほとんどないことないですか?

ドヤ顔の裏には、誰にも認められるような結果だったり、努力や信念が背景にあるからだと僕は思います。

一方、ウザがられるドヤ顔は、
とても小さなことや、過大評価したようなことを、ざぞ自慢げに話してくる人たちがやりがちです。

本物のドヤ顔は、「ここぞという時に見せる最高の決め顔」なんだと思うんです。

今回、そんなドヤ顔撮影をしてきました。
実は、以前にクラウドファンディングで「ドヤ顔」に関するプロジェクトがありました。
詳細はコチラ。

そのプロジェクトを応援させて頂きました。

そのリターンとして、カメラマンのイシイコウジさんに「ドヤ顔」写真を撮って頂きました。

《周りに無理だって言われてたことをやってのけた時の達成感のドヤ》がテーマです。

撮れたドヤ顔がこちら。

画像1

いかがですか?

不快に感じた方は、僕の頑張りがまだまだ足りなくて、伝わっていないんだと思いますので、精進します。

ただ、僕自身は結構気に入ってて、
過去にドヤった顔の再現をした訳ではなく、
未来に向けて何かを達成した後のドヤ顔を想像してやってみた感じです。

たった1枚のドヤ顔。

この顔が現実になるように行動していくことが大切なんだと、自己意識を高める1枚になった気がします。

あなたも1枚、撮ってみては?

よろしければ発信しているSNSフォロー&ECチェックをお願い致します。

公式Webサイト
InstagramTwitterFacebook
オンラインショップ~BASE店

/* ループ開始 */
 

誕生日やクリスマスなどの記念日をはじめ、就職祝い、昇進祝い、栄転祝い、送別品としてもネクタイをプレゼントに選ぶことは多いのではないでしょうか?

しかし、年齢だったり、職種や好みを考えると「どんなものを贈れば喜んでもらえるのだろう?」と悩むと思います。

今回は20代の方に贈るネクタイの選び方を、シンプルかつ簡潔に書いてみたいと思います。

さて、早速ですが、20代の男性が結ぶネクタイってどんなものがいいんでしょうか?

20代となると、一言でいうと「若い」ですよね。

 

その年齢層の方にハイブランドのネクタイを贈っても、普段着用しているスーツと合わせるとトータルで見たときに釣り合わず、不恰好な印象になってしまう可能性があります。

特に、某超有名ラグジュアリーブランドなんかは、プリント生地で「いかにもブランド物」というのがわかるようなラインナップが多いのが現実。
悪いとは言いませんし、デザインにもよりけりですが、プリント生地のネクタイ自体がやはり年齢層の高い方がつけている印象がありますし、やはり織物素材を選んだ方が良いのではないかと思います。

柄選びや色選びに関しても同じようなことが言えますが、
基本的に「流行り」や「人気」を考えるより、「日常使い」を意識して選ばれる方がおススメです。

/* ループ開始 */
2019年10月10日
 

小学生の時に100m走を走りました。

その時先生に、
「ゴールの5m先まで全力で走りなさい」と言われました。

要するに、ゴール手前で減速せずに全力で駆け抜けなさいって意味で言われてたことでした。

ふと、そんなことを思い出したのは、10歳年上の地元出身の先輩と食事をしたことがきっかけでした。

その先輩は、BMXのプロライダー、アパレルブランドの立ち上げをしつつ、世界を旅して、今はオリンピックの組織委員会でも活躍されている方です。

色んなことをお話しさせていただく中で2つの印象に残った内容を紹介します。

①「プロ野球選手になりたい」という夢と、「三冠王を取りたい」という夢は《見据えるステージ》が違う。

これを聞いて「なるほど」と察して頂ける方も少なくないと思います。

冒頭で書いた100m走の話を思い出したのもこの話を聞いたからです。

プロ野球選手というのは確かに狭き門だし、簡単になれるものではありません。

でも、「プロ野球選手になる」ことをゴールとして設定するよりも、「プロ野球選手になった後どうなりたいか」というところを見据えることで、ある意味、夢が通過点になるじゃん!って話です。

②「アイドル」と結婚する方法。

飲みながらだったので、バカみたいな話の中で「アイドルと結婚する方法って何かあるんですかね?」と言った話になりました。

そうすると真面目な顔で、
「そりゃ、ジャニーズにでも入りゃいいでしょ」と言われました。

続けて、

ジャニーズに入ればアイドルと付き合える可能性が0から1くらいにはなるでしょ。
それに、ジャニーズ入るっていう門を叩いたりドアを開けたりすることや、その為に動くことが大事なんじゃない?

なんてことはない話から、すごく得るものがあったように感じました。

どうしても、できない理由諦める言い訳を考えてしまいがちですが、
夢や目標を達成するための半歩でも一歩でも、踏み出すことが大事なんだと感じました。

とりとめもない内容かもしれませんが、私も夢の途中。
こんな話ですが、何かのキッカケになれば幸いです。

12345...1020...