blog ブログ

 

ネクタイ縫製の職人チーム「株式会社笏本縫製」
本格派のネクタイを作りたい方はご相談ください。

「ネクタイって形はシンプルだし、作るのはそんなに難しくないんでしょ」

以前、そんなことを言われたことがあります。

確かに、スーツやコートのような、見るからに複雑そうに見えるモノと比べれば、簡単に感じられてしまっても仕方ないのかもしれません。
実際に、ジーンズの職人さんや、シャツの職人さんに見学をしていただいたこともありますが、
口を揃えて「私たちには無理だ」とおっしゃられました。

出来ないというと、誤解を生んでしまいそうですが、逆に私もジーンズやシャツを仕立てるノウハウは持っていません。

得意分野が違うといった考え方になるのですが、ネクタイ縫製というのはその中でも少し特殊な技術になります。

では、ネクタイ作りの難しい所と、どうこだわっているかをお伝えさせて頂きます。

・生地

ネクタイの生地といえばシルク(絹)です。
シルクは柔らかく、しなやかなで、繊細な繊維なので、細部にわたるり心使いが必要です。
その生地は、山梨の厳選した織物工場と連携し提供いただいています。
長年にわたり、ネクタイに携わってきた縫製のプロと織物プロがディスカッションを繰り返し、生み出す生地は高密度で美しい艶感を感じさせます。
多彩なデザインやカラーを組み合わせ、より魅力的な商品を提供する為に、妥協をしない仕事から高い評価を得ています。

 

・裁断

ネクタイを作る上で重要なのが「歪みのない伸縮性」です。
設計図を描く際も、生地にハサミを入れる際も、45°の角度にこだわって裁断をしていきます。
いわゆる「バイアス裁断」と言われるものですが、簡単に言えば「バイアス裁断」=「伸びる」と思っていただければ間違いありません。これは、裁断するのも針を入れて仕立てるのも、他の商材とは異なる難しい技術と集中力を必要とします。特に裁断は一度ハサミを入れるとやり直しがきかない、一発勝負なので、いつでも緊張と隣り合わせです。

 

 ・縫製

設計通りに正確に裁断した生地を、一つ一つ縫い合わせていきます。
裁断のところでも書きましたが、常に伸縮する方向に裁断をした生地を扱うわけですから、少しでもずれると柄の出方や商品の使用感や質感にまで影響が出てしまいます。さらに、素材もシルクが多く、細い繊維を扱っているため、少しの気の緩みや手の使い方でキズを作ってしまいます。
細かな所にまで注意を払って、一つ一つにパーツを組み合わせていきます。
また、平面に縫い付けるようなイメージを持たれがちですが、実はネクタイの先端部分(大剣、小剣)は、美しさを出すために立体的な内部構造をしているため、自動化が非常に難しいのです。私たちは、職人の手の感覚に頼って、ひとつづつ仕立てています。

・プレス

ネクタイを形にしていく中で、このプレスは、いわゆる「お化粧」のようなものです。
より美しいネクタイを作るにはメリハリのある化粧をする必要があります。
具体的には、形を決めるべき剣先部分はプレスをしっかりかけて角を出します。
そして、ふんわりとした風合いを出すべきエッジ部分には絶妙なバランスでの力加減が必要になります。
これも、自動機にたよってしまうと技術は必要な今でも、そうしてもペッタンコの仕上がりになってしまいますから、
人の目や手の感覚でやわらかい仕上げをしています。

 

・手縫い

いろんな方に見ていただいて驚かれるのですが、
ブランドネームや閂などの細かい作業も手作業で行っています。

というのも、ネクタイは芯を包み込むように作るので、形状としては『袋』のようになっています。
ミシンなどの機会を使った場合、表に貫通してしまうので、表に影響を出さないように一つ一つ掬い上げるように手で仕立てていきます。

角度から組み合わせ、プレスや手縫いの細かさ。
いろんなことにこだわって、良いネクタイは完成していきます。

たくさんのことはできないかもしれませんが、一つのことは絶対に妥協せず、プロフェッショナルとしてネクタイ縫製に携わっていきたいと思っています。ネクタイを作るだけなら、私たちでなくても良いのかもしれません。
しかし、私たちを選んでくださる方々は、高い目標を持ち、より良いモノをお客様に提供したいと思っている人ばかりです。

そんな想いに応えるオンリーワンのファクトリーとして私たちはあり続けたい。

「こんななネクタイ作れないか?」
「一緒に商品開発をしたい」
「提案してほしい」

といった要望も承りますので、お気軽にお問い合わせください。

会社所在地:岡山県津山市桑下1333-6
TEL:0868-57-3577
お問い合わせ専用メールアドレス:info@shakumoto.co.jp

LINEからのお問い合わせもできます。

:公式webサイト(ブランドサイト)
http://shakumoto.co.jp/

:オンラインショップ(オンラインカタログ)
https://shop.shakunone.com/

ブランドマネージャー シャクモトタツヒロのSNS関連
Instagram     Twitter

Facebook     note

 

 

ワイヤー不使用でもへこまない超立体設計のスポーツマスクSUEL(スエル)

2020年11月14日にオリジナルスポーツマスク『SUEL(スエル)』を販売開始します。

 

『SUEL』は一見すると一般的なマスクと同じような見た目ですが、呼吸時に布が吸い付きにくい独自の立体設計をしています。吸い付きを軽減させたり、フィット感を高めるためにワイヤーを入れたりするものも多いですが、『SUEL』はワイヤーを使わず、独自の立体設計と縫製方法だけで空間保持力を高めた製品です。

部活やジム通いをしたいけど、普通のマスクでは苦しくて「集中できない」「パフォーマンスが発揮できない」という方々にお届けします。

口元がヘコみにくいスポーツマスク『SUEL(スエル)』

詳しくはリンクをタップ。

 

  

「スポーツ用のマスクを作ってほしい」というお客様の声に応える形で、開発までに3ヶ月をかけ、完成したスポーツ用マスクです。

へこむことが多い世の中で、少しでも上を向いて過ごせる日常が過ごせますように。

 

 

プロのネクタイ縫製技術から生み出した 
[服を着る感覚で優しくフィットする布マスク]

 
【こだわり】
■ネクタイの縫製で培った技術を使って作っています。
ネクタイは一見平面のように見えて、立体的な縫製技術が必要になります。そのノウハウをマスクに転用し、立体的で空間的なマスクを作りました。
 
■表裏、上下左右関係なく使っていただけるリバーシブル仕様になってます。
片面が汚れたり、気になる傷ができたとしても、洗って内側にすればまた使えます。
 
■ 繰り返し使っていただきますと、ゴムの接合部が出てくることがありますが、不良ではなく、あえて固定していません。ゴムが伸びたり切れたりしてもご自身で交換して1日でも、1回でも長く使って頂けるように設計しています。
 

新型コロナウイルスの感染拡大により、医療の最前線で懸命に働いておられる方々や、感染後の症状悪化が懸念される高齢者がおられる施設などの十分なマスクが行き届かない状況を【何とかしたい】という想いで、「今」自分たちにできることは、なるべくマスクを買わなくても良いように『自分たちのマスクは自分たちで作る』ということをはじめました。

当時のブログ   本格生産にを決意についてのブログ

 

以前よりは、マスクが手に入れやすくなり、種類もたくさん出回るようになってきました。
それでも、マスクを身に着けることが「あたり前」になったからこそ、私たちを信じて、私たちを選んでくださるお客様の声に支えられてシンプルかつ快適に身に着けて頂けるマスクを【継続的に生産】していくことを決めました。

※ご購入希望の方は下記のリンクからご注文、在庫状況の確認等を行ってください。

 
 
【マスク製造についての私たちの想い】
元々は、新型コロナウイルスの感染拡大を起因とするマスク不足で、医療現場、地域の方々に必要なマスクが行き渡らないことを少しでも解消できればという想いで生産を始めました。
社会貢献という意味で無料でお配りしたり、寄付ができれば良いのですが、私たち小さい会社です。大きなことはできませんでした。
 
便乗した商売だと思われる方もおられた方もいらっしゃるかもしれませんが、地域の小さな縫製工場の最大限の取り組みから始まったことだということをご理解頂ければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

株式会社笏本縫製(所在地:岡山県津山市)は、剣道用の面マスク「KEN-to-01(ケントゼロイチ)」の販売を開始しました。

多くの剣道家の方々からのお問い合わせやご注文を頂きまして、1カ月で2,000枚の販売数を突破し、継続生産を決定いたしました。

本製品は通常の立体マスク構造を改良し、テントを張るように下方にスペースを作る構造は世界初(※当社調べ)となりますが、本製品に関しては、実用新案や意匠登録、特許等は申請していません。このアイディアをオープンソースとすることで、「剣道がしたい」という想いに寄り添いたいと考えています。

 

詳しくはコチラから↓↓↓

【剣道用の面マスク】KEN-to-01(ケントゼロイチ)

YouTubeでも着用方法、通常のマスクとの比較レビューをして頂いております。

参考にしてみてください。

 

※おおよそ2分で読める内容にしています。

こんにちは。
縫製工場の三代目、シャクモトタツヒロです。

0251 - コピー

私は10年前、

「家業を未来に残す仕事にしたい」

という想いでアトツギの決意をしました。

「お客様に近いところで仕事すること」
そんな当たり前のことすら出来ていなかった僕たちですが、ブランドへの挑戦を通して多くの方に支えて頂き、今まで遠かったお客様との距離を無くすことができたし、自分たちも成長することができました。

そして2020年2月。

僕たちのネクタイブランドSHAKUNONE(シャクノネ)は、
THE SUIT COMPANYとのコラボレーション企画により、夢の1つだった【全国展開】を実現させます。

画像1

・シンプルかつ深みのある「Design & Color」
・裏地の桜柄がさりげなくアクセントを出す新製法の「スエヒロ」
・西陣シルクが織り成す「光沢と品格」

、手に取って頂きたい商品に仕上げました。

画像2

※商品は一例です

実は、私たちがこうして全国の皆様に商品をお届けできる機会は滅多とあるものではありません。

だからこそこの機会に、
1人でも多くの方にSHAKUNONE'(シャクノネ)を知って頂き、
手に取って欲しい。

お近くにTHE SUIT COMPANYの店舗がございます方は是非とも足を運んでご覧頂き、触れてみてください。※店舗検索

そして、もう一つお願いがあります

このことを一人でも多くの方に知っていただき見て触れて頂く機会を作るために、この投稿を【共有】【シェア】してくださいませんでしょうか?

新しい可能性の芽に期待してくださったTHE SUIT COMPANYさん。
ずっとファンでいてくださったお客様をはじめ、今まで支えてくださった多くの方々の期待に応えるためにも、

目標は【完売】です!

今一度、お力をお貸しください。心より、お願い致します。

Instagramのフォローを是非お願いいたします。
また、当コーポレートサイトとは別にコンテンツサイトを立ち上げました。
もしよろしければ覗いてみてください。→コチラ