blog ブログ

/* ループ開始 */
2018年12月31日
 

2018年も残すことあとわずか。


本年も多くの方に出会い、支えられて過ごした1年だったと実感しています。


昨年までは創造も出来ないような挑戦ができたのも、自分ひとりの力ではないと思っております。

 

来たる2019年も皆様との関係性を大事にしながら、成長していけますよう努めてまいります。


来年も引き続きご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。


よいお年をお迎えくださいませ。

/* ループ開始 */
2018年12月28日
 

何かが生まれる環境っていうのはどこにでも可能性はあって、都市部だろうが地方だろうがそれは関係ない。

 

ただ自分が育った環境を振り返ってみて見たら、「地域」との関係性っていうのはすごく大きいものだと感じています。

でも意識は、地域からは生み出せないし、働くところも無いから都市部に行こう・・・

 

みたいな感覚で「人」の流出が起きている現状があるんだと思うんです。

 

田舎よりは都会の方が洗練されている環境もわかるし、好奇心だったり、憧れがあるのもわかる。
僕も高校卒業時とかはそれを感じてた。

 

今いる若者を流出させたくない!って考えじゃなくて、帰ってこられる、帰ってきたくなる、または、住みたくなるような地域づくりが大切なんだと思うんです。

 

リスクがあるから挑戦しないって選択をする人も多いと思うけど、
何もしないこと、現状維持を続けていくことは成長に繋がらない。それは衰退していくことと同義だと思う。

 

どんなに小さくてもいいから、地域がやるべき事は、今いる大人が何かアクションを起こすこと。

そのアクションを見て育つ子供たち学びに繋れば、将来、違った形でも何かやろうって気持ちの芽になるんじゃないかと思う。

 

 

私自身も挑戦しています。

小さな町工場からネクタイブランドを全国に向けて発信するなんて出来っこない、とバカにされたことだってあります。

悔しかったし、ただただ否定されているように感じてしまっていた時期もありますが、たくさんの方に支えられて成長しています。

 

今はまだ自分達のことで精一杯で何か地域に還元できるようなことは出来ていないかもしれないけど、

続けていくことで、新しい何かを生み出すことができると信じています。

 

挑戦をしながらチャレンジしやすい地域づくりがこの先の未来を作っていくと感じた平成最後の12月。

 

皆様、良い年末をお過ごしください。

 

 

/* ループ開始 */
2018年12月27日
 

冬場もノーネクタイで過ごすという人も増えてきているようで、業界動向としては厳しい状況がまだまだ加速していくのかもしれません。

スーツ着てネクタイを締めるとビシッっと身が引き締まって気合が入るという人もいるでしょうし、
カジュアルなスタイルで楽に居たいという人もいらっしゃるなど人それぞれでしょう。

夏場はクールビズ推奨で、冬場は自由。そんな風潮になってるように感じるのですが、

それはただの『自由』であって、結局、ビジネス正装が必要な場合はネクタイをしめてカッコ良く、
それ以外の時は仕事の効率が上がるようなものを自分で選んで着るというのように、

TPOによって身に着けることを自分で選択すればよいのではないかと感じています。

ただ、ネクタイしない着こなしをしっかりできるのは比較的上級者。
あまり”〇〇であるべき”という表現をするのは良くないかもしれませんが、あえて言うなら、
ネクタイすべきスタイルからネクタイを取っただけ、が多いような気はしています。

もし機能性や生産性を重視するのであれば、服装全体がそういう方向でまとめないと印象を悪くする可能性もありますし、日本の気候にあった格好で、相手に失礼のない服装ができるのか、その辺りも議論になって当然かと感じています。

結局、ただそこからネクタイを”取っただけ”になってしまうと、

・東京地検特捜部に連れて行かれるヒト
・結構だらしないだけ
・居酒屋のサラリーマン

といったような、ちょっとオモシロ表現かもですが、そういった印象に見えてしまうという声もあります。

 

 

”するべき論”と”不必要論”

 

ネクタイをしている姿もカッコイイですが、していない人の中にカッコよく着こなしている人はいますし、見とれてしまうことさえあるくらいです。
私自身は圧倒的着こなしセンスがあるわけではないので、ネクタイをしてまとめます。
ですし、職業柄していたいという気持ちもあります。

スーツを着こなして、ネクタイをビシッと身に着けている姿は、どんなカジュアルよりもカッコイイ。
私はそう思っています。

スーツスタイルを一式身に着けることは一種の”型”にはめることと同義です。
型破りをしていけるのは一部の人で、大半は『取っただけスタイル』です。

 

確かにネクタイしてもしなくても人は変わりません。

当たり前にしていたからして、みんなしなくなったからしないというのは、流されすぎなようにも感じてしまっている自分も居ます。

結局、ファッションは自由であるべきで、その中でTPOに合わせた一定の”型”が存在しています。

自由だからと言って、葬式にTシャツ着ていくのが不自然なように、継続していくべきものは存在しています。今まで当たり前だったものが当たり前じゃなくなってきている中で、

『不要論』を唱えるよりも、『自由論』を語った方がはるかに意味があるように思います。

そこで言いたいコトとしては、ネクタイをしない事が当たり前になっている現状を考えた時、

あえて着用していることは価値になるんじゃないでしょうか?

結ぶことに価値を感じてくださる方、私たちが提供するネクタイを愛してくださる方が居る限り、ネクタイ職人として貫いていく想いを大切にしていきたいと思っています。

 

/* ループ開始 */
2018年12月26日
 

18歳の頃、高校を卒業して社会人になって初めてネクタイを結んだ。

中高と学ランを着ていたことから、今まで着用に機会がなくて、初めて結んだ時は

大人になったような、背伸びをしたような、

そんな感覚になったことを覚えています。

時が経ち、昔とは変わってきたネクタイの価値観。

それは時代によって変わってくるものであると言ってしまえばそれまでかもしれませんが、

本質的価値や原点は『初めてネクタイを結んだ時』に感じた気持ちが原点になるんじゃないでしょうか。

初めてランドセルを背負った小学一年生。
初めて学ランを着た中学生一年生。
初めてスーツに袖を通してネクタイを身に着けた社会人一年生。

初めて携帯を持ったこと。
初恋も、ファーストキスもそうだし、
初めての色々。

その時の気持ち。

毎日のあたり前になってしまうと鈍感になっていくモノだけれど、
本質は変わらないからこそ、それを思い出させられるような原点としての魅力としてありたい。

炊き立ての白米の美味しさを伝えるのに『ふりかけ』や『カレー』をかけないように、
シンプルに良いものだと感じて頂けるモノでありたい。

その為には努力も惜しまないし、妥協もしたくない。

スーツのおまけ、って言われることも時々あるけれど、
そこに彩りを加えられて、体の中心に堂々と存在する唯一無二のモノがネクタイです。

身に着けないという選択もあると思いますが、それもアリです。

ネクタイはジュエリーと近い存在。

より自分を輝かせるためのものなんです。

初めてネクタイを結んだ時に感じた原点や

お客様の声を大事にしながら新しい関係性を構築しながら

『静かな迫力』でお客様を魅力的に輝かせる

そんなネクタイをお届けしたいと願っています。

職人として今までは、

身に着けてくださる『誰か』のために下請けとしてモノづくりを支えてきました。

ですが今、

ネクタイブランドSHAKUNONE’を身に着けて下さる

『あなた』の為に

モノづくりをしていきたいと思っています。

 

 

/* ループ開始 */
2018年12月24日
 

ミシンの音を子守歌にして育ってきた日本一若いネクタイ職人をしております笏本達宏と申します。

私が挑戦しているコトは
・地方から日本一のネクタイブランドを作ることです。

今モノづくりを取りまく環境は危機的状況です。

私が小さいころから見て育ってきた職人の姿は、表に出ることはなくても、

素材にカタチにして命を吹き込むことができる

「カッコよくて誇らしい仕事でした」

でも、現実には

ドラマの下町ロケットや陸王でも描けないような理不尽な扱いを受けている

下請けの職人はたくさん存在しています。

その原因は今までの商習慣にありました。

一般的にモノが消費者に届くまでには、たくさんの壁を通過していきます。

職人がお客様と直接繋がることはなく、実質一番遠い所に居ることがわかります。

お客様との関係性が遠く薄くなっていくにつれてビジネスをしていく上で弱い立場でになっていたんです。

・お客様が見えない。
・利益が生み出せない。

・持続可能なモノづくりができない

自分達でこうした問題を解決して成長していく為には、

今まであった壁を無くしてお客様と関係を築いていく必要がありました。

そこで顧客と作り手を繋ぐ架け橋を作りました。

それがネクタイブランドSHAKUNONEです。

ブランドコンセプトは

「静かな迫力」

今までのような一方通行のモノづくりじゃなくて、

派手さではなく、少しのこだわりを求める

お客様の声をカタチにしながら魅力を提供しています。

最初のころは〔田舎からできるわけがない〕と馬鹿にもされたこともありました。

でも、たくさんの方に支えて頂いた結果として

2017年18年にFAAVO(現FAAVO by campfire)を活用して挑戦したクラウドファンディングや、

それをキッカケにしてお声掛けいただいた有名百貨店での販売のチャンスでも

自分たちでも驚くような実績を上げることが出来たんです。

 クラウドファンディング第一弾⇒https://faavo.jp/okayama/project/2225
クラウドファンディング第二弾⇒https://faavo.jp/okayama/project/2547
※2018年大手百貨店での出展
(各店舗で期間中ブランド別売り上げ1位)

支持してくださりファンになってくださったお客様からは
今まで聞くことのできなかった反響の声も聞こえるようになってきて、
地方からでもできる!と自信が持ててきました。

とは言っても、まだまだ小さなブランドです。

これからオンラインショップや販路開拓など、たくさんの挑戦をしていかなければいけません。

一つ一つを積み重ねて、小さな工場からでも

できるんだということを証明することが、

 

『お客様』には魅力的な商品と価値を。

『職人』には成長と評価を。

『地域』には誇りと雇用を。

そんな今までに無かったような素敵な関係性を作っていくと考えています。

どんな有名なブランドにも、それを生み出す『人と環境』がありました。

SHAKUNONEも支えてくださっている方々や

育ててきた環境が土台になってできているブランドです。

『人口も違うと思うし、ネクタイで挑戦するなら田舎より都市部に出た方がいいんじゃない?』

と言われたこともありますし、市場調査や営業の効率、どれをとってももしかしたらそうなのかもしれません。

でも、このブランドは私が生まれたこの地やこの環境、
支えてくださる方々が居なかったらできなかったモノですし、ここは自分の原点です。

だから腰を据えている場所はこの地でありたい。
そう思っています。

日本を代表する車のブランドはどこですか?と問うと、
みなさん何かしらのブランドが頭に浮かぶと思います。

では日本を代表するネクタイブランドは?と問うと、
意外と出てこないものです。

だったらそれを目指したい。

2番でいいということはありません。
たくさんの方が支えてくれているからこそ

ネクタイと言えばSHAKUNONEと言って頂けるような、

日本一信頼されるブランドを作ります。

5年後10年後の未来を作るために、

価値や魅力を感じて頂いた方は

是非一度SHAKUNONE’に触れていただき、夢の共演者になっていただければ幸いです。

 

ご清聴ありがとうございました。

/* ループ開始 */
 

“SHAKUNONE'”のLINE@はじめました。

・こんなスーツとシャツにはどんなネクタイが合うだろうか?

・プレゼントにネクタイを選びたいけど、どんなのを選んだらいいか相談したい。

・自分に合うオーダーがしたい。

・お気に入りのネクタイが傷ついてしまったが復旧できないか?

・普段の保存やケアはどうしたらいいの?

・オンラインショップには無いけど「〇〇なネクタイ」はある?

 

など、細やかな対応が可能になります。

下記の方法から検索していただきお友達登録をしていただいた後、初期に届くメッセージに対して、
ご相談の件、もしくは「あ」でも「い」でも、何か返信いただければ、個別の1:1トークが可能になります。

 

確かに既にお問い合わせフォームもありますが、聞きたいことがあってもメールを開いてやり取りするという作業は「ちょっとめんどくさい」のではないかと思っていました。、
LINEなら普段よく使っているアプリではありますし、画像のやり取りなんかも簡単にできて「めんどくさい」のハードルを少し下げて使っていただきやすいのではないかと思います。

 

※検索は写真のQRコードか「@jrt9608b」とID検索して頂けると出てきます。

今までの流通経路であれば、たくさんの工程を経てしまう為、細やかな対応はできない状態でした。

聞きたいことも聞きにくいし、お届けする「人」と使って頂く「人」の距離が遠かったんです。

 

もう少しだけ「お客様」と「つくり手」の距離を近く

欲しい情報を「あなたの手元へ」

 

お気軽にお友達登録していただき、メッセージいただければ返信させていただきます。

 

SNS発信もしております。是非フォローしてください☆

Instagram:https://www.instagram.com/shakunone/

 

クリスマスも近づいていてプレゼントにネクタイを選ばれる方が増えています。
変わったモノではなく特別なモノを。

SHAKUNONE’オンラインショップはこちら
https://shakunone.thebase.in/

 

 

/* ループ開始 */
2018年12月7日
 

私は漫画が大好きです。

妻も漫画好きです。

 

文庫本はあまり読まず、どちらかというと「絵」がある方が好きなんです。
(情景が絵で表現されているのでわかりやすい)

 

最近はレンタルや電子書籍なども多いようですが、紙媒体として発行されるものを読む方が好きですね。

理由は、本棚に並べている時の「今日は何を読もうかな?」というワクワク感と、揃えているなという充実感。

これは、何にも代えがたい自己満足です。

 

また、「めくる」という作業も嫌いではありません。

確かに、電子書籍の「スワイプ」を使えば便利極まりないと思いますし、場所も取らないからスペースの効率化にもなるでしょう。

ですが、面倒な作業でも、1ページ1ページ「めくる」作業が『本』の醍醐味だと言えるのではないでしょうか。

 

さて、私は小さな町工場の3代目として生きています。

期待もいただいているのかもしれませんが、押し潰されそうな不安の中で生活をしています。
まだまだ誰かに何かを与えられるような経営は出来ていませんが・・・

 

こうありたい!こういうチームとして会社を作っていきたい!ということを感じさせてくれた漫画を3つご紹介させていただきたいと思います。

※かなり個人的な感想が入るのでご容赦ください。
※ネタバレにはならないように注意します。
※昭和62年生まれの31歳現在で書いているブログなので最新作ではないこともありますのでご容赦ください。

 

・その1

『弱虫ペダル』

週刊少年チャンピオンで連載中のロードバイクを使用した自転車競技を題材にした高校部活物語です。

熱血感もあるのですが、個性あふれるチームメイトや嫌いになりきれないライバルチームの人間模様や、各選手の成長や抱えているストーリー性が心を打ちます。

その中でも主人公「小野田坂道」は自分にもまた社員にも通じるモノがあるのではないかと思っています。

・ポイント 【得意分野を活かして活躍する】
社長もスタッフも得意なこともあれば苦手なこともあります。スタッフより社長の方がすべてにおいて優れているということはまずもってないですし、あったとしても稀なケースでしょう。
個々がレース中に役割をもって、得意分野を活かしてチームを前に前進させる。
その中で仲間を信じて、託して、預けて、全力で1番を取りに行く姿には心を打たれます。

社長は決定権や資金面に関して力を持っていて、トップです。

そんなことは無いと言ってみても、どこかにワンマン気質を持っていることは当然のことなのだと思っています。
弱虫ペダルは持てる力を最大限に活かして、1つの共通する目標に対して突っ走る様子が描かれた、素晴らしい作品だと感じます。涙無くして読めない作品ですよ。

 

・その2

『家庭教師ヒットマンREBORN!』

2012年に既に完結している作品ですが、週刊少年ジャンプで掲載されていたバトル系漫画です。
最初の数巻はギャグっぽいテイストですから、う~ん・・・ という感じは否めませんが、挫けずに読み進めていけば、7巻くらいからバトル系に一気に変わってきます。

・ポイント

オールフォアワン・ワンフォアオールがすごくわかる。
少年系漫画は結構このテイストで書かれることは多いかと思いますが、これは組織間闘争を含めた主人公と仲間たちの成長や支えてくれる人たちの想いが伝わる名作だと思います。

主人公はダメダメ中学生の少年。マフィアの血筋ということから、意に反して10代目のボスとしてまつり上げられつつ、ユニークな仲間と、ユニークな敵キャラとの戦いを繰り広げます。

ダメダメな感じな主人公ですが、10代目のボスとして信じて仲間支え続ける⇒最後はボスがフィニッシュブロー!!

結構あるあるな流れで、わかりきった結末なんですが心打たれてしまうのは私だけでしょうか。

一人を信じてそれに応える、みんなの為に敵いもしないような相手にぶつかっていっていきつつ、成長をしていく。

この様は会社組織に置き換えた時に通じるものがあるのではないかと思うのです。

 

 

・その3

『ワンピース』

週刊少年ジャンプで連載中の誰でも知っている国民的漫画ではないでしょうか。

めちゃくちゃ簡単に説明したら、

海賊王を夢見る主人公とその仲間たちが冒険をしていく夢と冒険の物語です。

一味の人数だけ見れば10人そこそこで、登場する海賊団の中では極小の海賊団です。

大海賊団とかになると人数すらわかりません。

そんな小さな海賊団が大海原に出て戦いながら成長し夢を叶えるのがワンピースです。

・ポイント

麦わら海賊団は、小さいながらにも個々に戦う力と能力があり、それぞれに意思を持って戦っいます。

そして、強敵がひしめく海に出て堂々と戦っています。

その生きざまに共感共鳴する周りが自然と仲間になり後押しをして、敵うわけもないような敵に立ち向かっていきます。

たかが10人ほどの小さな海賊団が躍進していく。

まさに、中小零細企業が世の中という大海原に出て荒波の中戦う姿に似ていませんか?

 

主人公を含めた仲間たちすべてに戦う理由があって、夢や目標を持ち、生き様や行動に共鳴する第三者だったはずの仲間を巻き込んでいく。

そしてその仲間たちを絶対に裏切らない。

大海原に出てみると、右も左もわからない、どっちに進んでいいかわからない。

だから、素直に頼って手助けしてもらわなければ前には進んでいけません。

そして戦い成長し新たな物語に突入していく。

 

会社も同じなんじゃないでしょうか。

たしかに私たちはビヨーンと伸びたり体から火が出たりはしませんが、それぞれに得意分野があって、想いがあって・・・
そんな仲間が集まっているのが会社です。

大きな障害や、敵いもしない相手もいるかもしれませんが、仲間を信じて堂々と戦い、成長していく様はまるで中小零細企業そのものだと私は感じています。

 

現実世界には目を背けたくなるようなことも、立ち向かいたくないような人も、どうにもできないような問題もたくさんあります。

現実逃避をしてほしいとか、逃げたいとかではなく、心動かされるような事が描かれているものとして、ビジョンが見えるビジネス書として、読んでみるのもいいですよ。

 

 

小さな町工場の職人の書いた内容ですし、たくさんの方に共感していただけるかはわかりませんが、わかると言ってくださる方もきっといるんじゃないかと思います。

 

オススメ漫画とか、読むべき物なんかあれば是非教えてください。

 

ネクタイを作りながら、読ませていただきます(笑

 

よろしければこんな漫画好きな私の作ったネクタイをご覧いただければ幸いです。

※漫画に影響された人間ですが、漫画っぽいようなネクタイではなくて、何処に出しても恥ずかしくないネクタイをお仕立てさせていただいています。

SHAKUNONEオンラインショップはこちら⇒https://shakunone.thebase.in/

よろしければインスタフォロー等もお願い致します☆

Instagram⇒https://www.instagram.com/shakunone/

 

 

 

 

/* ループ開始 */
 

クリスマスも近づいてきました。

ネクタイをプレゼントに選ぶ方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんなときに気になるのが『どんなネクタイが喜んでもらえるのだろうか?』ということです。
数千人のお客様と関わってきた私がオススメするネクタイの選び方を紹介します。
ポイント① 『使いやすいネクタイ』
ネクタイを着用する機会はやはり仕事の商品シーンが非常に多いかと思います。
職業柄や本人の好みもあるかと思いますが、ネクタイは人の目を引き印象さえ決めてしまうものですから、派手なものではない方が使って頂きやすいです。
多少柄が派手でも、色使いの少ないモノを選ぶとグッとオシャレさが増し、喜んでいただけるのではないかと思います。
ポイント② 『ブランド』
ブランドと言っても国内はもちろん、海外も含めればたくさんあります。
その中で何を選んでいいのかわからなくなることもあるでしょう。
そういうときは、まずブランドを無視してください。
①でお話ししたことに重点を置いて選べば、自然と良いモノに出会えます。
その上で、「THE ブランド」というものよりは、誰かに語りたくなるような「知る人ぞ知る」というブランドの方が男性は好きです。
そういった意味でネクタイを選んでみてください。
ポイント③ 『価格と素材』
正直ネクタイの価格はピンキリです。
そんな中でも、¥10000以上のものであれば、商品デザインの安定感、クオリティ、使用感共に間違いはないかと思います。
素材は色々ありますが、より魅力を底上げできるのは「シルク100%」でしょう。
ポリエステルの生地でも光沢感があるものもありますが、シルクの光沢とポリエステルの光沢だと印象が少し変わります。
※個人的な感想になるかもしれませんが、ポリは光沢こそあれテカテカした感じがして少々安っぽく感じてしまいます。
おまけポイント
①~③のポイントを押さえれば失敗することは無いかと思います。
正統派の選び方と言ってもいいでしょう。
それでも、もう一つ押さえておきたいポイントをご紹介します。
・どんな風に見てほしいか?
例えば、おしゃべりで落ち着きのない方には落ち着いた色柄のネクタイを。逆に無口で暗めの印象の方には明るめを。というように、逆の印象を付けるようなネクタイを選ばれるのも一つの手です。
色合いの少ないスーツスタイルにおいて、ネクタイの与える印象値は非常に大きなものがあります。
第三者にどう見てほしいか、どういった印象を持ってほしいか、また持っていない印象を補うという意味でも幅広く選んでみていただけると、ギフト選びも楽しくなるかと思います。
SHAKUNONEには、派手で個性的なネクタイは決して多くはありません。
ですが、少し見え隠れするようなこだわりのディティールで男性を魅力的に演出するネクタイをお仕立てしています。
上記のポイントを踏まえながら商品づくりをしています。
もしSHAKUNONEのラインナップの中にビビっと関実モノがあれば是非お選びください。
ギフト用とお知らせいただければGIFTBOXにお入れして送らせていただきます。
SHAKUNONEオンラインSHOPはこちら
↓↓↓
12345...10...