blog ブログ

/* ループ開始 */
 

ネクタイブランドと言っても数多くのブランドがあり、商品数も豊富にあります。

無難なものから個性的なものまでバリエーションも様々です。

 

たくさんある中の一つのブランドに弊社のブランドSHAKUNONEはあります。
商品展開は大手のブランドのように多くはないですが、丁寧な仕立てと雑味の無いデザインは高い評価を頂き、ブランド立ち上げから数年で都市部の有名店からの出展依頼なども来るなど、伸びているブランドになることが出来ました。

私たちは素材をカタチにする職人です。
レストランで言うところの‘シェフ‘です。

ただトレンドだけを追いかけるブランドではない、変わらず、そのままの魅力を引き立てるブランドでありたいと思っています。

料理を作るシェフと同じように《素材》《仕立て》のこだわりを考えて、そこに《エッセンス》を加えてネクタイを仕上げていきます。

 

ここでいう《エッセンス》というのは【お客様のリアルな思考、声】です。

 

どんなネクタイメーカーさんも基本は店頭に立つことはありません。

商品を送り出していく際に、使用してくださるユーザーの皆様の試行を置き去りにしたネクタイを作り続けることに意味は無いと思い、職人自らが店頭に立ちお客様の声をお聞きしています。

お仕立てした商品を店頭に並べて、店舗販売員さんに販売を任せっきりにしてしまうとどうしても間接的になってしまう為リアルな声は聞こえてこないのです。

 

非効率なことかもしれません。

ですが、皆様の声の一つ一つがブランドを創っていきます。

たくさんの人が関われば関わるほどフィルターがかかっていきます。
それを少しでも無くして自分自身で感じていきたい。

非効率が生む価値を商品に直接的に反映させていくことができることが、
SHAKUNONEの最大の特徴です。

 

昔とは違い着用の義務から解放されて自由になったネクタイは、
「仕事だから」という理由ではなく「自身の魅力を引き立てるオシャレ」として意思を持って身に着けるアクセサリーとなりました。

自身のこだわりを持って「ネクタイを締める」ということは、新しい価値を生み「差別化」をすることができます。

 

今まで繊維製品であるネクタイはアパレルのカテゴリーとして考えられてきました。
それが間違っていたというわけではありません。

スーツにシャツにネクタイに・・・

トータルリリースをしているブランドは一つのコンセプトに基づいてテイストを合わせた商品を提供していくことが普通です。
ですが、頭の先から足の先まで統一ブランドで染めている人は意外と少なくて、
ファッション誌などを見ても、

スーツは〇〇、
シャツは〇〇、
靴は〇〇、
ネクタイは〇〇、といったように、ブランド統一ではなく、テイスト合わせたスタイリングになっています。

 

とりわけ、ビジネスにおける服装は相手へ敬意を表し、信頼感を与える為のものという面があるため、圧倒的個性というのは表現しないものが多いです。

セットアップのスーツは上下のブランドは揃っていますが、
ネクタイやシャツまで同ブランドというケースはまれなように思います。

そういった意味で、比較的当たり前のようにネクタイは単独としてブランド価値を保っていると言っても良いのかもしれません。

時代は移り変わって、着用の義務から解放されたネクタイは、新しい価値を生み出そうとしています。

アパレルのカテゴリーから抜け出し、感覚としてはジュエリーに近い感じかもしれません。

身に着ける方は身に着けますし、不必要な方は使用しません。

自信を魅力的に演出するためのアイテムとして位置づけられるのであれば、そういった一面があることを知っていても良いのではないでしょうか。

 

もしかすると、ネクタイは紳士服洋品店ではなく、ジュエリーショップで販売するような日が来るかもしれません。
というより、それに挑戦していくことも悪くないと自分自身が思っています。

 

たくさんのブランドがある中で、私たちは圧倒的個性ではなく、生のエッセンスを加えこだわりと深みを生み出しながら、どんなテイストにも染まることのできる普遍的なネクタイブランドとして成長していきたいと思っています。

 

/* ループ開始 */
 
創業からは半世紀、ブランド立ち上げから4年目に突入したネクタイブランドSHAKUNONE(しゃくのね)ですが、海外での展開の話が来るようになりました。
一番最近来たのはNYでの展示のお話し。
熱烈なアプローチを頂きました。
 
最初の連絡を頂いたときには【ハテナ】が頭を飛び交いました。
海外なんて遠い遠い話だと思っていましたが、
実際に海外を拠点に活動される方の目に留まるということは、楽観的に考えれば可能性はゼロではないということなのかもしれません。
 
展開に関しての問題点や課題を洗い出して、条件や方法なども吟味して結論を出していかなければならないとは思っています。
どちらにしても可能性がゼロではないのであれば、挑戦していくことに意味はあると思っていますが、「今日からね、明日からね」といった風になるものでもありません。
今から少しづつ知識を蓄えながら、チャンスに力を発揮できる状態を作っていくことが大切なように感じています。
あいにく私の中に海外でのノウハウなどはほとんどありません。
準備ができているとは一切言えない状態なのが正直なところです。
決まってから準備では後手に回ってしまいます。
まずは知ることから。来週末に専門家の方に相談させていただいく予定です。
/* ループ開始 */
2018年9月4日
 

産地=作っている場所
と捉えるのであれば、私たちの工場を構えている場所も産地になります。

 

ですが、一般的に使われる《産地》というのは、特産品を生み出す地域的な扱いのことが多いのではないでしょうか。

 

そういった面から考えれば、SHAKUNONEを送り出す工場のある岡山県は産地とは言えません。
業界に長くいらっしゃる先輩方に話を聞くには、弊社がある岡山県津山市が日本で一番西側のネクタイ工場になるらしいです。
岡山県には同じようにネクタイを生産する工場は弊社を合わせて2社。
ちなみに、仲良くさせて頂いているその工場さんは弊社の生産規模の倍近くはある工場です。
岡山県にもたったの2社しかないんです。

 

話を戻しますが、食品関係になれば、その土地の風土や環境で美味しく実る作物といえば理解ができます。

ですが、産地だから、特産品だから的なノリで今後やっていくには限界があるのではないでしょうか。

特産地として切磋琢磨して業界を支えてきた志や技術は尊敬に値します。

実際に私たちのブランドSHAKUNONEの生地を織っていただいている機屋さんも、日本一のネクタイ生地生産量を誇る山梨県の機屋さんです。

その機屋さんと組んでやろうと思ったことは結果論で、決して「産地だから」といった理由からではありません。

 

お付き合いをさせて頂いている中で、信頼性があり、何よりフィーリングが合う機屋さんが結果的に産地であったというだけです。

とにかくSHAKUNONEが信頼を置いている機屋さんの素晴らしい所は、
具現化能力と提案力が高いという点にあります。

もちろん生地の質の高さ、ネクタイにお仕立てした時の美しさと結んだ時の感覚は経験してきた中でもトップクラス。
そのことに加え、新たな商品提案をするのにこんなデザインを起こしたい。
こんなものが創りたい。という要望に対して、それ以上の結果や提案をしてくださる所に惚れています。

イメージを伝えても、ニュアンスの違いや捉え方の違いなどはよくあるものです。
それを一本の糸からカタチに起こしてくれるセンスと技術力の高さ、またそれを培った技術は素晴らしい。

しかも、その機屋さんは一匹狼的な気質で、産地の組合などに入っていないらしいのです。
機屋さんは、
「伝統的なものを身に着けたいと思っているお客さんがどれだけいるの?伝統的で素晴らしい技術でも、カッコイイと思ったり、魅力的だと思ってもらって、身に着けたいと思えるようなネクタイじゃないと意味ないじゃん」

とおっしゃるのです。

先述したように、産地=特産品 的な考えを強く持ってしまっていることは、
「こうあるべき」「これが当たり前」「伝統的な○○」みたいな固執を生みがちです。

守るべき伝統や技術は当然あってしかりですが、その場に立ち止まって叫んでみても意味をなさないこともあります。

現に、ジーンズの産地は岡山県(児島)というのは比較的有名ではありますが、
ネクタイ生地の産地が山梨県に存在するということをどれだけの人が知っているのでしょうか?

この仕事をしていなかったらきっと私も知ることの無かったことだと思うのです。

 

プライドを持つことは必要なことですが、

単に産地だからイイ!!という意識は、動きを鈍らせる一つの要因になることだってあり得るのだと思ます。

「コンセプト=産地は素晴らしい」と言っているのと同じように感じます。

 

その点、私たちはこのブログで書いている内容の「産地」では決してありません。

山梨や京都といった生地の産地でもなければ、縫製職人の集結する地域でもありません。

 

そのため「産地」としての固執が全くないので、常に行動を起こしています。

今までは閉鎖的な面が強くあり、昔からの流れのままに商品提供をしているのが通例だったように思います。
それが当たり前だったからだと思うのですが、本当にそれがただしかったのかという疑問はもっています。

 

どの売り場に行っても、メーカーさんや機屋さん産地の方々などの作り手側の人が店頭に立っているコトなんてありません。
畑違いだからと言ってしまえばそれまでかもしれませんが、

まずは現状を知ることをしなければならないのではないでしょうか?

What you see is what you get!(目に見えているものがすべて。そのものずばり。)
という意味の言葉ですが、

 

どんなに過去の話をしてみても、それが固執になってその場から動けなくなるのなら意味はありません。

 

今を、自分の目で見て、声を聞いて、感じることで変わるコトもあると思うのです。

 

ネクタイに限らずですが、産地の《こだわり》は大切にしていくべきものであるという一面も理解できますが、
それが《こわばり》になって壁を作ってしまっているのであれば体質改善をしていく必要はあるのではないでしょうか。

/* ループ開始 */
 

地方のみならず、全国的な人口減少が起きています。

 

段階の世代が引退し、働く世代が少なくなってきた現代の社会では、

より「個」の魅力が重要視されると思っています。

 

例外はあるかもしれませんが、《過度な個性はコミュニケーションを阻害する》といった側面も持ち合わせている中で、昔は完全なる同質化で単なる制服のような着回しであったビジネスウエア。

昨今の情勢は変わりつつあります。

たしかに、ビジネスにおける過度な個性の主張は「第一印象」「信頼性」「安心感」を妨げる可能性はあります。

 

もし、私が商談の際に、扉を開けて入ってきた相手が、真っ青な頭髪で真っ赤なスーツに真っ黄色のネクタイに尖がった蛇側の靴を履いていたら、それは驚きます。

※これは差別ではなく、潜在的に持ち合わせている感覚です。

 

コミュニケーションを取り続けていけばその人の本質を知るコトもできるかもしれませんが、
入り口としては躓いています。

 

そういった面からも、過度な個性は好ましくないということです。

 

 

とはいえ、調和のとれた一定の「個」の魅力は必要性が高まっていると考えています。

 

インターネットやSNSなどで、個人発信が当たり前の時代に、今までの水面下での動きが当たり前だった商習慣も変わってきています。

BtoBの商習慣がBtoCへCtoCへと多様化していく中で、また単なる同質化では同質化していく世の中で生き残っていけない社会へとなってきているように思います。

地域社会においても、ヒトとヒトとの関りが希薄になってきている部分もある中で、
出会い、関係性を持って生きていく中で、

 

「この人は魅力的なひとである」という信頼を得るための調和のとれた個性や、この魅力は必要になっているのだと思うのです。

 

とりわけ、ビジネスにおけるネクタイの役割も変わってきています。

 

例えば、今はクールビズでネクタイをしなくても良いということが当たり前になってきている中で、みんなネクタイをしていません。

 

仮に営業に行った際にネクタイの着用をしたとしましょう。

 

取引先相手「御社はクールビズはしないの?」

自分「会社的にはクールビズ推奨しているのですが、個人的には相手先には正装で敬意を表する意味でも着用しています」

 

と答えたら、相手の印象はいかがでしょうか?

多様な捉え方があるかもしれませんが、私は「誠意ある人間だな」と捉えます。

 

昔は当たり前に着用していた分、現代では価値観も変わってきて「新しい価値」を生み出そうとしているものの一つがネクタイです。

 

前述したように、過度な個性はコミュニケーションを阻害する面もあります。

体覆う面積の大半を占めるスーツで個性を爆発させてしまうと「奇抜な奴」になってしまいます。

 

体の中心に位置するネクタイでも同じことが言えますが、
圧倒的な個性ではなく、調和のとれたこの魅力を演出するために、ネクタイはとても大きな役割を果たします。

 

個性的なネクタイが悪というわけではなく、私たちが送り出すネクタイブランドSHAKUNONE(しゃくのね)は、

ネクタイを結ばなくても許される現代において、
身に着けることで本来主役である結び手が魅力的になるネクタイを送り出したいと思って日々仕事をしています。

イタリアをはじめとする海外では、ファクトリーの価値は非常に高く、
男のファッションの祭典イタリアのフィレンツェで行われる《ピッティ・ウォモ》にはファクトリーブランドが軒を連ねて出展されています。

話題の靴職人、花田優一氏も出店してアナザースカイに出演されていましたね。

 

※同じ職人として観た花田優一氏のことをブログにまとめています。
http://shakumoto.co.jp/802/
日本では珍しいネクタイのファクトリーブランドSHAKUNONE。

小さな工場から発信するブランドではありますが、
多くの方に支えられて9月末頃から多くの店舗を回りお伝えしていきます。

※今後の出展予定をブログにまとめています。
→http://shakumoto.co.jp/830/

 

/* ループ開始 */
 

朝夕の暑さが若干緩和されたようにも感じますが、まだまだ暑い日は続きます。
水分補給などこまめにし、体調管理をしないと楽しいことも楽しめなくなりますから気を付けましょう!!

 

ネクタイオフシーズンからオンシーズンに移り変わってくる時期が近づいてきました。

学生時代も衣替えの時期は変にテンションが変わったり気持ちが切り替わったりしたものです。

ネクタイも昔に比べてオンオフシーズンがはっきりするようになりましたし、
新たな気持ちで気持ちを引き締めるのに、是非ネクタイを新調されてみてはいかがでしょうか?

 

 

さて、今後の予定をお知らせさせていただきます。
一気に商品の展開が始まります。

下記の日程で各所に出展させていただきます。

 

9/26~10/2 阪急メンズ東京 特別ブース出店

http://www.hankyu-dept.co.jp/mens-tokyo/

9/26~10/9 とっとりおかやま新橋館 PRスペース出展

http://www.torioka.com/

10/3~10/16 そごう神戸 7階ネクタイ売り場出店

http://www.hankyu-hanshin-dept.co.jp/kobe/

10/30~11/13 東京日本橋三越本店 2階ネクタイサロン

https://www.mitsukoshi.mistore.jp/nihombashi.html

 

10月吉日より、高島屋オンラインでSHAKUNONE販売開始予定。

https://www.takashimaya.co.jp/shopping/gift/

 

重複している部分もありますし、ずっと固定の場所に居ることは難しいですが、
大切にしているお客様の声をお聞きする機会です。

 

是非お越しいただきSHAKUNONEをご覧いただければ嬉しいです。

 

 

 

NY出店?ん(・・?
突然湧いたような話に一喜一憂したり、何でも鵜のみにしてしまうようなことはしないように心がけていますが、海外出展のお話しには反応してしまいました。

詳細を詰めてみよう。

 

クリスマスか・・・。

/* ループ開始 */
2018年8月30日
 

クールビズが提唱されてから約13年。

初期はなかなか定着しなかった感がありましたが、近年はすっかり定着していますね。

それに加え猛暑が続く環境の変化で、ネクタイに限らずスーツ関係の売れ行きも不調なようです。

自社ブランド展開に力を入れている弊社ですが、大手メーカーやブランドの商品の生産を請け負う受託生産も多く請け負っています。

 

創業からは半世紀を超えましたが、元々婦人・子供服を製造していた所からネクタイ工場としてスタートを切った為、日本国内では後発といいますか、新しいネクタイ工場です。

ノウハウもない状態から、研究を重ね、今までの知識やノウハウと職人の腕を頼りにネクタイ作りに挑戦した結果、独自の生産方法が専業ネクタイ工場にはない風合いや美しい仕上がりのネクタイを提供することに繋がり、それが「こんなにキレイなネクタイを見たことが無い」という高評価を受けた所から今日に至ります。

 

数年ほど前までは、春夏商品の生産が終わっていないのにもかかわらず、秋冬商品の生産スタートをしなければならないほどの受注量があり、閑散期とは無縁の仕事をしていました。

 

しかし、国内生産の現状は数年で大きく変わりました。

 

弊社がネクタイ縫製工場としてスタートを切ったころには、

第一工場、第二工場と複数の工場を運営し多くの職人さんを抱えて仕事をしていた他社工場さんも、第二工場閉鎖、翌年には廃業。
工場移転を行って事業拡大を計画していたその年に国内ネクタイの生産が一気に縮小し苦戦。
また、受注量やコスト面での苦しみから老舗が廃業。

などということを聞くことが増えました。
「社会の動きや環境の変化に対応できなかったネクタイ業界」

 

と言ってしまえば、それまでのことなのかもしれません。
事業を転換してでも生き残っていける仕事を見つけていけなかったコトは確かにあることだと思いますが、同じ工場として思うことは、

「そんなに簡単に色んなことはできない」ということです。

 

単に「縫製」と言ってしまえば、シャツやスカートやジーンズや学生服や・・・色々ありますし、他アイテムなどへの事業転換を容易に口にする方もいらっしゃいますし、それを成し遂げた方もいらっしゃるのかもしれません。

ですが、私から見ると「他アイテムは全く畑が違う」のです。

 

ノウハウも違えば、設備も技術も違う。

ましてや、低コスト生産に対応して、日々を過ごさざるを得ない状況だった国内の工場が簡単に手が出せる環境でもないのです。

 

それは、婦人・子供服生産から、全く畑の違うネクタイ工場へ挑戦した我々だからこそわかることなのかもしれません。

特に、ネクタイ工場の設備や技術は他に変えの効きづらい設備の為、そういった事業転換は難しいのではないかと思っています。

 

私の体感として、特定のネクタイ屋さんは好調だが・・・といったような感じもなく、全体的にシンドイ状況であると感じています。

好意にお付き合い頂いている同業の工場さん(規模は弊社の倍)は、今年の9月は全く仕事が無くてガラガラで何もすることが無いと連絡をしてきました。
規模は大きいですが、委託生産を専門にしている工場さんですから、丸一か月仕事がないという状況は死活問題です。

とはいえ、仕事が入り始めると、とんでもない量の発注がきてさばききれなくなるくらいだというのですから、それもどうしたものかと思うわけですが。

おそらく上記の工場さんが受注できない状況に陥っているのであれば、全国に点在する工場でも状況は同じでしょう。

この1か月の生産閑散期は、春ごろにもう一度来ます。
年間2度の閑散期を迎える状況が続くのではないかと思うわけです。

 

閑散期といっても、受注量が少ないな・・という状況ではなく、一切何もないような状況です。

これが続くのであれば、受託生産がメインの工場からどんどん弱っていくでしょう。

 

おそらく、数年でネクタイに関係する企業は今の半分まで減るのではないかと思っています。

 

我々も受託生産を多く受けている面から、他の月に比べると受注している量は少ない時期になります。
MAXの稼働状況ではないことは事実ですが、
10月以降にたくさんいただいている販売のイベントや機会にお届けする商品をお仕立てしたり、
今までできなかった新しい商品を企画生産する時期にしながら、次の生産の準備を進めていきたいと思っています。

 

・クールビズでのネクタイ不振

・スーツ離れによる業界の低迷

・原価などのコスト増による不安

その他多くの要因はあるとおもいますが、厳しい状況の中で、淘汰されていく工場、メーカー、問屋は増えていくと思います。

 

もしかしたら、国内でネクタイを作ることができる人が絶滅危惧種になる未来も近いかもしれません・・・というより、もうすでにそういった状況です。

どういった取り組みをしていくのか、どう生産していくのかを考えないといけない状態なんじゃないでしょうか。

 

忙しいときは鞭打って、そうでないときは知らんぷりを決めるなら、
生産流通の例えでよく言う、「川上」に属する、又は川上に近い企業を潰していく状況になっていきます。

 

 

そんな中で作り手の弱いところは、売ることができない。伝えることができない。流通させることができない。
私自身の不得意は他の工場も不得意だと思います。(全部ではないでしょうが)

その後口から出てくる言葉は、

国産だから良いものだ。海外のものはダメだ。

原価が高いモノが良い。原価が安いモノはダメ。

良いものだったら売れる!!

てなことです。

本当にそうなら、世の中に存在する商品の大半は大ヒット大バブル時代の到来です。

 

 

決してそうではないでしょう。

それそれの戦い方がある中で、作り手の工場や職人も考えなければならないのではないでしょうか?
私の行動のすべてが正しいとは思っていませんが、挑戦をしないより挑戦をしていく方が今後の力になるし、可能性は拓けると思っています。

悲観的に見える内容かもしれませんが、私自身「ネクタイはカッコイイ」と思っていますし、
無けりゃないで良かったのかもしれませんが、「クールビズ反対」と言っているわけでもありません。

ネクタイをしなくても許される時代になったからこそ見せることができる新しい価値観に挑戦していきながら、細い糸を手繰り寄せるような挑戦でもして未来を作っていこうと思っています。

 

取り組みをしていきたい!
こいつ面白そうだから話してみたい!

そんなことがあれば、私はノリノリでお話しします。
昔はこうだったから良かったとか、昔はこうだったからこうした方が良いというような昔話はしません。(成り立ちとかは好きなので聞きます)(今、活きる昔話なら歓迎)

 

下向いていないで些細な突破口でも、小さな風穴でも、突っ込んでいく力を持っていた方が楽しいですよ絶対。

大きい船に乗っているから安全だって言ってたらタイタニックみたいに沈みますぜ。

長い分を書くといつもまとまりが無くなってしまします。
これが、伝える力の不足だろうと思いますね。。。反省。。。

/* ループ開始 */
2018年8月29日
 

趣味になりますが、私は漫画が好きです。

最近の超絶一押しは週刊少年チャンピオンで連載中の「弱虫ペダル」。

 

※読んだことない人はナンジャソレとなるかもしれませんが、個人的には涙無くしては読めない漫画なので、是非読んでいただきたい。

体育成績Dで秋葉系オタクの主人公が高校の自転車競技部に入って仲間と共に強敵と闘っていくというストーリーです。

登場するキャラクターにはだれにも負けないような得意分野(平坦が得意なスプリンター、山が得意なクライマーなど)を持った個性的な面々が多いのですが、手嶋純太という主人公の一学年上の先輩がいます。

 

彼は自称「凡人」です。
※ネタバレになってしまうといけないので詳細は省きます。

 

彼は、自称凡人なだけあって、強豪校には所属しているものの、表彰台を経験したことは一度もありません。

周りも口をそろえて「彼は凡人だ」と言います。

 

ですが、チームをまとめる指揮官といて戦います。
その戦いは心震わせます。
涙が出ます。

 

個性的で感情移入してしますようなキャラが多い中で、彼の存在に一番目が行ってしますのは私だけではないように思います。

 

私自身が今まで、圧倒的な個性や、特別な才能を持っていると感じたことがない、いわゆる「凡人」であったということもあるのでしょうが、世間の大多数の人たちがそうなんじゃないでしょうか。

凡人キャラ、天才キャラ、派手キャラ、謎キャラ、たくさんいますがどのキャラが好きかによって、自身の潜在意識がどこに属しているかがわかるような気がするんです。
その代表作が私にとっては「弱虫ペダル」です。

 

職業柄、「特徴的な商品」や「個性的な商品」を求められることもあります。

私自身が個性的かと言われたらそんなこともないですし、その私が送り出す商品が「圧倒的個性」を持っている商品にもならないでしょう。

 

ですが、地道に市場の声を聞いていきながら、トリッキーな商品ではなく、自然と身に着けられるような雑味の無い魅力を持ったネクタイを提供できます。

こだわりを魅力に感じて頂けるようなデザインとお仕立てが、地味かもしれませんが我々の最大の得意分野です。

 

個性と呼ぶことは出来ないかもしれませんが、元々「個性的なモノを作りたい」と思っているわけではないので、ブレてはいません。

 

手嶋純太のように、地道に山を登っていくクライマーのような仕事なのかもしれないですね。

手嶋が就職する時にはネクタイをプレゼントしてあげたい(笑)

ちょっとオタク気質のある内容でしたが、ほんとに読んでほしい弱虫ペダル!!

 

 

/* ループ開始 */
 

ブランドを立ち上げたいと思ってから、前に立って提案をしていかなければならないと思っていました。

多くのブランドがそういった独自の世界観や、送り出したいものを提案して市場に出しているんだと思います。

 

振り返ってみて、私がやっていたことが「提案型」だったのかと考えてみると、
(そんなこともなかったなぁ)と思ってしまうのが正直なところです。

 

私自身が特別オシャレでセンス抜群というわけでは決してないですし、流行を生み出せるような力も持っていないのは、隠しても隠し切れない事実です。

 

根本を思い出すと、そういった力がないからこそ、まず「お客様の声を聞いてみよう」となったわけです。

 

いや、なんと情けない話だ。と思う方もいらっしゃるかもしれません。
否定もしませんし受け入れる覚悟はあります。

 

しかしながら、気付いたこともあるんです。

本当に自分が提供したかったのは、
【自分に足りてなかったコトを補えるモノ】だったのかもしれない。

 

絶対的な自信を持っている技術面の話は一旦置いといて・・・

 

ネクタイの合わせ方だったりは自己流ですが勉強しました。
それでも補えない「センスの部分」。

 

オシャレに絶対的自信を持って、こだわり全開で生きている人がどのくらい居るのかはわかりませんが、わずか数パーセントだと思います。。

 

ことネクタイに関しても、どれがどう良いのかを判断することを自信を持ってできる人がどれくらい居るのでしょうか?

 

そう考えると、より多くのお客様のリアルな声をカタチにしていくことが、理想のネクタイを送り出していくことに繋がるのではないか。と思うのです。

 

だから、TEAM SHAKUNONEには「デザイナー」という肩書のスタッフがいません。
私に声を届けてくれる、ユーザーの皆様が「デザイナー」です。

そうして共創していくこと。

圧倒的センスが無いからこそ、真実に近づこうとする。
【Voice made (声をカタチにする)】
※造語みたいなものなので突っ込みどころ満載のフレーズかな・・・

 

が私たちのネクタイブランドSHAKUNONEの創り方です。

 

声を聞いて形にしていきながら、他のネクタイとは違うこだわりエッセンスを加えることで、

結び手に素直に染まるような、シンプルでオシャレな雰囲気を醸し出すような、

「雑味の無いネクタイ」が送り出せます。

 

・どれがいいんだろう?
・オシャレなネクタイはどんなのだろう?
・選んだけど派手すぎやしないだろうか?
・自分に合うネクタイはどんなのだろう?

また、

・プレゼントに贈りたいけどどんなネクタイが良いんだろう?
・良いネクタイがわからない。

 

そういった悩みを、なるべく深い部分から解決できるような価値が送り出せたらと思っています。

 

当たり前のようにネクタイを使用していた昔とは違い、着用の頻度が少なくなり、「あえて着用する」といった側面を持ち、新しい価値を見出そうとしているネクタイ。

 

自分に足りてない部分は支えて頂きながら共創するネクタイブランドがSHAKUNONEです。

12345...1020...