blog ブログ

 

ネクタイの選び方やに合わせ方など年代別で詳しく書いてある記事やサイトはたくさんあります。

 

私も読むのですが、どれも間違っていないし参考になる内容だということを先に言っておきます。

 

 

それを踏まえた上で、今回書くのはネクタイを選ぶ基準として『内面』を考えてみませんか?という内容です。

 

 

例えばですが、ハイブランド(100万円する高級バッグ)を持っていると気持ちが高ぶりますよね?
(ひとそれぞれかもしれませんが・・・)

 

高級車に乗っている人に心理も似たような感じで、移動手段やノロ心地だけを取れば、たぶん高級車には乗らないでもいいものはあります。

 

 

ファッションにもそれは言えて、同じくネクタイにも当てはまります。

 

高級志向=特別感 というのは一番わかりやすいのですが、
《特別感》って、それだけじゃないですよね。

 

 

例えば、

・娘が社会人になって、初給料で買ってプレゼントしてくれた1本のワイン。

どんな高級なワインにも勝るとも劣らない《特別感》でしょう。

 

暑い日に運動をして汗をかいた後に飲みたいのは、水or年代物の高級ワイン のどちらでしょうか?

 

その人それぞれ、その時々で存在するのが固有の『特別感』です。

 

 

特別なもの=変わったもの である必要はありません。

 

 

さて、前置きが長くなってしまいましたが、
ネクタイを選ぶ際に、デザインは重要なものです。

そこはまず目につくものなので妥協しない方が良いです。

 

その上で考えてみてほしいのは、そこに「らしさ」があるかどうかです。

 

 

「らしさ」=「個性」としてしまうと少し違います。

 

「らしさ」=「自分の中だけにあるもの」と捉えていただきたい。

 

他に人には伝わらないかもしれない。
でも、自分の中にちゃんと持っていることで、一本筋が通って背筋が伸びるような気持ちです。

 

それには、身に着けているモノへの意識が必要です。

 

人によっては

「高級ブランド」かもしれません。
「まだ誰も知らないようなもの」かもしれません。
「お得に購入できたもの」なのかもしれません。
「共感しているストーリー性」なのかもしれません。

 

 

モノに対して、自分なりの「らしさ」を意識することが出来れば、

選び方も変わるんじゃないでしょうか。

 

特にネクタイは選ぶのが難しい部類のものだと、作っている私たちも思っています。

ライセンスブランドがほとんどで、何を選んでいいのか、何が良いのか、差別化もあまりなく同質化しているものの典型です。

 

 

だからこそ、自分なりの「らしさ」を見つけることが、自信や気持ちの高揚に繋がりパフォーマンスを向上させるんじゃないでしょうか。

 

SHAKUNONEはあなたの、その「らしさ」になれるように、常にお客様に寄り添い、声を聞きながら商品を作っています。

 

日本橋三越本店での期間限定ショップも2日目に突入しました。

 

初日から多くの方にご来店いただき、講評を頂いております。

 

普段本物を見ることのできる店舗は少ないです。

それは妥協せず1本1本お仕立てをしている為、たくさん作れないからです。

 

お気に入りの一本を探しに日本橋三越本店2F ネクタイサロンへお越しくださいませ。

 

お待ちしております。

 

まだまだ暑い時期が続いていますが、秋冬に向けての出展依頼などは早くから動き始めます。

2015年に産声を上げたネクタイブランドSHAKUNONEも多くの方に支えて頂きながら、少しずつではありますが育ってきました。
そんな中で、webサイトや日々の発信にも書かせていただいていますが、
《ブランド紹介と商品紹介》をしてくださいと問い合わせを受けた際に担当バイヤーさんなどにお答えする内容を書かせていただきます。

 

・ブランド紹介
数多くのブランドの商品を仕立てている小さな町の縫製工場から生まれたネクタイブランドデザインです。半世紀にわたり培ってきた技術で、素直で自然に結べるネクタイをお仕立てしています。

また職人自らがユーザーの声を聞き、その声をカタチにすることで、《作り手》と《使い手》との間にあった理想のギャップを埋め「雑味の無いシンプルな風合い」を纏うネクタイを送り出しています。

見た目だけのデザインではなく、商品を提案制作する過程を公開し、プロセスからデザインされたネクタイは、クールビズや温暖化で必要性が少なくなってきたように感じられる現代に、あえて結びたくなるような想いを秘めた魅力を感じて頂くことができます。


・商品紹介
シルク100%にこだわり低速織機で高密度に織られた国産織の生地は、美しい光沢と品格を演出し、身に着ける男性の魅力を引き立てます。
1本のネクタイで身に着ける人の魅力を最大限に引き出すために、一本一本大切に人の手によってお仕立てしたネクタイは、柔らかな質感と心地の良い結び心地を感じて頂けます。


ビジネスパーソンの必需品として存在してきたネクタイですが、その過程で大切な《成長》をしていませんでした。

一方的にと言うと語弊があるかもしれませんが、それに近い商品提供をしてきたのが今までの作り手のスタンスだったのではないかと思います。

私たちがやっていることは思ったよりシンプルなことで、
《お客様から頂く声》は、「欲しいモノ」というだけではなくて、《自分がどうなりたいか、どう見えたいか》ということだと考えています。

プロダクトアウトとして、価値を提案提供をしていく側面はもっていますが、
お客様の声を聞きカタチにすることで、《なりたい自分》《他覚的に見えたい姿》をストレートにマーケットインしていく方法を取っています。

自分だけで成長していく単独の商品開発やブランディングではなく、共創して作り上げりことが私たちチームSHAKUNONEのスタンスです。

そうした動きが結果的にチャンスを生み出して、有名店などでの展開などにも繋がり、より多くのお客様に手に取っていただく機会ができました。

見た目だけで身に着けるのであれば、たくさんのブランドや商品があります。
名前で圧倒的価値を提供しているブランドもあることは事実です。

 

SHAKUNONEを深く知っていただくことが、身に着けていただく時に、心を支え、高揚感、満足感、充実感を感じて頂けることに繋がれば良いと考えています。

 

結ばなくても許される時代にネクタイブランドを創ったのが私たちです。

時代に取り残された変わり者と見る方々もおられるかもしれませんが、そのあたりは私自身あまり気にしていません。

 

それはかシンプルに《スーツ姿にネクタイをしている姿がカッコイイ》と思っているコトと、

この時代だからこそ、《あえてネクタイを身に着けることに新しい価値がある》と考えているからです。

今までの当たり前が当たり前でなくなることは往々にしてあります。
だから時代を批判悲観をするよりも、もっとSHAKUNONEを選んでくださるお客様に感動していただいて、自分たちも成長して行けるかを考えて進んでいきたいと思っています。

2017年3月29日
 

毎年クールビズの時期はやってきます

ネクタイに関わって仕事をしていく中で「クールビズ」は切っても切れないものになりました。

10年ほど前に推進され始めたクールビズももう定着してきましたよね。

地球温暖化現象を食い止めるために、CO2排出量を削減するために、冷房の温度を下げすぎないようにするために、夏場は軽装にしましょうというのが元々の話だったはず。

クールビズってものは無ければ無いで業界的にはありがたい話なんでしょうけど、それを嘆いてみても仕方ないと思っています。
企業ごと、個人の考え、いろいろあるとは思いますし、着ける機会が少なくピンとこない方もおられると思います。 意見としては

クールビズ賛成派→暑苦しい、地球環境を考えよう、意味のないモノ

クールビズ反対派→だらしない、マナー違反、海外との比較

 

簡単に言えばこんなところですか。
立場上ネクタイを結んでいただく機会が多い方が嬉しい話ですが、クールビズもまた新しい文化なわけですから、それを理解してコトをすすめなければいけません。

以前ブログで、ネクタイの必要性について書いたことがありましたが、 ネクタイをするのとしないので、印象値の差というものは確実に出ます。
それは確かなことです。
さらには、一本あればスタイルが整うということも言えます。 スーツにネクタイをしていれば卒なくスタイルを完成させられるからです。

とはいえ、賛成派の方々からの意見もわかる部分は大いにあります。 (上記の意味にないモノというのだけは否定させてもらいますが) では、どちらが正しいかという話になると、平行線と言いますか、勝ち負けの話にはならず、上手く共存していくしかないのかなという考えに行きつきます。 どっちでもいいという考えではありません、 私は、皆さんにネクタイを結んでほしいですよ!!
つらつらと書いてみて、疑問を投げかけたいことは実は一点。 「ネクタイってカッコ良くないですか?」
ということです。

実際私もネクタイが好きですしカッコいいと思っています。 だからこそ自分たちで作っています。 そうなんです。ネクタイはカッコイイんです。 私はそう思っています。

2017年1月17日
 

ネクタイといえば、一般的にみても厳しい業界だと感じる方も多いのではないかと思います。

クールビズが始まってから特にネクタイの必要性が問われる時代になってきました。

ネクタイは苦しくて嫌いという方もきっとおられると思います。

でも、ちょっと考えてみて欲しいのですが、 良い、悪いは脇へ置いておいて スーツというのは長らくシャツを着て、ネクタイを締めるというスタイルで完成してきました。その発祥であるヨーロッパでは今もそれに何ら変わりありません。

ちなみに元々の起源は諸説ありますが、約400年前のヨーロッパにて、兵士の帰りを願ってつけたスカーフが始まりとされています。

 

最近の日本では、職場が気軽なところでは ジャケットの下にTシャツやタンクトップでOKなところだって珍しくありませんし、ジャケット不要なんてことも聞きます

ただ服飾は文化ですから、自分と同時に自分をとりまく人々のために装うという一面もあるものです。 ネクタイという分かり易い「アイコン」を捨てることで逆にかえって、失礼にならないように装うために120%のセンスが要求されていることもあります。 決まったパーツを揃えてさえすれば何のセンスもなくても、何ら考えなくてもほぼ平均的な印象を稼げます。

ただ、ネクタイを外しただけだったとすれば、それは「ただネクタイを外した」だけのことです。 そこから周囲が受け取る印象は

「自分が楽になりたいから、ただネクタイを外している 相手に礼を尽くすことを面倒に思う利己的な人物」 と、言い方は過激かもしれませんが、これは日本ではおおげさなでも

欧米であれば決して脅しでもなく実際そのように受け取られかねないようなことです。
アメリカでこんな実験がありました。 NYで、男が穴あきジーパンにTシャツ姿で、道行く人を呼び止めて 「財布をなくした。悪いが家に帰るのに1ドル貸してもらえませんか?」と声をかけます。 この実験で、お金を貸してくれた人は一人もいませんでした。 次に、さっきと同じ男が完璧なスーツ姿にブリーフケースを持って 「財布を落としました。悪いが家に帰るのに 1ドル貸してはもらえませんか?」と声をかけると あれよあれよと・・皆次々に快く1ドル出してくれたそうです。 その人物がどこの誰かがわからなくても身に着けているものが判断する上での重要な要素になるのです。 日本だったら、ジーパン姿でも何人かは100円貸してくれたかもしれません。 結婚式にスーツを着てネクタイをすることであらわそうとしているのは、「祝福」の気持ち。

葬儀では「弔意」(ちょうい)の心を表します。

自分のしたい格好ではなく「その場に居合わせる人たちのために、自分がすべき格好」をすることを優先させるのだと思います。 そういう意味で、ネクタイというのは 長い時間をかけて考え出されたある意味とても便利な身に着けているだけで 「周囲を気遣って礼を尽くした心構えで臨んでおります」という気持ちを言わずとも周囲に伝えることのできる装飾品だといえると思います。
季節商品になったとはいえ、オフィシャルな場所にはやはりネクタイを締めると思います。

 

かといって、安気にしていたからといって時がたてば勝手に良い方向に変わっていくなんてこともないと思っていますし危機感ももっています。