blog ブログ

/* ループ開始 */
 

 

11/13を最終日とし、日本橋三越三越での展開を無事終えることができました。

期間中は、大変多くのお客様に御来店頂きましたが、

再開発が活発に行われている日本橋ならではなのかもしれませんが、多くの海外のお客様もご来店されていました。

 

結果的には、大変反響を頂き、店舗スタッフの皆様も、バイヤーの方も驚かれていました。

特に、2回目の展開だったのですが、1回でも難しいのに、2回連続で大きな成果を残せるブランドはそう無いらしく、不思議がられました。

 

小さな町工場が仕掛けるネクタイブランドがどうして出来上がったのか、少しだけ歴史をお話させていただきます。

 

ネクタイブランドSHAKUNONEを送り出す、株式会社笏本縫製は、「魔法使い」との異名を持つほど高い技術とお人好しさ持った祖母が立ち上げた創業半世紀の小さな縫製会社です。

私自身もネクタイ職人として仕事をしていて、誰もが知っている有名なブランドの商品なども仕立てています。

 

そんな中でも抱いている想いがあります。

・価値を感じてもらえるようなネクタイを作っていきたい。

・職人の仕事を見える化して価値を高めたい。

・モノづくりを続けられる環境を作っていきたい。

 

この願いを込めて立ち上げたのが、

先程検索していただいた、ネクタイブランドSHAKUNONEです。

 

私自信がお客様の声を直接聞きながら、

シンプルな中にも存在感があるように、自然と男を魅力的に演出するようなこだわりを込めています。

素材には品格を与える国産絹織物を使用し、仕立ても職人のハンドメイドで行うことで、しなやかな結び心地と風合いを感じることができます。

とはいえ最初は、田舎の小さな工場から送り出すブランドが本当に世の中に認めていただけるのか、不安だらけでした。

厳しいことも言われましたし、通用するわけがないと馬鹿にもされました。

 

ですが、地道な挑戦から生み出したネクタイは

思わぬの反響を生みました。

 

プロモーションの一環として行った「クラウドファンディング」では、

2回の挑戦で、合計300万円近くの支持を全国からいただきました。

 

それをがキッカケになりメディアでも紹介もされ、ブランド発足から3年で大手百貨店での販売のチャンスも頂きました。

すると、

デザイン、品質の両面から高い評価をいただき、

有名なブランドばかりの百貨店ネクタイフロアでSHAKUNONEがブランド別売上で、なんと1位になったんです。

 

今までに頂いたお客様の声をご紹介します。

 

「シンプルで合わせやすい」40代(会社員)

「すごくキレイな結び目もできるし、しなやかで結び心地がいい」40代(会社員)

「他とは違う魅力が感じられる」30代(自営)

「背筋が伸びるような気持ちになれる」40代(医師)

「意思が感じられて品格があるしカッコいい」50代(自営)

「有名なだけのブランドには飽きていたが、本物に出会えた」30代(フランス帰りのバイヤー)

 

このように直接的にお客様から感動の声を頂けるようになった時には、祖母から母へ、そして私へと繋いできた想いが実ったような喜びを感じました。

 

これだけお話すると、結構順調に進んでいるように思われがちですが、

全然そんなことないです。

 まだまだ小さなブランドですし、挑戦することは怖いです。

 

大きな失敗は、即死級のダメージにもなりかねない小さな存在です。

ですが、挑戦がなければ失敗も成功もありません。

 

人より小さな失敗は多いかもしれませんが、それだけ挑戦している自負はあります。

悔しい思いも人一倍経験してると思ってます。

 

先日も、とある店舗に立っている時に某メーカーの営業さんが来られました。

僕には会釈をして素通り。

 

売り場担当者と立ち話をしていました。

聞こえちゃうんですそういうのは。

 

※メーカー→メ、店舗スタッフ→店

メ「何このブランド?」

店「SHAKUNONEってブランドを期間限定でやってるんです」

メ「ふーん。こういうのは俺らが仕事振ってやんないと消えてしまう川上の人達だからねー」

店「そうなんですか?」

メ「そうだよ。だから大した商品企画もできないし、売れもしないから、そのうち消えるよ。バイヤーさんはこういう珍しいの好きだからねー。どうせ売れてないっしょ?」

店「いいえ、ダントツ売れてますよ。過去見たことないくらい。」

メ「え?どのくらい?」

店「今のところ〇〇くらいです。」

メ「そういうのもたまにあるよね。」

店「そうなんですね」

 

我々をバカにするような方とはお取引も関係も持ちません。

幸いにも関係しない方だったので気にしないことにしました。

素材をカタチにして命を吹き込める職人の仕事はなくてはなりません。

もちろん販売店やメーカーさんも大切な役割を持っています。

上も下も、川上も川下も、そんなこと言ってる方がいると思うと、悔しかったですし、まだまだ変えていかないといけないことはあるなと、実感します。

 

何かを変えるには、裏付けが必要です。

 

地方からでも全国に、また世界に向けて発信し、活躍できることを証明することが、新しい環境を作り、支えてくださる方への恩返しにもなると信じて、挑戦を続けていきます。

祖母とは違った形かもしれませんが、魔法のように、これからも男性を魅力的にするネクタイをお届けしていきます。

 

 

————————————————–

/* ループ開始 */
2018年11月12日
 

美意識を纏う

奥ゆかしき深さだったり、

謙虚なデザインだったり、

培ってきた和の美意識が私たちらしいネクタイです。

身につけるシーンや、その時の気持ちに合わせながらも、個性ではなく少しのこだわりで

「静かな迫力を演出する」

らしさ、はそこにある。

 

日本橋三越での展開が残り2日となりました。

たくさんのお客様にSHAKUNONE’をお届けしてきましたが、

休日は一日に30点近くも手に取って頂き、周りにも驚かれました。

大切にお仕立てしたネクタイの魅力を感じて頂いています。

身に纏う男性に静かな迫力を与えるネクタイです。

#日本橋 #静かな迫力 #ネクタイ #collection #本物志向 #shakunone #ネクタイプレゼント #ブランドネクタイ #職人 #こだわり #シルク #japan #cravate #tie #mensstyle

/* ループ開始 */
 

日本橋三越本店 本館2F ネクタイサロンで展開中のSHAKUNONE’。

自分でも驚きですが、すごく支持を頂いており感謝です。

 

昨日(11/6)は大雨で通るお客様が少なかった印象でしたが、今日は降水確率も低いようなのでまたお客様へのご提案をさせて頂きます。

 

売り場全体で比べると、もちろん物量はひと握りのものです。

知名度も低い。

個性溢れるデザインかと言われればそんなことはない。

では、何故お客様はSHAKUNONE’を選んでくださるのか。

それは分析研究が必要になりますが、お客様から頂いている声をご紹介させて頂きます。

 

「ちょっと話したくなるようなブランドだ」

50代会社員

 

「深い。色気がある。」

40代自営業

 

「他とは違う感じがするのに合わせやすそうで気に入った」

30代会社員

 

「こだわりが感じられるから贈り物にしたい」30代会社員(女性)

 

 

様々な商品がありますが、ブランドコンセプトは「静かな迫力を感じられるネクタイ」です。

決して、個性的だったり派手だったりというものではありませんが、お客様の痒いところに手が届くような商品作りが伝わってきている証拠なのかもしれません。

お客様が何に触れて、何に興味を示して、といるのか。

もう少しこうして欲しい、こうありたい、

を直接感じていくことが商品の魅力に繋がっているのだと思います。

とはいえ、人の縁と同じで商品との出会いもご縁です。

大切な1本に出会えるかもしれません。

お時間ございます方は、是非一度日本橋三越本店へ御来店頂き、SHAKUNONE’に触れてみてください。

日本橋三越本店Webサイト

https://www.mitsukoshi.mistore.jp/nihombashi.html

 

 

/* ループ開始 */
 

ネクタイの選び方やに合わせ方など年代別で詳しく書いてある記事やサイトはたくさんあります。

 

私も読むのですが、どれも間違っていないし参考になる内容だということを先に言っておきます。

 

 

それを踏まえた上で、今回書くのはネクタイを選ぶ基準として『内面』を考えてみませんか?という内容です。

 

 

例えばですが、ハイブランド(100万円する高級バッグ)を持っていると気持ちが高ぶりますよね?
(ひとそれぞれかもしれませんが・・・)

 

高級車に乗っている人に心理も似たような感じで、移動手段やノロ心地だけを取れば、たぶん高級車には乗らないでもいいものはあります。

 

 

ファッションにもそれは言えて、同じくネクタイにも当てはまります。

 

高級志向=特別感 というのは一番わかりやすいのですが、
《特別感》って、それだけじゃないですよね。

 

 

例えば、

・娘が社会人になって、初給料で買ってプレゼントしてくれた1本のワイン。

どんな高級なワインにも勝るとも劣らない《特別感》でしょう。

 

暑い日に運動をして汗をかいた後に飲みたいのは、水or年代物の高級ワイン のどちらでしょうか?

 

その人それぞれ、その時々で存在するのが固有の『特別感』です。

 

 

特別なもの=変わったもの である必要はありません。

 

 

さて、前置きが長くなってしまいましたが、
ネクタイを選ぶ際に、デザインは重要なものです。

そこはまず目につくものなので妥協しない方が良いです。

 

その上で考えてみてほしいのは、そこに「らしさ」があるかどうかです。

 

 

「らしさ」=「個性」としてしまうと少し違います。

 

「らしさ」=「自分の中だけにあるもの」と捉えていただきたい。

 

他に人には伝わらないかもしれない。
でも、自分の中にちゃんと持っていることで、一本筋が通って背筋が伸びるような気持ちです。

 

それには、身に着けているモノへの意識が必要です。

 

人によっては

「高級ブランド」かもしれません。
「まだ誰も知らないようなもの」かもしれません。
「お得に購入できたもの」なのかもしれません。
「共感しているストーリー性」なのかもしれません。

 

 

モノに対して、自分なりの「らしさ」を意識することが出来れば、

選び方も変わるんじゃないでしょうか。

 

特にネクタイは選ぶのが難しい部類のものだと、作っている私たちも思っています。

ライセンスブランドがほとんどで、何を選んでいいのか、何が良いのか、差別化もあまりなく同質化しているものの典型です。

 

 

だからこそ、自分なりの「らしさ」を見つけることが、自信や気持ちの高揚に繋がりパフォーマンスを向上させるんじゃないでしょうか。

 

SHAKUNONEはあなたの、その「らしさ」になれるように、常にお客様に寄り添い、声を聞きながら商品を作っています。

 

日本橋三越本店での期間限定ショップも2日目に突入しました。

 

初日から多くの方にご来店いただき、講評を頂いております。

 

普段本物を見ることのできる店舗は少ないです。

それは妥協せず1本1本お仕立てをしている為、たくさん作れないからです。

 

お気に入りの一本を探しに日本橋三越本店2F ネクタイサロンへお越しくださいませ。

 

お待ちしております。

/* ループ開始 */
2018年10月31日
 

失敗の数はほかの人と比べて多い方。それは自信もって言える。

でもそれは挑戦してる証だとおもって誇りに思うようにしてる。

日本橋三越本館2F ネクタイサロンで、
小さい町工場から生まれたブランドSHAKUNONE’を展開しています。

 

1人でも多くの方に知っていただければ、もっと成長していけると思うんです。

暖かい目で応援頂き、知らない方へお伝え頂き、またシェアの輪を広げていただけますと幸いです。

期間は11/13迄の2週間です。
派手な個性ではない『静かな迫力』を感じられるネクタイに是非触れてみてください。

日本橋三越本店Webサイト:https://www.mitsukoshi.mistore.jp/nihombashi.html

Webサイトトップから、SHAKUNONEオンラインショップからもご購入できます。

/* ループ開始 */
 

ネクタイの着用時期は11月という会社も多いかと思いますが、
その着用時期と同時期になります、10/30~11/13の期間で、日本橋三越本店 2FンクタイサロンでSHAKUNONEを展開させていただきます。

日本橋三越webサイト→https://www.mitsukoshi.mistore.jp/nihombashi.html
今回は、根強い支持を頂いている《SHAKUNONEロゴシリーズ》と、日本庭園にインスピレーションを受けて作った表面に凹凸のある《庭園》をはじめ、静かな迫力を演出するネクタイをご用意させていただいております。

 

数と期間には限りがございますので、是非日本橋三越本店にお越しくださいませ。

 

 

ブランドマネージャーの笏本達宏も11/5の夜から11/13の最終日まで店頭に伺わせていただきます。

 

 

ネクタイを結ばなくても良い時代になりました。

言葉づかいで言えば、ネクタイは『敬語』みたいなものです。

必要ない場合には着けなくてもいいですし、必要な時には着けるべくモノなんです。

 

捉え方は人それぞれあるかと思いますが、

ネクタイが好きですか?と問うと、苦手な方もいらっしゃるでしょう。

 

ですが、ネクタイをしている姿としていない姿、どちらがカッコイイですか?

と問うと、多くの方がネクタイをしている姿がカッコイイと答えます。

 

難しい問題ではありません。

 

魅力的に自分を演出するべき時、またしたいときに選ばれるモノとして、
スーツスタイルに華を添えるネクタイとして、ご紹介させていただきます。

 

遠方でご来店いただけない方、またお時間の都合の合わない方は、
オンラインショップでも展開をさせていただきております。

よろしければ合わせてご愛顧よろしくお願い致します。

オンラインショップはコチラ→https://shakunone.thebase.in/

 

 

/* ループ開始 */
2018年10月18日
 

文字通り、工場発ブランドだと言っていいでしょう。

メーカーやブランドが生産を委託している工場(ファクトリー)が、自らが商品をオリジナル商品開発・販売をするブランドがファクトリーブランドです。

 

企画や販売のやプロデュースの能力は必須になりますが、モノづくりの能力としては非常に高いのが特徴です。

 

一般的には、中間業者を通さない直販価格でコスパが良いとされることも特徴と言えるでしょう。

 

 

さて、ファクトリーブランドが世の中に出てきたのは、ここ数年が際立って多いように感じます。

 

アパレル業界に長く居る人の一部からは、

「工場側(川上)の人間が前に(川下)に出てくるんじゃなくて、今までの業務を突き詰めてやっていけよ」

と言われることもあるようです。

 

今まで工場を《使ってやっていた》というスタンスで考えていた人からすれば、
調子に乗るんじゃないぞ!という感情なのでしょうか。

 

近年でファクトリーブランドが多く出てきた背景には、簡単に3つの理由があると思います。

 

①情報発信の自由

HPを持っているコトなんて当たり前。またInstagram、Twitter、FacebookなどのSNSを使えば、自由に発信していくことができます。

今まで商品を作ったり、販売をしたくてもできなかったのが、オンラインショップだったりSNSを活用することで可能になりました。

上手く発信するとか、売れるというのは別の問題ですが。

②工場の独立化欲求

一般的に下請け工場は表舞台とは縁遠い存在で、さらに発注側に様々な面で影響を受けることが多く、不自由なモノづくりをしているケースが多いのではないかと思います。③にもかかってきますが、ファストファッションの台頭や、海外生産へのシフトを含めた国内生産の環境の変化に対して、工場はとても不利で弱い立場に立ってしまいがちです。

侵されることの無い、独立した柱を立てたいと考えるのは不思議なことではないかと思います。

③利益率、仕事量の減少

先に書いた②のように、不利な立場に立たされがちな工場は、年々上がってくるコストに対応するべく効率化を常に図っています。
ですが、モノの流れは変わってきていて、今までは年間通してあった物量も減少しています。
それでも加工単価は上がることを知らず、利益が確保できなくなってきています。

年間生産数量に対して決定していた加工に対する費用も、仕事量が減ってしまえば上げざるを得ません。が上がらない。
負の連鎖から脱出を図って、直接顧客に販売する方法を選ぶ、

そういった工場がファクトリーブランドとして立ち上げる、というパターンもあるでしょう。

 

すべてのファクトリーブランドに当てはまるパターンかは定かではないですが、

簡単に言えばこんな所じゃないでしょうか。

 

 

さて、《工場は工場でいろよ》といった声をあげられる方が存在することは既に書きましたが、

そういったことを言われる方は、工場に対して十分な仕事と利益を与えることができるのでしょうか。
また、できているのでしょうか?

 

年間の仕事は必ず確保するから、専属工場としてやってほしい。
年間生産数は〇〇万本出すから加工費を〇〇くらいで検討してほしい。

 

といったことを言われていた工場もたくさんあると思いますし、それもつい数年前までのことです。

 

今は状況が一変しています。

 

そんな環境の中で、川上の職人を抱える工場に対して、今までを維持しろということほどナンセンスなことは無いように思います。

 

あくまでこれは、工場目線からの内容で書いていますので、立場が違って不快に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、
これが現実です。

 

なんとなくやっているようなファクトリーブランドも存在するでしょう。

お互い様の部分もあると思いますが、

少なくとも、他人が他人を縛るような仕事や付き合いは、バランスが悪くなるんじゃないでしょうか。

 

 

どんな理由にせよ、想いをもって始めたファクトリーブランドも険しい道を歩いていかなければなりません。

 

その一つが販路。

モノを作ったはいいがどこで売るのか、誰に売るのか、どうやって売るのか。

確かに、web販売やSNSでの発信で行動を起こすことが可能になったとはいえ、ただやっているだけではもちろん売れることはありません。

ブランドを作っただけでは、また商品を作っただけでは意味が無いのです。

 

それに躓いてブランドを辞めるくらいなら、それこそ片手間に初めてみるくらいならやるなと言われても言い返せないとは思います

 

 

私も工場で仕事をしながら2015年にブランドを作りました。

 

それこそ最初は上手くいかなかったですし、今も模索中なことに変わりはありません。

 

立ち上げから3年を超え、なんとかお客様にも支持を頂けるようになってきましたが、辞めたいと思ったことは何度もありました。

 

今やっている苦労はいつまで続くのか不安になることは多々あります。

しかし、考え方次第で、今やっているのは【苦労】ではなく【努力】なんだと思えば、まだまだやっていけそうな気がします。

 

継続して挑戦する工場はみんな成功してくれたらいいなと願っていますし、そんな仲間がたくさん集まればもっと力が発揮できると思えてなりません。

 

/* ループ開始 */
 

本日紹介するのは、店頭販売でも一番人気になっている、SHAKUNONEロゴ柄の淡紺です。


ロゴ柄のコンセプトは「深みのある二段階」

一般的に柄物のネクタイは配色をします。

例えばDOT柄であれば紺色に白と赤のDOTという感じですかね。

せっかく柄を入れるんだから、無地っぽくならないように色を足すんです。

ですが、SHAKUNONEロゴシリーズは配色をしていません。

柄物でありながら、土台となる色とロゴ色を同系色で仕上げていますので、遠目で見たら一見無地に見えます。

ところが、ご挨拶や名刺交換などができるくらいになると、相手から柄が見えるようになってきます。

「派手さではなく、静かに迫力を演出できるようなネクタイがほしい」
そんなお客様からの声がこのネクタイを完成させました。

柄のはっきりしたネクタイももちろん素晴らしいです。

そんな中でも、シンプルかつ深さを求められているお客様にマッチするようなネクタイを送り出したいという想いを形にしたのがこのネクタイなんです。

...23456...1020...