blog ブログ

 

誕生日や記念日にパートナーへ贈るプレゼントとしてだけでなく、就職祝いや昇進祝いなどでも選ばれることの多い人気のアイテムがネクタイですが、様々な記事を読んでいると、特に女性から男性へネクタイをプレゼントする際に「その意味について注意しなければならない」といった内容のコトが書いてあるものに出会うこともしばしばあります。

今日は、ネクタイのプロが、その意味について説明をしていきたいと思います。

プレゼントの定番「ネクタイ」を贈る意味はなんだ?

女性から男性に対してのネクタイのプレゼントの意味としてよく聞くのは、

「あなたに首ったけ」
「束縛したい」

といったことです。
おそらく、《ネクタイ=首に巻くもの》ということから、そういったイメージが付いたのでしょう。
はじめてネクタイを選ぼうと考えている方が、ココだけを切り取って知ってしまうと〈重い〉イメージを持ってしまっても仕方がないかもしれません。ですが、実はそんなことはないんです。

女性が男性にネクタイ贈るということは、ステキな願い事だ。

ネクタイの発祥に関しては諸説ありますが、一番濃厚な説としては、約400年前に、戦地に向かう家族の無事を祈って首に巻いたスカーフが起源とされています。それが、時代と共に形を変え、スーツに合わせるアクセサリーとなったんです。

当時はいわゆる「お守り」のようなものだったのかもしれません。
そこにある根本的な意味は単純明快。

【大切な人のことを想う】ということです。

そして前提として〈プレゼント〉とは、【大切な人を想う】からこそするものであり、
相手にマイナスのイメージを与えるようなものではありません。

確かに、もし花束を貰う機会があって、その花の種類が「菊の花」だったら、
直接的に葬儀のイメージを連想する方も多く、よろしくない場合もあるかもしれませんが、

ネクタイを貰った男性が、

『あ、この人、俺の事を束縛したいと思ってるな』とか、
『俺に首ったけなんだな。ムフフ。』と思うことはまずありません。

あったとしたら、それはちょっと・・・と思います。

特に、よくネクタイをつける人へは、ネクタイのプレゼントは喜ばれるプレゼントのひとつです。
そして、男性のネクタイ選びは、比較的偏った傾向があり、
例えば、定番の紺色しか持ってない人や、同じ柄しか持っていない人も少なくありません。

ワンパターンになってしまう男性のネクタイ選びに女性の感性を取り入れて、
新しいレパートリーを増やしてあげるような気持ちでプレゼントすることは、むしろオススメです。

私がお話したお客様の中に、『いつも紺色ストライプのネクタイしかしない』方がいらっしゃいました。
ですが、部署移動の際に〈ワイン色のネクタイ〉をプレゼントとして受け取ってから、いろんな色のネクタイに挑戦できるようになったと言われているお客様もおられます。

正直、こう書いてはいますが、

意味についてネガティブに考える必要はありません。

もちろん、相手の方のお仕事や立場、環境や印象に配慮する必要はありますが、
意味の部分で引っかかることは全くないと私は考えています。

特に、以前に比べてネクタイを結ぶ機会が少ない社会になってきました。
そうなると、意外と〈ここぞ〉という時に結ぶネクタイを持っていない男性もいらっしゃいます。※そういった方の相談を何度も受けてきました。

だからこそ、是非自信を持ってネクタイをプレゼントしてあげてください。

きっと喜んでいただけると思います。

 

 

ご自身の特別な一本を選びたい方。
大切な人を想って選びたい方。

是非一度覗いてみてください。

⇒ネクタイをプレゼントにご検討の方はコチラ

ネクタイブランドSHAKUNONE’の公式webサイト、SNS等のチェック&フォローを是非お願いいたします。

公式Webサイト~ ~InstagramTwitterFacebook

 

SHAKUNONEシルクニットタイのリリースについて

たいへんお待たせをいたしました。

たくさんの方からお問い合わせ、ご要望をいただいておりましたニットタイが完成しました。

詳細は下記からご確認ください。

https://shop.shakunone.com/products/list?category_id=41

 

ワイヤー不使用でもへこまない超立体設計のスポーツマスクSUEL(スエル)

2020年11月14日にオリジナルスポーツマスク『SUEL(スエル)』を販売開始します。

 

『SUEL』は一見すると一般的なマスクと同じような見た目ですが、呼吸時に布が吸い付きにくい独自の立体設計をしています。吸い付きを軽減させたり、フィット感を高めるためにワイヤーを入れたりするものも多いですが、『SUEL』はワイヤーを使わず、独自の立体設計と縫製方法だけで空間保持力を高めた製品です。

部活やジム通いをしたいけど、普通のマスクでは苦しくて「集中できない」「パフォーマンスが発揮できない」という方々にお届けします。

口元がヘコみにくいスポーツマスク『SUEL(スエル)』

詳しくはリンクをタップ。

 

  

「スポーツ用のマスクを作ってほしい」というお客様の声に応える形で、開発までに3ヶ月をかけ、完成したスポーツ用マスクです。

へこむことが多い世の中で、少しでも上を向いて過ごせる日常が過ごせますように。

 

 

株式会社笏本縫製(所在地:岡山県津山市)は、剣道用の面マスク「KEN-to-01(ケントゼロイチ)」の販売を開始しました。

多くの剣道家の方々からのお問い合わせやご注文を頂きまして、1カ月で2,000枚の販売数を突破し、継続生産を決定いたしました。

本製品は通常の立体マスク構造を改良し、テントを張るように下方にスペースを作る構造は世界初(※当社調べ)となりますが、本製品に関しては、実用新案や意匠登録、特許等は申請していません。このアイディアをオープンソースとすることで、「剣道がしたい」という想いに寄り添いたいと考えています。

 

詳しくはコチラから↓↓↓

【剣道用の面マスク】KEN-to-01(ケントゼロイチ)

YouTubeでも着用方法、通常のマスクとの比較レビューをして頂いております。

参考にしてみてください。

 

※おおよそ2分で読める内容にしています。

こんにちは。
縫製工場の三代目、シャクモトタツヒロです。

0251 - コピー

私は10年前、

「家業を未来に残す仕事にしたい」

という想いでアトツギの決意をしました。

「お客様に近いところで仕事すること」
そんな当たり前のことすら出来ていなかった僕たちですが、ブランドへの挑戦を通して多くの方に支えて頂き、今まで遠かったお客様との距離を無くすことができたし、自分たちも成長することができました。

そして2020年2月。

僕たちのネクタイブランドSHAKUNONE(シャクノネ)は、
THE SUIT COMPANYとのコラボレーション企画により、夢の1つだった【全国展開】を実現させます。

画像1

・シンプルかつ深みのある「Design & Color」
・裏地の桜柄がさりげなくアクセントを出す新製法の「スエヒロ」
・西陣シルクが織り成す「光沢と品格」

、手に取って頂きたい商品に仕上げました。

画像2

※商品は一例です

実は、私たちがこうして全国の皆様に商品をお届けできる機会は滅多とあるものではありません。

だからこそこの機会に、
1人でも多くの方にSHAKUNONE'(シャクノネ)を知って頂き、
手に取って欲しい。

お近くにTHE SUIT COMPANYの店舗がございます方は是非とも足を運んでご覧頂き、触れてみてください。※店舗検索

そして、もう一つお願いがあります

このことを一人でも多くの方に知っていただき見て触れて頂く機会を作るために、この投稿を【共有】【シェア】してくださいませんでしょうか?

新しい可能性の芽に期待してくださったTHE SUIT COMPANYさん。
ずっとファンでいてくださったお客様をはじめ、今まで支えてくださった多くの方々の期待に応えるためにも、

目標は【完売】です!

今一度、お力をお貸しください。心より、お願い致します。

Instagramのフォローを是非お願いいたします。
また、当コーポレートサイトとは別にコンテンツサイトを立ち上げました。
もしよろしければ覗いてみてください。→コチラ