blog ブログ

2018年12月7日
 

私は漫画が大好きです。

妻も漫画好きです。

 

文庫本はあまり読まず、どちらかというと「絵」がある方が好きなんです。
(情景が絵で表現されているのでわかりやすい)

 

最近はレンタルや電子書籍なども多いようですが、紙媒体として発行されるものを読む方が好きですね。

理由は、本棚に並べている時の「今日は何を読もうかな?」というワクワク感と、揃えているなという充実感。

これは、何にも代えがたい自己満足です。

 

また、「めくる」という作業も嫌いではありません。

確かに、電子書籍の「スワイプ」を使えば便利極まりないと思いますし、場所も取らないからスペースの効率化にもなるでしょう。

ですが、面倒な作業でも、1ページ1ページ「めくる」作業が『本』の醍醐味だと言えるのではないでしょうか。

 

さて、私は小さな町工場の3代目として生きています。

期待もいただいているのかもしれませんが、押し潰されそうな不安の中で生活をしています。
まだまだ誰かに何かを与えられるような経営は出来ていませんが・・・

 

こうありたい!こういうチームとして会社を作っていきたい!ということを感じさせてくれた漫画を3つご紹介させていただきたいと思います。

※かなり個人的な感想が入るのでご容赦ください。
※ネタバレにはならないように注意します。
※昭和62年生まれの31歳現在で書いているブログなので最新作ではないこともありますのでご容赦ください。

 

・その1

『弱虫ペダル』

週刊少年チャンピオンで連載中のロードバイクを使用した自転車競技を題材にした高校部活物語です。

熱血感もあるのですが、個性あふれるチームメイトや嫌いになりきれないライバルチームの人間模様や、各選手の成長や抱えているストーリー性が心を打ちます。

その中でも主人公「小野田坂道」は自分にもまた社員にも通じるモノがあるのではないかと思っています。

・ポイント 【得意分野を活かして活躍する】
社長もスタッフも得意なこともあれば苦手なこともあります。スタッフより社長の方がすべてにおいて優れているということはまずもってないですし、あったとしても稀なケースでしょう。
個々がレース中に役割をもって、得意分野を活かしてチームを前に前進させる。
その中で仲間を信じて、託して、預けて、全力で1番を取りに行く姿には心を打たれます。

社長は決定権や資金面に関して力を持っていて、トップです。

そんなことは無いと言ってみても、どこかにワンマン気質を持っていることは当然のことなのだと思っています。
弱虫ペダルは持てる力を最大限に活かして、1つの共通する目標に対して突っ走る様子が描かれた、素晴らしい作品だと感じます。涙無くして読めない作品ですよ。

 

・その2

『家庭教師ヒットマンREBORN!』

2012年に既に完結している作品ですが、週刊少年ジャンプで掲載されていたバトル系漫画です。
最初の数巻はギャグっぽいテイストですから、う~ん・・・ という感じは否めませんが、挫けずに読み進めていけば、7巻くらいからバトル系に一気に変わってきます。

・ポイント

オールフォアワン・ワンフォアオールがすごくわかる。
少年系漫画は結構このテイストで書かれることは多いかと思いますが、これは組織間闘争を含めた主人公と仲間たちの成長や支えてくれる人たちの想いが伝わる名作だと思います。

主人公はダメダメ中学生の少年。マフィアの血筋ということから、意に反して10代目のボスとしてまつり上げられつつ、ユニークな仲間と、ユニークな敵キャラとの戦いを繰り広げます。

ダメダメな感じな主人公ですが、10代目のボスとして信じて仲間支え続ける⇒最後はボスがフィニッシュブロー!!

結構あるあるな流れで、わかりきった結末なんですが心打たれてしまうのは私だけでしょうか。

一人を信じてそれに応える、みんなの為に敵いもしないような相手にぶつかっていっていきつつ、成長をしていく。

この様は会社組織に置き換えた時に通じるものがあるのではないかと思うのです。

 

 

・その3

『ワンピース』

週刊少年ジャンプで連載中の誰でも知っている国民的漫画ではないでしょうか。

めちゃくちゃ簡単に説明したら、

海賊王を夢見る主人公とその仲間たちが冒険をしていく夢と冒険の物語です。

一味の人数だけ見れば10人そこそこで、登場する海賊団の中では極小の海賊団です。

大海賊団とかになると人数すらわかりません。

そんな小さな海賊団が大海原に出て戦いながら成長し夢を叶えるのがワンピースです。

・ポイント

麦わら海賊団は、小さいながらにも個々に戦う力と能力があり、それぞれに意思を持って戦っいます。

そして、強敵がひしめく海に出て堂々と戦っています。

その生きざまに共感共鳴する周りが自然と仲間になり後押しをして、敵うわけもないような敵に立ち向かっていきます。

たかが10人ほどの小さな海賊団が躍進していく。

まさに、中小零細企業が世の中という大海原に出て荒波の中戦う姿に似ていませんか?

 

主人公を含めた仲間たちすべてに戦う理由があって、夢や目標を持ち、生き様や行動に共鳴する第三者だったはずの仲間を巻き込んでいく。

そしてその仲間たちを絶対に裏切らない。

大海原に出てみると、右も左もわからない、どっちに進んでいいかわからない。

だから、素直に頼って手助けしてもらわなければ前には進んでいけません。

そして戦い成長し新たな物語に突入していく。

 

会社も同じなんじゃないでしょうか。

たしかに私たちはビヨーンと伸びたり体から火が出たりはしませんが、それぞれに得意分野があって、想いがあって・・・
そんな仲間が集まっているのが会社です。

大きな障害や、敵いもしない相手もいるかもしれませんが、仲間を信じて堂々と戦い、成長していく様はまるで中小零細企業そのものだと私は感じています。

 

現実世界には目を背けたくなるようなことも、立ち向かいたくないような人も、どうにもできないような問題もたくさんあります。

現実逃避をしてほしいとか、逃げたいとかではなく、心動かされるような事が描かれているものとして、ビジョンが見えるビジネス書として、読んでみるのもいいですよ。

 

 

小さな町工場の職人の書いた内容ですし、たくさんの方に共感していただけるかはわかりませんが、わかると言ってくださる方もきっといるんじゃないかと思います。

 

オススメ漫画とか、読むべき物なんかあれば是非教えてください。

 

ネクタイを作りながら、読ませていただきます(笑

 

よろしければこんな漫画好きな私の作ったネクタイをご覧いただければ幸いです。

※漫画に影響された人間ですが、漫画っぽいようなネクタイではなくて、何処に出しても恥ずかしくないネクタイをお仕立てさせていただいています。

私たちの送り出すブランドは大切な人への大切なプレゼントに、そして、男性が自分絵のギフトとして選んでいただけるようなネクタイをお仕立てしています。

是非一度、商品もご覧になってみてください。

Yahoo店   BASE店

フォローいただけますと幸いです。

Instagram フォローいただけますと幸いです。

 

 

 

 

 

先日、広島グリーンアリーナで5分間という短い時間ではありますが、大勢の前でスピーチさせていただく機会を頂きました。

広島グリーンアリーナと言えば、有名アーティストがライブをしたりするような大きなアリーナですし、私自身2度程行ったことがあります。

 

まさかこんな機会を頂けるなんて夢にも思いませんでしたが、背中を押してくださった先輩方や、支えてくださった仲間には感謝です。

16:30以降の出番ということでしたが、9:00くらいには広島入りをして式典に参加したり、ブースで商品を紹介したり、全国の若手経営者の皆さんと交流をしたりと、慌ただしく過ごしていましたが、時間が迫るにつれて緊張がMaxになってきました。

たかが5分ですが、一生に内に、数千人が自分の話を黙って聞いてくださるような機会は滅多とあるものではありません。

 

12社中の8番目の順番で素晴らしい発表が続いていく中、とうとう順番が回ってきました。

 

立ち上がって、壇上に行く途中で、開場の奥の方から大きな声で声援を頂きました。

地元の先輩方の声援です。

聞き覚えのある声が勇気をくれるっていうのは本当にありますね。

そこから、1つスライドを飛ばしてしまった記憶はありますが、覚えていません。

気付いたら、壇上で最後の礼をしていました。

あっという間の時間。

 

5:00の持ち時間を過ぎると、強制的にマイクの音量が下げられるシステムだったようですが、見事に4:59のドンピシャゴールだったみたいで安心しました。

 

最後の礼をした後にいただいた、大きな拍手は忘れませんね。

 

その後はPRブースでの挨拶や、交流、名刺交換など多くの方におこしいただいて、大盛況でした。

 

後から聞いた話ですが、私がスピーチしている途中からしばらくは、弊社webサイトが接続できないほどのアクセスを頂いていたようです。

 

本当にいい経験が出来ました。

 

数年前の自分では考えられないような姿です。

下請け仕事しかできない、道具としてしか見られていないと、腐っていた時期が恥ずかしく思うくらい、色々な挑戦が出来ています。

 

出る杭は打たれるのでしょうか。

でも、使われない杭は、まったく役目を果たさずに箱の中にしまわれているだけではないですか?

だったら私は挑戦することで成長していきたいと考えます。

 

時の流れには逆らえません。

でも、来年、10年先、100年先に私たちの声が届くように。

 

何かにしがみついてでも、何あを残さなければ何も生まれない。

 

今この時、この人たちと、この想いを共有する。

 

ちいさな町工場の挑戦はまだまだ続きます。

 

以下、スピーチさせていただいた内容をブログ用にアップさせていただきます。

是非おみください。

 

*******************************************************

 

弊社、株式会社笏本縫製は、「魔法使い」との異名を持つほど高い技術を持ち、底抜けにお人好しな私の祖母が立ち上げた創業半世紀の小さな縫製工場です。

 

普段は誰もが知っているようなブランドのネクタイを下請けとしてお仕立てしています。

 

ですが激変していく環境の中で、私はこのような想いを抱くようになりました。

 

環境を作り、価値を高め、もっと魅力を届けていきたい。

 

この願いを込めて立ち上げたのが、

先程検索していただいた、ネクタイブランドSHAKUNONEです。

 

私自身が、圧倒的個性やセンスを持っているわけではありません。

だからこそ、地道にお客様の声に応えながら作るネクタイには、シンプルな中にも存在感を演出するこだわりと、語りたくなるような魅力を込めています。

国産絹織物を使用し、ハンドメイドで大切に仕立てたネクタイは、しなやかな結び心地と品格を感じることができます。

 

「静かな迫力を感じる」

それがSHAKUNONEのブランドコンセプトです。

 

とはいえ最初は、田舎の小さな工場から送り出すブランドが本当に世の中に認めていただけるのかと、自分自身不安だらけでしたし、上手くいくわけがないと馬鹿にもされました。

 

ですが、地道な挑戦から生み出したネクタイは思わぬ反響を生んだんです。

 

プロモーションの一環として行った「クラウドファンディング」では、

2回の挑戦で、合計300万円近くの支持を全国からいただきました。

それをキッカケにメディアでも紹介もされ、

ブランド発足から3年で有名百貨店での販売のチャンスも頂きました。

そこでは、このような声をたくさんいただきました。

結果的に、国内外の名だたる有名なブランドを抑えて、無名だったはずのSHAKUNONEが、

ブランド別売上で、1位になったんです。

海外のお客様にも多く手に取って頂けるようになりました。

 

無我夢中で生み出したブランドではありましたが、

こうして、自分たちの仕事は伝えることができるんだと実感できた時には、

祖母から母へ、そして私へと繋いできた想いが実ったような喜びを感じました。

 

こうして挑戦をしていますが、まだまだ小さなブランドです。

失敗も多いですし、正直怖いことだらけです。

ですが仲間に支えられて、今の私は存在しています。

 

 

 

ネクタイが苦手な方も居ると思いますが、

初めてネクタイを結んだ時に感じた、

『大人になったような感覚』や『背筋が伸びるような気持ち』は原点であり本質だと思っています。

 

着用の義務から解放されたからこそ、結ぶ時は特別なモノをしてほしい。

 

私たちは常にお客様の声を聞きます。

そして、静かに、男を魅力的に印象付ける最高のパートナーになります。

 

皆様がネクタイを選ぶ際には、是非SHAKUNONEをお選び頂き、

語り部として発信していただけますと幸いです。

 

小さな工場からでも全国に、また世界に向けて発信できるということを証明することが、

今まで支えてくださった方々へ、またこれから関わってくださるすべての方への恩返しだと信じて挑戦を続けていきます。

以上

 

是非SNSフォローなどもよろしくお願いします。

2018年10月18日
 

文字通り、工場発ブランドだと言っていいでしょう。

メーカーやブランドが生産を委託している工場(ファクトリー)が、自らが商品をオリジナル商品開発・販売をするブランドがファクトリーブランドです。

 

企画や販売のやプロデュースの能力は必須になりますが、モノづくりの能力としては非常に高いのが特徴です。

 

一般的には、中間業者を通さない直販価格でコスパが良いとされることも特徴と言えるでしょう。

 

 

さて、ファクトリーブランドが世の中に出てきたのは、ここ数年が際立って多いように感じます。

 

アパレル業界に長く居る人の一部からは、

「工場側(川上)の人間が前に(川下)に出てくるんじゃなくて、今までの業務を突き詰めてやっていけよ」

と言われることもあるようです。

 

今まで工場を《使ってやっていた》というスタンスで考えていた人からすれば、
調子に乗るんじゃないぞ!という感情なのでしょうか。

 

近年でファクトリーブランドが多く出てきた背景には、簡単に3つの理由があると思います。

 

①情報発信の自由

HPを持っているコトなんて当たり前。またInstagram、Twitter、FacebookなどのSNSを使えば、自由に発信していくことができます。

今まで商品を作ったり、販売をしたくてもできなかったのが、オンラインショップだったりSNSを活用することで可能になりました。

上手く発信するとか、売れるというのは別の問題ですが。

②工場の独立化欲求

一般的に下請け工場は表舞台とは縁遠い存在で、さらに発注側に様々な面で影響を受けることが多く、不自由なモノづくりをしているケースが多いのではないかと思います。③にもかかってきますが、ファストファッションの台頭や、海外生産へのシフトを含めた国内生産の環境の変化に対して、工場はとても不利で弱い立場に立ってしまいがちです。

侵されることの無い、独立した柱を立てたいと考えるのは不思議なことではないかと思います。

③利益率、仕事量の減少

先に書いた②のように、不利な立場に立たされがちな工場は、年々上がってくるコストに対応するべく効率化を常に図っています。
ですが、モノの流れは変わってきていて、今までは年間通してあった物量も減少しています。
それでも加工単価は上がることを知らず、利益が確保できなくなってきています。

年間生産数量に対して決定していた加工に対する費用も、仕事量が減ってしまえば上げざるを得ません。が上がらない。
負の連鎖から脱出を図って、直接顧客に販売する方法を選ぶ、

そういった工場がファクトリーブランドとして立ち上げる、というパターンもあるでしょう。

 

すべてのファクトリーブランドに当てはまるパターンかは定かではないですが、

簡単に言えばこんな所じゃないでしょうか。

 

 

さて、《工場は工場でいろよ》といった声をあげられる方が存在することは既に書きましたが、

そういったことを言われる方は、工場に対して十分な仕事と利益を与えることができるのでしょうか。
また、できているのでしょうか?

 

年間の仕事は必ず確保するから、専属工場としてやってほしい。
年間生産数は〇〇万本出すから加工費を〇〇くらいで検討してほしい。

 

といったことを言われていた工場もたくさんあると思いますし、それもつい数年前までのことです。

 

今は状況が一変しています。

 

そんな環境の中で、川上の職人を抱える工場に対して、今までを維持しろということほどナンセンスなことは無いように思います。

 

あくまでこれは、工場目線からの内容で書いていますので、立場が違って不快に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、
これが現実です。

 

なんとなくやっているようなファクトリーブランドも存在するでしょう。

お互い様の部分もあると思いますが、

少なくとも、他人が他人を縛るような仕事や付き合いは、バランスが悪くなるんじゃないでしょうか。

 

 

どんな理由にせよ、想いをもって始めたファクトリーブランドも険しい道を歩いていかなければなりません。

 

その一つが販路。

モノを作ったはいいがどこで売るのか、誰に売るのか、どうやって売るのか。

確かに、web販売やSNSでの発信で行動を起こすことが可能になったとはいえ、ただやっているだけではもちろん売れることはありません。

ブランドを作っただけでは、また商品を作っただけでは意味が無いのです。

 

それに躓いてブランドを辞めるくらいなら、それこそ片手間に初めてみるくらいならやるなと言われても言い返せないとは思います

 

 

私も工場で仕事をしながら2015年にブランドを作りました。

 

それこそ最初は上手くいかなかったですし、今も模索中なことに変わりはありません。

 

立ち上げから3年を超え、なんとかお客様にも支持を頂けるようになってきましたが、辞めたいと思ったことは何度もありました。

 

今やっている苦労はいつまで続くのか不安になることは多々あります。

しかし、考え方次第で、今やっているのは【苦労】ではなく【努力】なんだと思えば、まだまだやっていけそうな気がします。

 

継続して挑戦する工場はみんな成功してくれたらいいなと願っていますし、そんな仲間がたくさん集まればもっと力が発揮できると思えてなりません。

 

 

ネクタイブランドと言っても数多くのブランドがあり、商品数も豊富にあります。

無難なものから個性的なものまでバリエーションも様々です。

 

たくさんある中の一つのブランドに弊社のブランドSHAKUNONEはあります。
商品展開は大手のブランドのように多くはないですが、丁寧な仕立てと雑味の無いデザインは高い評価を頂き、ブランド立ち上げから数年で都市部の有名店からの出展依頼なども来るなど、伸びているブランドになることが出来ました。

私たちは素材をカタチにする職人です。
レストランで言うところの‘シェフ‘です。

ただトレンドだけを追いかけるブランドではない、変わらず、そのままの魅力を引き立てるブランドでありたいと思っています。

料理を作るシェフと同じように《素材》《仕立て》のこだわりを考えて、そこに《エッセンス》を加えてネクタイを仕上げていきます。

 

ここでいう《エッセンス》というのは【お客様のリアルな思考、声】です。

 

どんなネクタイメーカーさんも基本は店頭に立つことはありません。

商品を送り出していく際に、使用してくださるユーザーの皆様の試行を置き去りにしたネクタイを作り続けることに意味は無いと思い、職人自らが店頭に立ちお客様の声をお聞きしています。

お仕立てした商品を店頭に並べて、店舗販売員さんに販売を任せっきりにしてしまうとどうしても間接的になってしまう為リアルな声は聞こえてこないのです。

 

非効率なことかもしれません。

ですが、皆様の声の一つ一つがブランドを創っていきます。

たくさんの人が関われば関わるほどフィルターがかかっていきます。
それを少しでも無くして自分自身で感じていきたい。

非効率が生む価値を商品に直接的に反映させていくことができることが、
SHAKUNONEの最大の特徴です。

 

昔とは違い着用の義務から解放されて自由になったネクタイは、
「仕事だから」という理由ではなく「自身の魅力を引き立てるオシャレ」として意思を持って身に着けるアクセサリーとなりました。

自身のこだわりを持って「ネクタイを締める」ということは、新しい価値を生み「差別化」をすることができます。

 

今まで繊維製品であるネクタイはアパレルのカテゴリーとして考えられてきました。
それが間違っていたというわけではありません。

スーツにシャツにネクタイに・・・

トータルリリースをしているブランドは一つのコンセプトに基づいてテイストを合わせた商品を提供していくことが普通です。
ですが、頭の先から足の先まで統一ブランドで染めている人は意外と少なくて、
ファッション誌などを見ても、

スーツは〇〇、
シャツは〇〇、
靴は〇〇、
ネクタイは〇〇、といったように、ブランド統一ではなく、テイスト合わせたスタイリングになっています。

 

とりわけ、ビジネスにおける服装は相手へ敬意を表し、信頼感を与える為のものという面があるため、圧倒的個性というのは表現しないものが多いです。

セットアップのスーツは上下のブランドは揃っていますが、
ネクタイやシャツまで同ブランドというケースはまれなように思います。

そういった意味で、比較的当たり前のようにネクタイは単独としてブランド価値を保っていると言っても良いのかもしれません。

時代は移り変わって、着用の義務から解放されたネクタイは、新しい価値を生み出そうとしています。

アパレルのカテゴリーから抜け出し、感覚としてはジュエリーに近い感じかもしれません。

身に着ける方は身に着けますし、不必要な方は使用しません。

自信を魅力的に演出するためのアイテムとして位置づけられるのであれば、そういった一面があることを知っていても良いのではないでしょうか。

 

もしかすると、ネクタイは紳士服洋品店ではなく、ジュエリーショップで販売するような日が来るかもしれません。
というより、それに挑戦していくことも悪くないと自分自身が思っています。

 

たくさんのブランドがある中で、私たちは圧倒的個性ではなく、生のエッセンスを加えこだわりと深みを生み出しながら、どんなテイストにも染まることのできる普遍的なネクタイブランドとして成長していきたいと思っています。

 

 

テレビ番組「アナザースカイ」で、イタリアのフィレンツェに修行に行き、靴職人となった花田優一氏が紹介されていました。

昨年に引き続き一年半ぶりの登場の回(2018/8/24)を観ました。

 

昨年と今年で彼も大きく変わり、私も大きく変わったので、ネクタイ職人として日本で活動している私から見た、「靴職人花田優一氏」について書きたいと思います。

※昨年同番組に出演した際に書いたブログはコチラからご参照ください。
https://shakumoto.co.jp/228/

 

七光りだ、親の力だ、金持ちの所業だという声もチラホラ見えますが、
本当にそうでしょうか?

もし彼と似た状況で、同じことができますか?

 

偉大な父を持ちつつ、私たちにはわからないような重圧と闘いながら道を拓いていっているように私は感じます。

 

ピッティに出ることだって、確かに資金がある程度ないと挑戦だってできないことは事実かと思いますが、そこアデノ行動を起こせることは、シンプルにスゴイと思います。

 

彼のような靴職人、私のようなネクタイ職人、その他多くの職人達は、表舞台に出ることが無くスポットライトを浴びるようなことも今までは無かったし、多くの職人と言われる人たちは今でもそうです。

 

司会の今田耕司さんが、

「俳優に転向、なんて報道も見たけど?」という質問を投げかけておられました。

こうすると、

「職人という仕事を知っていただく機会になればと思い挑戦した」と話しておられました。

 

縁の下の力持ちや黒子のような「目立たない美学」もカッコイイと思う一面もありますが、
こうして、認知してもらえるような積極的な活動が出来ることは素晴らしいと思います。

 

彼という存在が魅力的になればなるほどに、作られる靴も魅力的になっていく。
そういった価値を高めていっている人として素直にスゴイと思いますね。

 

彼のようにチャンスを掴んで表舞台に立って活躍している職人は数えるほどしかいません。
ですが、想いを持って真っ直ぐ日々研鑽している職人はたくさんいます。

 

アイテムは違えど、同じメンズファッションに関わる一人の人間として、挑戦する気持ちを持ち続けて、前に進んでいくことが大切な事だと改めて気づかされました。

 

私たちの送り出すブランドは大切な人への大切なプレゼントに、そして、男性が自分絵のギフトとして選んでいただけるようなネクタイをお仕立てしています。

是非一度、商品もご覧になってみてください。

Yahoo店   BASE店

フォローいただけますと幸いです。

Instagram フォローいただけますと幸いです。

 

 

...23456...