blog ブログ

 

ネクタイをプレゼントに選ぶときに、「どんなブランドを選んだら良いのか?」と悩んだことはないでしょうか?

ネクタイと言ってもいろんなブランドがあって、何を選べばよいのか意外と悩むものです。

特に女性から男性にプレゼントする際は、

「自分では使わないし、わからない」そんな悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。

覚えておきたいのは、
男性が喜ぶものは、ネクタイに限らず『さりげないこだわり』を感じるモノだ。ということです。

ネクタイは、身に着けている男性の魅力や印象を決めるともいわれるものです。
そこに必要とされているのは、決して派手さや奇抜さではなく、風格にも似たある種のステータスのようなものと言ってもいいでしょう。

もちろん有名なブランドも良いでしょうが、
今回は、そういった『こだわり』を感じることができるネクタイ専門ブランドSHAKUNONE'(しゃくのね)を紹介します。※クリックで公式ウェブサイトへ

SHAKUNONE’は、元々田舎の小さな縫製工場から生まれたブランドです。
岡山県津山市に拠点を置きながら、その高い技術と信頼は厚く、誰もが知っている有名ブランドの商品を仕立てる工場でした。

そのSHAKUNONE’最大の特徴は、シンプルな中にも深みと風格があるデザインと長年の技術から仕立てられたディティールです。

素材は国内で厳選したシルクの生地を使用しており、その光沢しなやかさは結び手である男性の気持ちを高めると共に、
第三者から見た印象も美しく、華のある印象を与えます。

生地と仕立てのバランスにこだわりっており、細部にまで気を配り、ネクタイ本来の魅力を最大限に引き出す仕立ては、
結び心地も良く、最高の一本だと言えます。

知る人ぞ知るブランドでしたが、
近年、その注目度は上がっており、都市部の有名百貨店での展開でも大きな反響を呼んでいます。

しかし、その展開は限られた期間、またオンラインショップが中心になっており、希少性が高いブランドとも言われています。

ブランドを立ち上げたマネージャーのシャクモトタツヒロは、同社の三代目として、職人でありながら販売の最前線にも立ってきました。

職人自らが販売の最前線に立つことで顧客のリアルな声を聞き、得た情報をキュレーションしてダイレクトに商品に反映させていることも、
時代とトレンドを融合させたリアリズムのある商品作りができている要因だろうと思います。

また、クラウドファンディングなどを通した商品リリースなども行っており、過去2度の実績は、
ネクタイに関するプロジェクトで、国内1位と2位の達成額と支援者数を集めたほどです。

実際に使用したユーザーからも、
・美しいノットとディンプルができる
・「いいネクタイだね」と話のキッカケになる
・「オシャレだし、カッコイイ」と周囲の評価も高い

と、たかがネクタイと思う方もいるかもしれないが、コアなファンも多いのです。

クールビスが広がり、ネクタイ自体はいくつか持っていても、『勝負ネクタイを持っていない男性』も実は結構います。

大切なシーンや、ここぞという場面で気持ちを高めると同時に気を引き締める役割を持つのがネクタイです。

服装に無頓着な方でも、そういったメリハリをつけることで、印象は大きく変わるものです。

だからこそ、誕生日や記念日などのお祝いの時には大切な人を想って『勝負ネクタイ』をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

さらに、女性顧客が多いのも特徴の一つです。
プレゼントにする場合も、オリジナルボックスなどの用意もあるので最適な選択になるのではないでしょうか。

家族のために、そして自分の誇りをかけて『仕事』で戦っている男性に、想いを込めて贈るネクタイとして、SHAKUNONE’は最適です。
ご検討の参考にしていただければ幸いです。

公式Webサイトはコチラ
Instagram~  ~Twitter~  ~Facebook

 

田舎の小さなネクタイ縫製工場からブランディング挑戦を続けています、
笏本(しゃくもと)達宏と申します。

・誰が作ってるんだ?
・どんな人がを書いてるんだ?
・何か頼んでみようかな?

と興味の湧いた方がいらっしゃいましたら、まずこのプロフィールを一読頂けたらと思います。

~展開ブランド名【SHAKUNONE】~

ちなみに笏本という名字はどうも日本に20人くらいしか無いらしいので、出会っていただいた方は奇跡に近いのではないかと思いますので、是非覚えてください。

①僕のミッション

「挑戦し続けること」「価値を届けることで可能性を開く」ことで、
〈仕組みを変える〉ということがミッションだと思っています。

僕たちは吹けば飛ぶような地域にある小さな小さな存在(会社)です。
今までは力に屈することもあったし、典型的受注依存体質にズブズブと沈んでいって、内心諦めていることもありました。

だからこそ、僕が挑戦することで、そして道を開くことで生み出せるコトがあるし、僕たちが生み出すからこそ意味があることが信じています。そのことが、自分たちだけではなくて、同じような環境下にあってもがき苦しんでいる人や会社に変化を与えることだってあるんじゃないかと思うんです。

失敗も多いかもしれませんが、いくつもの挑戦を繰り返して、より良い〈仕組み〉を作っていけられたらと思っています。

②ブランドについて

私たちは創業から半世紀の間、下請け工場として仕事をしてきました。
その中で2015年に自分たちのネクタイブランドSHAKUNONE’を立ち上げ、今は大手とのコラボや有名百貨店、オンラインショップなどで展開をするようになりました。

とはいえ、まだまだ成功したとは言えませんし、ちょっと風穴が空いたかな?くらいのものです。
実際ここまで来るのにも色んな挑戦と失敗、自分で言うのも変ですが、苦労もしてきました。ぶっちゃけかなり圧力をかけられたり、理不尽な扱いさえされてきました。

だからこそ、まだまだ挑戦を続けることで成長する。お客様に魅力を提供する。その最大の価値であり武器がブランドです。

 

③ポリシー

挑戦を続けること。
これが最大のポリシーです。

今までの様々な挑戦をしてきましたし、応援もしていただきました。
その中で「できるわけない」「田舎物が通用するわけない」と指を刺されてバカにされたことさえありました。

ただ、
挑戦しないこと=現状維持ではない
挑戦しないこと=その瞬間から衰退

という強い思いを持っています。
だから、反社会勢力とか明らかに理不尽なことでなければ、
人の挑戦をバカにしませんし下にも見ません。

それは今までの経験でそうされてきたからこそ、自分は他者に対してしたくない。ただそれだけを思っています。

④ネクタイについて

仕事に行く時、大切な人へ贈る時、祝福の時、悲しみの時、ネクタイはいつも大切な人を想うところにあります。
だからこそ、時代や習慣もありますが、身に纏う人の魅力を引き立てるネクタイを大切に届けていきたい。僕はただそう考えています。

ネクタイづくりのプロであって、デザイナーやMDとかではありません。ただ、ブランド活動を始めてから今まで、誰よりもお客様と向き合ってきました。それは自分に知らないことが多すぎたからです。

理論とか理屈とかではなく、よりお客様目線で感じる感覚的部分を重視しています。

その目線や立場から、選び方や結び方を始めとする、ネクタイに関するアレコレをお届けしています。

⑤お仕事/取材などの依頼について

もちろん縫製の依頼がメインになりますが、こうして発信をさせていただいているとよく、

・ブランディングについて話してもらえませんか?
・クラウドファンディングやECのことを教えてもらえませんか?
・現場のリアルな現状を聞かせて頂けませんか?etc・・・

などと講演の依頼などを頂きます。
可能な限り対応はさせて頂きますし、むしろ僕で力になれることがあるなら是非ご依頼ください。ただ、これだけは知っておいてほしいです。

僕は講演やセミナーのプロではありません。
理論や理屈ではなく、今までの実体験を元にしたリアルなや方法、自分なりのコツなどを感覚的にお話させて頂くことしかできません。

なので、これはこういうものだとかこうするものだといったガッチリしたセミナーや登壇をご希望の方は多分合いません。
それよりも、同じ悩みを持っていて、共通の課題や問題を抱えている人や、よりリアルな話を聞きたいという方が良いのではないかと思います。

ということで、ザクッとしたプロフィールはこんな感じですので、必要な情報とかあれば随時更新していきますので、笏本達宏をよろしくお願い申し上げます。

下記にリンクを紹介しています。
日々の発信は公式ブログやSNSでも発信していますのでフォローして頂けますとと幸いです。

公式Webサイトはコチラ~ 

Instagram~  ~Twitter~  ~Facebook

オンラインショップはコチラを御覧ください。
Yahoo店~   ~BASE店~   

 

今、読んでくださっている方の多くは女性ではないかと勝手に推察しています。

自分でネクタイを締めることのない女性からすれば、男性へのプレゼントとしてのネクタイ選びは難しいものです。男性でも自分のものではないものを選ぶというのは意外と難しいでしょう。

どのブランドを?どんな柄を?どの色を?サイズは?

と様々なことを考えて、じゃあ検索してみよう!ってなっても、記事やサイトも色々あって、

結局どれやねん?とか、どれが正しい情報やねん?

となる方もいらっしゃるかもしれません。

ですので今回は、実際にネクタイを仕立てるプロの職人として、そして自らもブランドを発信している一人のクリエイターとして、今悩まれている皆さんに読んでいただきたい記事をピックアップしてお届けいたします。

知りたいであろう項目ごとにピックアップしていますので、下記のリンクからご覧ください。
今回は、自身で書いた内容もあり、また他の記事の中でわかりやすく書いてあるものも含めて最も読んでいただきたい記事を10個セレクトしています。

~①ネクタイの選び方「ブランド 編」~

~②ネクタイの選び方「色 編」~ ※前半に記載

~③ネクタイの選び方「柄デザイン 編」~ ※後半に記載

~④ネクタイの選び方「年齢別 編」~

~⑤ネクタイの選び方「サイズ 編」~

~⑥ネクタイの選び方「値段 編」~ ※中盤に記載

~⑦ネクタイの選び方「印象 編」~

~⑧ネクタイ「結び方 基本」~

~⑨ネクタイ「結び方 カッコよく見えるポイント」~

~⑩ネクタイプレゼント「意味」~

 



大切な人を想うことからすべては始まります。

自分の特別な一本に。
大切な人へのプレゼントとしてもお選びください。

~公式Webサイトはコチラ~

オンラインショップはコチラを御覧ください。
↓↓↓↓↓

Yahoo店   BASE店   Instagram フォローいただけますと幸いです。

 

ネクタイと言ってみても、デザインもブランドも山ほどあって悩みますよね。

しかもプレゼントにしようと考えている場合はなおさらです。

 

たくさんのネクタイに関わってきた立場として、ネクタイ選びに困った時良い着地点となるアドバイスができればと思っています。

 

まず、悩んでいる方の多くが、

①色   ②デザイン   ③ブランド

この3つのことで悩んでおられると思います。

その中で納得のいく一本に巡り会えるならそれにこしたことはないですが、
ゴールの見えないネクタイ選びになってしまっているようなら、

一本持っておけば間違いないな」「コレは定番の一本だな」と思うものが良いです。

じゃあそれは何なのか?それは、

ネイビーの無地ネクタイです。

コレを見て「紺の無地ネクタイって地味なのでは?」と感じた方もいらっしゃるかもしれませんが、
実際はそんな事はありません。

シンプルなスーツスタイルにシンプルなネクタイ。

この組み合わせは最も汎用性が高くて、品のある用に感じる鉄板チョイスです。

例えば、ネイビーやグレーのスーツにも合わせられますし、スーツ時代にストライプやチェックの柄があってもネクタイがシンプルであれば合わせやすく気にすることはありません。

シャツにしても、白無地をはじめ、薄ブルー・ピンク、ストライプ系と既に持っているシャツにもマッチングします。

さらに言えば、職業や役職によっても左右されない安定のものになるので安心して選べます。

とは言ってもネイビー無地も様々あります。

 

その中で選ぶならこのことを覚えておいてください。

①個性的な織柄のあるようなものではなく、シンプルな織りデザインのもの。

色合いは単色でも、織り方によってはかなり特徴的に仕上がってしまっているものもあります。
あくまでシンプルなものを選んでみるといいでしょう。
また「無地にしなきゃ」と凝り固まる必要はないので、デザインが入っていても同色系でまとめられているようなものを選んでみるのもいいかもしれません。

②濃すぎないネイビー。「これは紺色だ」と誰もが認識できる程度のネイビー。

ネイビーといっても様々です。濃いネイビーもあれば青みの強いネイビーもあります。

写真の2本ともネイビーです。

左は見る人によっては黒と捉えられるかもしれませんし、
右はみつ人によっては青だととらえられるかもしれません。

でもどちらも分類するなら「ネイビー」だと言っていいでしょう。

言い出すとキリがないかもしれませんが、誰が見ても「あ、ネイビーだな」と感じるような塩梅のものがよいのではないでしょうか。

 

クールビズが世の中に浸透してからはビジネスウェアのカジュアル化が進み、ネクタイをする人が少なくなりました。

ですが、スーツにネクタイをしている姿は、やはり素敵な雰囲気に見せやすいと思います。

スーツをパリッと着こなす日もあれば、今日はリラックススタイルで仕事。
といったように、服装にも変化をつけると気分も切り替えられていい効果が得られるかもしれません。

女性がメイクや髪型で変化を楽しむように、男性にもネクタイという一つのアイテムを楽しんでもらいたいなと思います。

 

 

ノーネクタイが当たり前のこの時代に、あえてネクタイをする。

そんな選択肢があってもよいのではないでしょうか。

 

Yahoo店   BASE店

フォローいただけますと幸いです。

Instagram フォローいただけますと幸いです。

 

 

 

自分のネクタイを選ぶ時、贈り物に選ぶ時、少なからず悩むアイテムの一つがネクタイです。
1年の中でネクタイを着用しない時期などもあり、昔のスタンダードとは価値観も変わってきています。

ネクタイ=働くサラリーマンの当たり前
という時代は昔の話。
今は、ネクタイ=感じさせるもの

というのが私の考えです。

そう言うと、「昔もそうだった」と言われるかもしれませんが、現代はさらにその価値観や意味合いが強くなっている。というのが正しい表現かもしれませんね。

職人として年間10万本のネクタイに関わり、2000人以上のお客様と対話をする私がお伝えする「印象の選び方」を書かせていただきます。

まず、ネクタイを選ぶ時に大きく分けて2つのことを意識しなければなりません。それは、

色と柄です。

印象を選ぶわけですから、当然といえば当然なんですが、
ここを深く理解しておけば、相手に与える印象も、自分自身の内面も変えることが出来ます。

まず色から説明していきますね。

・赤系

力強く外交的やる気があり華やかな印象を与えられます。
勝負の日や営業の日になどに選ばれるのもいいでしょう。
原色に近づくほど活発で、暗くなるにつれて落ち着いた印象を与えます。また赤には、自分の自身を内面から前向きにする力もあります。年間を通してよく選ばれる色ではありますが、暖色系の代表的な色なので、寒い時期に着用されると全体が暖かな印象に包まれるでしょう。

・紺、青、水色系

ビジネスシーンにおいて多く使われる色で、特に紺系は日本人に最も親しみのある色でいっても過言ではないほど人気の色です。安定感があり、礼儀正しい信頼できる、知的真面目若々しいという印象で信頼感を与える事ができます。目上の人と会う時、大切な商談の時などに着用すると良いでしょう。色が濃くなると落ち着いた印象に、水色に近づくと爽やかな印象になります。
悩んだときや迷ったときは紺系を選んでおくといった着地点としても良いかもしれません。

 

・ピンク系

優しく気配りができるような柔らかな印象が感じられる色です。女性とのコミュニケーションを円滑にしたい日、デートの日甘え上手になりたい時に着用するとよ良いかもしれません。
「若い時じゃないと着けられない」とおっしゃられる方もおられますが、そんな事はありません。年配の方こそ、暗く落ち着きのあるモノを選ばれがちになりますし、人生の性で見た目の衰えも出てきてしまいます。そんな時こそ「パッと明るい印象」を与えてみてください。
顔の怖い人とかも、イカニモ・・・という色味より明るい色味を選んでみてはいかがでしょう。

・黄色系

健康的明るさ親しみやすさといった、ポジティブな印象を与えることができる色です。コミュニケーションを円滑にする効果もあると言われているので、初対面の人と会う日、発言力が欲しい時に着用するとよいでしょう。ただ、カジュアルな印象にもなるので、堅い業界でのお仕事の場合は配慮が必要かもしれません。
健康面に不安があった政治家が、復活時期に合わせて黄色を多用していたこともありました。印象がものを言う世界でもありますし、口では言わないものの、印象で語るというと言うのは重要なんだなと実感したこともあった色の一つです。

 

・紫系

気品自信を表現する色です。光沢のある紫系の色味なら妖艶な印象を与えますが、深い色味になってくるとベーシックにも使えます。シーンに合わせて使っていくに当たって1本は持っておきたい色ではないでしょうか。常用ももちろんですが、パーティーなどの華やかな場所で身につけられるのも良いでしょう。欲求不満色的な表現をされることもありますが、それも魅惑や品の現れです。本来スーツスタイル自体が品を持った服装ですから、紫は非常によく合う色です。

 

・緑系

穏やか話しやすい印象を与える色です。
明るい色になると爽やかな印象も出ますし、深い色になると落ち着いたどっしりした印象にもなります。植物の葉など自然の中にあってよく目にする色なので、親しみも持てます安心感さえ与えてしまうような色です。込み入った話や、安心感を感じさせたい時などに選ぶと良いでしょう。

・ブラウン系

堅実で、落ち着きがあるという印象を与える色です。
比較的暗めの配色が多いのが特徴です。若い方は「おじさんぽい」と着けられない方もおられますが、ブラウン系には「落ち着きや威厳」を感じさせる効果もあります。対等または対等以上の方と会うときや交渉するときなど、自分の心身を安定させたい時品や大人の余裕を感じさせたい日などに選ばれると良いのではないでしょうか。

 

・グレー系

慎重冷静沈着という印象を与える色です。交渉事など、相手に自分の感情を読まれたくない時に身につけるとよいかもしれません。
濃度にもよりますが、比較的色味自体が強いものではないので「クールな人」と思わせたい時にも効果的な色です。
薄い色や光沢のあるモノは、フォーマルシーンにも使用できますし、幅広い活躍ができる色です。

代表的な色のお話をさせていただきましたが、いかがですか?

結構しっかり書きましたが、あくまで捉え方は人それぞれです。ですが、基本的な色の感じ方は書かせていただいたとおりです。

さて次は柄について書かせて頂きます。

・無地(ソリッド)

印象→〈品格・誠実〉
改まったフォーマルシーンから、通常のビジネスシーンまで幅広く使うことができます。素材の品質がストレートに伝わるので、無地のネクタイほど良質なものを選ぶことがオススメです。無地こそ色や素材、織り柄などこだわるポイントが多いかもしれませんね。

・ドット

印象→〈伝統・上品〉
存在感はしっかりあり、なおかつシンプルなため、着回しが利きます
場所を選ばず、一年を通して使えます。
▶ドット大(ポップな印象)▶︎ドット小(ベーシック)となるので、ビジネスシーンでは、小さなドット柄を選ぶとより良いでしょう。

・小紋柄

印象→〈理性、安定〉
幾何学模様花柄など様々な柄があり、上品で誰からも好印象を持たれます。柄が大きいとカジュアル小さいとクラシックな印象になる。ビジネスシーンでは、小さな柄を選ぶことがオススメです。

・ストライプ(レジメンタル)

印象→〈爽やかさ、勤勉〉
フレッシュで知的な印象を与える定番の柄。細面の人にはストライプの間隔が広いネクタイ、丸顔の人にはストライプの間隔が狭いネクタイが似合います。就活などでもよく選ばれますね。
ただし、海外では特定のグループ(大学など)に所属しているという意味を持つ場合もあるので、海外の方とのビジネスの場では、着用を避けることがオススメです。

・チェック

印象→〈親しみやすさ〉
カジュアルで親しみやすい印象を与えます。
配色次第では派手になってしまいやすい柄なので、ビジネスシーンでは色数が少ないものや、スーツとの統一感を持たせてまとめるのが良いでしょう。

・ペイズリー

印象→〈個性、存在感〉
エレガンス個性的な印象を与えます。大きさや色の組み合わせで着用すると存在感を引き立てる効果があります。年配の方が「昔流行った」とよく言われますが、近年では個を他者との差別化させる目的で若い方がこだわりの一品として使われることも多いです。

代表的なものを画像も含めて紹介させていただきました。

パッとみただけでも様々な物があって、悩んでしまうのも当然です。
だからこそ、

〈どのネクタイを選ぼうかな?〉という入り口ではなく、
〈どんな印象を選ぼうかな?〉という視点から入っていただくことを強くオススメします。

 

誠実な印象や真面目な印象を与えたいなら
紺系ストライプ、紺系無地

品や個性を演出したいなら、
紫系ペイズリー、赤系コモン

口下手で暗い印象のある人の印象を補填するために
黄色系ドット

いつも騒がしい印象の人に、ここぞの落ち着きを与えるために
ブラウン系無地

例を見ていただければわかるかと思いますが、

強調or補填

の関係性が重要になってきます。

例を上げていけばキリがないほどにあるかと思いますが、組み合わせも当てる印象も自由です。

当たり前にネクタイをしていた時代にももちろんあったことではありますが、やはり意識を向ける対象といて強い意味を持つアイテムの一つになってきた事実は確実にあります。

自分用に選ぶ場合も、プレゼントに選ぶ場合もこの土台は変わりません。

昭和も平成も令和もどの時代にも共通していながら、重要度が変わってきています。

最後にこれは参考までに書かせていただきます。

ブランドや価格帯はどう選んだら良いのか?
ということです。

様々な価値観がある中で一概には言えません。

ただ、印象を左右していくネクタイにおいて、そのテイストやブランド背景は『モノ(商品であるネクタイ)』に色濃く反映されます。
そして時に会話の糸口になったり、話題の中心になったりすることもあります。

高級でメジャーなブランドを選択するのも良いでしょう。
こだわりやストーリー性を持ったブランドを選ぶのもいいでしょう。

自分用にリーズナブルなものでも5000円程度のものから。
プレゼント用のものなら10000円以上のネクタイを選ばれるのが最適化と思います。

あなたはどのネクタイをどう選びますか?

もしご興味があれば、私が立ち上げたブランド
『SHAKUNONE’(しゃくのね)』をご覧になっていただければ幸いです。

BASEオンラインショップ

yahooオンラインショップ

今日書かせていただいた内容は、ずっと私が感じ学んできたことです。
もちろん好みもあるかと思いますが、印象を結ぶネクタイとして日々研究を重ねお仕立てしているネクタイです。

参考にご覧いただければ嬉しいです。

InstagramTwitterもやってます。
是非フォローお願いいたします。

123