blog ブログ

2018年10月18日
 

文字通り、工場発ブランドだと言っていいでしょう。

メーカーやブランドが生産を委託している工場(ファクトリー)が、自らが商品をオリジナル商品開発・販売をするブランドがファクトリーブランドです。

 

企画や販売のやプロデュースの能力は必須になりますが、モノづくりの能力としては非常に高いのが特徴です。

 

一般的には、中間業者を通さない直販価格でコスパが良いとされることも特徴と言えるでしょう。

 

 

さて、ファクトリーブランドが世の中に出てきたのは、ここ数年が際立って多いように感じます。

 

アパレル業界に長く居る人の一部からは、

「工場側(川上)の人間が前に(川下)に出てくるんじゃなくて、今までの業務を突き詰めてやっていけよ」

と言われることもあるようです。

 

今まで工場を《使ってやっていた》というスタンスで考えていた人からすれば、
調子に乗るんじゃないぞ!という感情なのでしょうか。

 

近年でファクトリーブランドが多く出てきた背景には、簡単に3つの理由があると思います。

 

①情報発信の自由

HPを持っているコトなんて当たり前。またInstagram、Twitter、FacebookなどのSNSを使えば、自由に発信していくことができます。

今まで商品を作ったり、販売をしたくてもできなかったのが、オンラインショップだったりSNSを活用することで可能になりました。

上手く発信するとか、売れるというのは別の問題ですが。

②工場の独立化欲求

一般的に下請け工場は表舞台とは縁遠い存在で、さらに発注側に様々な面で影響を受けることが多く、不自由なモノづくりをしているケースが多いのではないかと思います。③にもかかってきますが、ファストファッションの台頭や、海外生産へのシフトを含めた国内生産の環境の変化に対して、工場はとても不利で弱い立場に立ってしまいがちです。

侵されることの無い、独立した柱を立てたいと考えるのは不思議なことではないかと思います。

③利益率、仕事量の減少

先に書いた②のように、不利な立場に立たされがちな工場は、年々上がってくるコストに対応するべく効率化を常に図っています。
ですが、モノの流れは変わってきていて、今までは年間通してあった物量も減少しています。
それでも加工単価は上がることを知らず、利益が確保できなくなってきています。

年間生産数量に対して決定していた加工に対する費用も、仕事量が減ってしまえば上げざるを得ません。が上がらない。
負の連鎖から脱出を図って、直接顧客に販売する方法を選ぶ、

そういった工場がファクトリーブランドとして立ち上げる、というパターンもあるでしょう。

 

すべてのファクトリーブランドに当てはまるパターンかは定かではないですが、

簡単に言えばこんな所じゃないでしょうか。

 

 

さて、《工場は工場でいろよ》といった声をあげられる方が存在することは既に書きましたが、

そういったことを言われる方は、工場に対して十分な仕事と利益を与えることができるのでしょうか。
また、できているのでしょうか?

 

年間の仕事は必ず確保するから、専属工場としてやってほしい。
年間生産数は〇〇万本出すから加工費を〇〇くらいで検討してほしい。

 

といったことを言われていた工場もたくさんあると思いますし、それもつい数年前までのことです。

 

今は状況が一変しています。

 

そんな環境の中で、川上の職人を抱える工場に対して、今までを維持しろということほどナンセンスなことは無いように思います。

 

あくまでこれは、工場目線からの内容で書いていますので、立場が違って不快に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、
これが現実です。

 

なんとなくやっているようなファクトリーブランドも存在するでしょう。

お互い様の部分もあると思いますが、

少なくとも、他人が他人を縛るような仕事や付き合いは、バランスが悪くなるんじゃないでしょうか。

 

 

どんな理由にせよ、想いをもって始めたファクトリーブランドも険しい道を歩いていかなければなりません。

 

その一つが販路。

モノを作ったはいいがどこで売るのか、誰に売るのか、どうやって売るのか。

確かに、web販売やSNSでの発信で行動を起こすことが可能になったとはいえ、ただやっているだけではもちろん売れることはありません。

ブランドを作っただけでは、また商品を作っただけでは意味が無いのです。

 

それに躓いてブランドを辞めるくらいなら、それこそ片手間に初めてみるくらいならやるなと言われても言い返せないとは思います

 

 

私も工場で仕事をしながら2015年にブランドを作りました。

 

それこそ最初は上手くいかなかったですし、今も模索中なことに変わりはありません。

 

立ち上げから3年を超え、なんとかお客様にも支持を頂けるようになってきましたが、辞めたいと思ったことは何度もありました。

 

今やっている苦労はいつまで続くのか不安になることは多々あります。

しかし、考え方次第で、今やっているのは【苦労】ではなく【努力】なんだと思えば、まだまだやっていけそうな気がします。

 

継続して挑戦する工場はみんな成功してくれたらいいなと願っていますし、そんな仲間がたくさん集まればもっと力が発揮できると思えてなりません。

 

 

ネクタイブランドと言っても数多くのブランドがあり、商品数も豊富にあります。

無難なものから個性的なものまでバリエーションも様々です。

 

たくさんある中の一つのブランドに弊社のブランドSHAKUNONEはあります。
商品展開は大手のブランドのように多くはないですが、丁寧な仕立てと雑味の無いデザインは高い評価を頂き、ブランド立ち上げから数年で都市部の有名店からの出展依頼なども来るなど、伸びているブランドになることが出来ました。

私たちは素材をカタチにする職人です。
レストランで言うところの‘シェフ‘です。

ただトレンドだけを追いかけるブランドではない、変わらず、そのままの魅力を引き立てるブランドでありたいと思っています。

料理を作るシェフと同じように《素材》《仕立て》のこだわりを考えて、そこに《エッセンス》を加えてネクタイを仕上げていきます。

 

ここでいう《エッセンス》というのは【お客様のリアルな思考、声】です。

 

どんなネクタイメーカーさんも基本は店頭に立つことはありません。

商品を送り出していく際に、使用してくださるユーザーの皆様の試行を置き去りにしたネクタイを作り続けることに意味は無いと思い、職人自らが店頭に立ちお客様の声をお聞きしています。

お仕立てした商品を店頭に並べて、店舗販売員さんに販売を任せっきりにしてしまうとどうしても間接的になってしまう為リアルな声は聞こえてこないのです。

 

非効率なことかもしれません。

ですが、皆様の声の一つ一つがブランドを創っていきます。

たくさんの人が関われば関わるほどフィルターがかかっていきます。
それを少しでも無くして自分自身で感じていきたい。

非効率が生む価値を商品に直接的に反映させていくことができることが、
SHAKUNONEの最大の特徴です。

 

昔とは違い着用の義務から解放されて自由になったネクタイは、
「仕事だから」という理由ではなく「自身の魅力を引き立てるオシャレ」として意思を持って身に着けるアクセサリーとなりました。

自身のこだわりを持って「ネクタイを締める」ということは、新しい価値を生み「差別化」をすることができます。

 

今まで繊維製品であるネクタイはアパレルのカテゴリーとして考えられてきました。
それが間違っていたというわけではありません。

スーツにシャツにネクタイに・・・

トータルリリースをしているブランドは一つのコンセプトに基づいてテイストを合わせた商品を提供していくことが普通です。
ですが、頭の先から足の先まで統一ブランドで染めている人は意外と少なくて、
ファッション誌などを見ても、

スーツは〇〇、
シャツは〇〇、
靴は〇〇、
ネクタイは〇〇、といったように、ブランド統一ではなく、テイスト合わせたスタイリングになっています。

 

とりわけ、ビジネスにおける服装は相手へ敬意を表し、信頼感を与える為のものという面があるため、圧倒的個性というのは表現しないものが多いです。

セットアップのスーツは上下のブランドは揃っていますが、
ネクタイやシャツまで同ブランドというケースはまれなように思います。

そういった意味で、比較的当たり前のようにネクタイは単独としてブランド価値を保っていると言っても良いのかもしれません。

時代は移り変わって、着用の義務から解放されたネクタイは、新しい価値を生み出そうとしています。

アパレルのカテゴリーから抜け出し、感覚としてはジュエリーに近い感じかもしれません。

身に着ける方は身に着けますし、不必要な方は使用しません。

自信を魅力的に演出するためのアイテムとして位置づけられるのであれば、そういった一面があることを知っていても良いのではないでしょうか。

 

もしかすると、ネクタイは紳士服洋品店ではなく、ジュエリーショップで販売するような日が来るかもしれません。
というより、それに挑戦していくことも悪くないと自分自身が思っています。

 

たくさんのブランドがある中で、私たちは圧倒的個性ではなく、生のエッセンスを加えこだわりと深みを生み出しながら、どんなテイストにも染まることのできる普遍的なネクタイブランドとして成長していきたいと思っています。

 

 

テレビ番組「アナザースカイ」で、イタリアのフィレンツェに修行に行き、靴職人となった花田優一氏が紹介されていました。

昨年に引き続き一年半ぶりの登場の回(2018/8/24)を観ました。

 

昨年と今年で彼も大きく変わり、私も大きく変わったので、ネクタイ職人として日本で活動している私から見た、「靴職人花田優一氏」について書きたいと思います。

※昨年同番組に出演した際に書いたブログはコチラからご参照ください。
http://shakumoto.co.jp/228/

 

七光りだ、親の力だ、金持ちの所業だという声もチラホラ見えますが、
本当にそうでしょうか?

もし彼と似た状況で、同じことができますか?

 

偉大な父を持ちつつ、私たちにはわからないような重圧と闘いながら道を拓いていっているように私は感じます。

 

ピッティに出ることだって、確かに資金がある程度ないと挑戦だってできないことは事実かと思いますが、そこアデノ行動を起こせることは、シンプルにスゴイと思います。

 

彼のような靴職人、私のようなネクタイ職人、その他多くの職人達は、表舞台に出ることが無くスポットライトを浴びるようなことも今までは無かったし、多くの職人と言われる人たちは今でもそうです。

 

司会の今田耕司さんが、

「俳優に転向、なんて報道も見たけど?」という質問を投げかけておられました。

こうすると、

「職人という仕事を知っていただく機会になればと思い挑戦した」と話しておられました。

 

縁の下の力持ちや黒子のような「目立たない美学」もカッコイイと思う一面もありますが、
こうして、認知してもらえるような積極的な活動が出来ることは素晴らしいと思います。

 

彼という存在が魅力的になればなるほどに、作られる靴も魅力的になっていく。
そういった価値を高めていっている人として素直にスゴイと思いますね。

 

彼のようにチャンスを掴んで表舞台に立って活躍している職人は数えるほどしかいません。
ですが、想いを持って真っ直ぐ日々研鑽している職人はたくさんいます。

 

アイテムは違えど、同じメンズファッションに関わる一人の人間として、挑戦する気持ちを持ち続けて、前に進んでいくことがタイでつな事だと改めて気づかされました。

 

 

 

 

「私は魔法使いなんで。」

 

と祖母が言うのを小さいころからよく聞いていました。

 

ハリーポッター的な魔法ではないのは幼いながらにも知っていましたけど、そうやって自信満々に言っている婆ちゃんが大好きでした。

 

僕たちの会社㈱笏本縫製は、そんなお婆ちゃんが内職を始めたことがキッカケだったんです。

僕の祖母が縫製業に就職し、結婚を機に退職。

子育てをしながら、得意としていた縫製の仕事をしたいということから、近隣の工場からの内職加工の仕事を集め、近所の仲間たちと一緒に自宅の一部屋を加工場として仕事を始めました。

お人よしと真面目さと体力が売りだったお婆ちゃんの引き受ける仕事は、

「納期に迫られたギリギリの仕事」が多かったらしいです。

 

夕方に何千枚も納品されて、それを「明日の朝7:00に取りに来るからなんとかしてくれ!」

という何とも大変そうな仕事をすることは当たり前で、そんな毎日を繰り返しているうちに、

 

「笏本さんの所に持って行けば何とかしてくれる」

 

といったような噂が出来ていたようです。

  

 

それ故に、自称だけではなく、依頼主からも、

「笏本さんは魔法使いじゃで」「小人の靴屋さんじゃ」と言われていたようです。

 

しんどかったと思いますが、本人は「頑張ったら喜んでもらえるから」とよく言っていたそうです。

 

でも、早くに夫を亡くしました。

僕の生まれる1年程前、49歳ですい臓がんだったらしいです。

 

だから、僕はお爺ちゃんに会ったことがありません。

 

そこから、今までの仕事が「生きるための仕事」に変わっていったと、聞きました。

 

受ける仕事も増やし、朝も昼も夜も働いて、自宅の部屋も一つずつ仕事場に変わっていきました。

 

そのころから、母も叔母もおばあちゃんの意思を受け継ぎ、一緒に仕事をするようになりました。

だから、ぼくの幼少期のベビーベッドはダンボールの中だったんだろうと思いますね。
(だから狭い所の方が落ち着くのかな・・・)

※ダンボールに入っている写真が見当たらなかった・・

 

それからも、魔法使いっぷりは健在で、祖母、母共に夜遅く帰ってきたり、一旦ご飯を作って食べさせて仕事に行く、なんてことはよくあり、

妹と、「大きくなっても同じ仕事はしたくないね」なんて話していたような気がします。

 

ですが、世の中では、今まで国内で作っていた衣料品の製造が海外生産メインに変わっていき、
今までのような受注量は確保できず、海外とのコストの違いから国内コストもどんどん安くなっていきました。

このころ、お婆ちゃんの体に異変が起きたんです。

体調を崩し、あまり仕事が出来なくなってきたんです。

思ったように体が動かない。

「パーキンソン病」という難病でした。

結果的に、娘に世代交代をさせるような状態になりました。

 

怒涛の時代の流れの中で生き残りをかけて、ネクタイ縫製へと舵を切ったのもこのころです。

 

ネクタイ専業ではなかったことが逆に幸いし、専業工場とは少し違った視点や感性を取り入れながら作ったネクタイは、取引先からは、「こんなにきれいなネクタイは見たことない」と言って頂けるようになりました。

 

今はこうして書いていますが当時は美容師として仕事をしていて、実家の仕事を見ることもしていませんでした。

 

そんな中で、仕事を任された母の体調が悪くなり、

本業の美容師の仕事が終わった後に、仕事を手伝うようになったんです。

 

僕は、自分の実家の仕事は、安物を夜な夜な作っているものだと思っていました。

 

ところが、大人になり改めて見てみると、誰もが知っているようなメーカーの商品や、ブランドの商品がたくさんあったんです。

単純かもしれませんが、この時に自分が育った背景にあるものはこんなに凄いものだったんだと気づかされたんです。

 

婆ちゃんのような魔法使いにはなれないかもしれないけれど、

ちょっとでも近づいて、追い越して、

 

婆ちゃんが作って、母たちが土台を作り上げたものを、守って育てていくことは、

「僕」にしかできないことなんじゃないかと思ったわけです。

 

自分の生き方は自分で決めたらいい。
無理に家業を継ぐことは無い。

 

そう言われて育ってきました。

 

本当は継ぐ必要は無かったのかもしれません。

 

でも、守りたいもの、未来に繋げたいコト、育ててくれたことへの感謝が、僕を動かしました。

 

一緒に働いてくれる仲間も増えました。

支えてくれる仲間も増えました。

信頼してくれるお客様も増えました。

 

それでも、まだまだこれからなんです。

 

厳しい環境は変わりません。

周りを見ても、たくさんあった縫製工場はパタッと無くなりました。
衣類の全生産数の2%ちょっとしか国産じゃないって状況ですから、当然の状況ですよね。

 

僕たちが、想いを引き継いで、モノづくりをし通して多くの方に感動していただける仕事をしていくには、勇気を振り絞り、支えてもらいながら前に進んでいくしかありません。

 

婆ちゃんの魔法には勝てないかもしれないけど、婆ちゃんには出来ない方法で、

僕なりの方法で意思を未来に繋いでいきたいんです。

 

僕が出来る恩返しって、今を生きて未来につなぐコトしかできないように思うんです。

 

そんなこと?そんなことではなく、それば僕の原点です。

 

おばあちゃんが生きているうちに、おばあちゃんとは違った形かもしれませんが、

僕も魔法使いのような仕事ができるようになって、おばあちゃんに褒めてほしい。

正直そんな気持ちもあります。

 

その為にも、一人でも多くの方に感動していただけるような仕事ができるようにならないといけません。

 

たしかにクールビズのが浸透してきて、ネクタイをしないことも良しとされる時代になっていることは理解をしています。

「あえてネクタイをする」そんな時代になったからこそ、

芯に響く魔法のようなネクタイが創れたらいいなと思っているんです。

 

小さな町の小さな工場の挑戦です。

 

目に触れる機会も少ないでしょう。だからこそ支えてほしい。

 

皆さんのご支援の一つ一つが大きな力になります。

 

素敵なリターン品を用意して恩返しさせていただきます。

 

是非応援よろしくお願い致します。

https://faavo.jp/okayama/project/2547

 

 

 

皆さんワンピースって漫画はご存知ですか?

私はワンピーズが大好きで全巻単行本を揃えています。

 

 

もしかしたら、僕たちは麦わらの一味なんじゃないか?と思う節があったので書いてみます。

 

 

ワンピースの説明は、そんなに深くしなくてもいいと思うので割愛させていただきますが、

 

めちゃくちゃ簡単に説明したら、

海賊王を夢見る主人公とその仲間たちが冒険をしていく夢と冒険の物語です。

一味の人数だけ見れば10人そこそこで、登場する海賊団の中では極小の海賊団です。

大海賊団とかになると人数すらわからん(笑)

 

おうおう、中小零細企業とワンピースになんの繋がりがあるんだい?

 

(さらに…)

12345...