blog ブログ

/* ループ開始 */
 

作り手側も売り側も、いかに売れる商品を作って売り切るか?

 

ということを考えて商売をしますよね。

 

 

だから、売れるモノを考えて、必要な数量を考えて計算して生産して店頭に並べてお客様に伝えます。

 

 

 

当たり前のことで、何の違和感も持たない人も多いと思います。

 

 

今の大半の考え方は、1000点の商品を作って、その1000点をどう売るか。

ということに注力しています。

 

その為に広告宣伝だったり、販売の勧め方になっています。

 

 

ほんとにそれ一辺倒でいいの?

 

と疑問を抱くことは不自然なことでしょうか?

 

量を作ってロットをまとめることでいいモノを安く作って顧客に満足してもらう方法が悪とは言いませんし、正攻法と言えばそうなのかもしれません。

 

今まではそうだったかもしれないですが、これからはすこし変わってくるし、変わってきているように思います。

 

 

 

簡単に言うなら、上記の例の反対ですね。

 

 

1000点の商品をどうお客様に買ってもらえるか?ではなく、

 

買ってくれる1000人のお客様にどう満足してもらえる商品を提供できるか。ではないでしょうか。

 

 

 

似ているようで、は?同じじゃないか。と思われる方もいるかもしれませんが、これって全然違うと私は思うんです。

 

 

前者、1000の商品を売る!という目標を立てた時に、目的は「売る」ということになってしまいますよね。

 

それってお客様が置き去りになっていませんか?

 

 

いやいや、顧客に満足してもらえる商品を1000作ったんだよ!と言ってしまえばそれで終いでしょうが、

アクションが『作る』→『売る』があたりあえになっている時点で、後からの『売る』が優先されてしまいます。

 

作り手と売り手の間に多くのフィルターがかかったりすることで、いつしか目的が変わってしまっているように思います。

 

おそらく、1000点の商品を買ってくれる『誰か』の為に仕事をするようになっているのです。

 

 

 

 

 

 

では後者の場合はどうでしょうか。

 

1000人のお客様に満足してもらえる商品をいかに提供するか考えることを始めるとどうなるでしょうか?

 

気に入って選んでくれる1000人のお客様を想定して商品を製作する。

1000の満足や感動を得る為の商品づくりをする。

買ってくれる『あなた』の為に商品を作る。

といった意識に変えてみるとどうでしょう?

感覚的なモノかもしれませんが、わたしにはこっちの方がしっくりきます。

選んでくれる『あなた』を想定し優先することで、アクションが変わるようにも思います。

わたしが意識を持ってまず始めたことが、顧客の声を聞くことでした。

私たちの仕事で生み出すものの延長戦には必ず買ってくださるお客様が居ます。

そのお客様と繋がるコトが今までできていなかった。

だからこそその声を聞くことから始めました。

その声に誠実に答えていけるように商品企画を起こし、2017年のクラウドファンディングへと繋がりました。

クラウドファンディングの場合、

『売る』よりも先に『買う』がきます。

そうすると我々の仕事としては、「買ってくれた人のために作る」と言う風になりますよね。

自然とその流れが出来ます。

決してクラウドファンディングを推奨している内容ではありませんが、そういった意識で商品展開を考えていくようにするのも目線が変わるのではないかと言うことです。

とはいえ、後者の方法のように、年がら年中クラウドファンディングを行い続けることも如何なものかと思います。

最終的には適量の生産をし店頭に並べることも必要でしょう。

ですが商品が店頭に並ぶ過程であったり、目的が少し変わるだけで商品のラインナップやフェイスは変わります。

さらに言えば、店頭スタッフの知識や意識も変わります。

店頭で商品を販売する時に、味方にしておかなければならないのは、社長でもなくバイヤーでもなく、

現場の販売員の方々です。

社長は店頭に立ちません。

バイヤーもそうです。

現場で商品とお客様をつなぐ仕事をしているのは販売員の方々ですよね。

その販売員の方々に商品知識を蓄えてもらって商品を愛してもらえるか。

それが勧めやすさに繋がります。

結果、川上であったはずの『伝えたいコト』が可能な限りのダイレクトな方法でお客様に伝えて満足をしていただけるか。

そのことが、『誰か』ではなく『あなた』の為に商品を提供する意識を作るのではないでしょうか。

 

 

/* ループ開始 */
 

いつも思います。

 

ブランドを作って商品を送り出す以上、個性的で独創的な世界観が必要なのだろうか?と。

 

派手なものや特徴的なモノを作ることもできますし作ったこともあります。

 

 

実は私の色柄づくりの中で基礎となるのはその奇抜さや派手さにあったりします。

 

そこからユーザーの皆様の声を聞きながら、不要な要素を引き算していって商品を作っています。

 

今回企画しているのプロジェクトも前回のプロジェクトも、派手さは求めずに無地調の生地をリリースしています。

 

 

なんでストライプやドットのような柄物をリリースしないのか?

 

 

 

前提に、タイトルの通りですが、ネクタイブランドSHAKUNONEは基本的に「引き算」で商品をお仕立てしています。ビジネスファッションから何かのアイテムを無くすという考えではなく、明らかに目立つデザインを少し引きます。
そして、シンプルかつさりげなくその人の印象を稼ぐネクタイをお仕立てしています。

 

 

コチラの作りたいものを作るというのも、ブランドの特権ではあると思っています。

 

ですが、それが誇張しすぎた時、それは商品ではなく、作品になってしまうのではないかと思うのです。

 

 

ブランド作りをしている人たちは、誰のために商品を提供しているのかを忘れてしまいがちです。

 

 

商売において、商品が売れるということは必須ですし、何より大事かもしれません。

 

 

それでも、売れ筋や人気であろう商品だけを提供しているだけでは、ただそれだけになってしまします。

 

そこに感動は生まれません。

 

私たちのネクタイブランドSHAKUNONEは、「リアルナチュラル」を求めています。

 

それは

リアルな声は自然にスタイルに溶け込むネクタイを生み出してくれると信じているからです。

 

 

対価を払って購入してくれるお客様に対して、誠実に向き合って、商品づくりをしていくことが長く愛されるブランドを作り出すことに繋がるのではないでしょうか。

世界観やブランドのテイストも大事だし妥協は許されません。

 

 

ただ、あくまで私たちがお客様に対して提供しているのは、商品であるネクタイです。

 

後ろにどんな涙が出るようなストーリーがあっても技術力があっても、

お客様と商品のフィーリングを合わせて、案属して感動してもらう為には商品自体の印象値が高くなければなりません。

 

要するに見た目であり、着用イメージが明確にできるかという点です。

 

 

話が脱線しましたが、上記のことも踏まえて私が感じているコト。

新商品として送り出したい思っているモノを簡単にお話しします。

 

 

 

無地も柄です。

線やデザインが無いモノが無地という風に考えるのが一般的でそれが普通ですが、ストライプやドットのように分類される一つの柄なのです。

柄物を好む方もおられますし、SHAKUNONEでも通常柄物は毎シーズン作っています。

ただ、柄やトレンドに左右されない、長く愛用できるシリーズを追求していると、無地調の商品になりました。

 

 

 

理由②

正確には単調な無地ではありません。

全く何の特徴もないものと捉えられがちですが、SHAKUNONEの無地は違います。

その秘密は「二段構え」です。

 

遠くで見ると一見普通の無地です。

色にこだわりを持っているので、それでも映えます。

 

ですが、相手との関係が近づいてきて、距離が近づいてきたときに雰囲気が変わります。

土台の組織に凹凸を持たせるような構造をしているので、遠くで見る印象と変わり、自然と柄が浮き出てくるような感じです。

 

 

地の目の凹凸は光をランダム反射しますので角度で見え方の違うようなパッとした印象になります。

 

 

理由③

自然に馴染むからです。

目立つ柄物と比較して、自然に馴染む穏やかさがあります。

ネクタイに限らず、「無地は鉄板」と言われる所以はここにあります。

 

 

クラウドファンディングでは、御託を並べるより、わかりやすくシンプルに伝えたい。

 

だからこそ、柄としては限定し色を選んでいただけるように用意しました。

 

 

商品を作る川上の人たちには少なからずこういったコンセプトや思惑があります。

 

しかし現状は多くのフィルターを通して市場に出回る商品が大半な為、こういったことは伝わりません。

 

販売の最前線に立っておられる販売員さんの耳にも届かないほど薄味になっているコトなんてよくあります。

 

 

全部が全部伝わらなくてもいいとは思っています。

 

多くを語らなくても、感覚的に感じて頂けるように伝えていく方法が大切なことだと思います。

 

 

 

その為にも、今までの慣習どおりに多くのフィルターを通して伝える方法ではダメだと思って行動しています。

 

/* ループ開始 */
2018年6月4日
 

地域ブランドだったり、産地を全面に押し出したブランディングや産業の押し出し方は多く見ることがあります。

 

 

職に関して言えば、観光に繋がる有効な手段として、

 

「ここでしか味わえない」といったようなものはとても魅力的だと思います。

 

はっきり伝統工芸とうたっている産業もそうです。

地域ならではの誕生と発達をしてきたものですから、その特性を最大限に活かした打ち出しは有効なモノだと感じます。

 

 

 

 

一方、繊維産業はどうでしょうか?

 

産地のものだから素晴らしい。この産地のものだったら間違いない。

 

というところまで地域を活かしきれているのは、

 

岡山の児島ジーンズと愛媛の今治タオルくらいしか、私は思いつきません。

 

 

産地商売として、地元の人たちの愛用品とだけ提供していくのであればそれはそれでいいです。

 

 

ただ、私は「ご当地商品」や「産地PR」をしているわけではありません。

 

 

私たちの送り出す商品や世界観に共感してくださって、選んでくれる全国のお客様に届けたいと思っています。

 

 

商品背景としての生産地や素材の生産背景は必要です。

商品ストーリーも大切です。

産地を否定しているわけでもなんでもありません。

 

 

 

ですが、産地推しをするだけで、ユーザーに満足してもらえるものが送り出せる。

喜んでもらえて、感動してもらえると思っているのであればそれは違うと思うだけです。

 

 

地域性という部分で言うのであれば、地元に、身近に、そういった全国へまた世界へと送り出して通用するブランドがあるということを価値にして、周りの人たちに誇りに思って大切にしてもらえれば、認知が広がってきたり、世間で認められるようになって来た時に初めて地域が生きてくるようにも思います。

 

だからSHAKUNONEは地域の枠に収まらないよう、全国への発信を続けています。

 

/* ループ開始 */
2018年6月1日
 

3月から打診のあった、そごう神戸店での父の日展開が5/30~6/17まで行われています。

 

 

6月にも入り、気温も上がってきました。

 

 

以前は父の日の花形はネクタイだったようですが、クールビズ真っただ中に父の日があるということもあり、

ネクタイではない選択肢も増えているようです。

 

ハンカチや靴下といった日用品やグルメなども増えているようですね。

 

 

そう考えると、ネクタイは日用品ではないのだろう。

 

という意識が芽生えます。

 

やはり当たり前に使用するモノから、あえて使用するモノへの意識の変化はありますね。

 

 

だからこそ、昔より選びたいしこだわりたい。

スーツにネクタイというスタイルは完成されたスタイルに華を添えるモノでありたい。

 

それでも意外とネクタイを自分で選ぶ男性は少ないし、選んだとすると同じモノが増えていく。

 

だからこそ贈って欲しいなと思います。

 

この時期は秋冬物の生産が本格化してくる時期で、工場内は汗をかきながら生産をいているような状況です。

 

 

工場内はアイロンのボイラーがあります。

 

当たり前の話ですがボイラーは暑いので夏は堪えます。

 

 

少し早めに空調を整えながら作業を進めています

 

 

 

/* ループ開始 */
 

私の夢は世界一のネクタイブランドを作ることです。

 

日本一のネクタイブランドになるコトにもまだ遠い道のりがあるとは思っていますが、それでも夢は大きく持って仕事に取り組んでいくことをいつも考えています。

 

クールビズが浸透して、ネクタイの需要が少なくなってきた現代に、「ネクタイブランド」として一番になることに何の意味があるのか。

自分にしかできない。と思ったからです。

 

 

育った環境や、支えてくれた人たちの影響も大きく関係してると思います。

 

夢を持とう。夢は必ず叶う。なんていう、上辺だけのものではなくて、

 

叶えるべき夢があるということです。

 

 

 

私一人で何でもできるとは思っていません。

 

 

だから、求めてくださるユーザーの元へ自分の足で行き、自分の声で伝え、自分の耳で聞き、そして考える。

 

 

その繰り返しをしています。

 

 

 

先日、我々のお仕立てしたネクタイをとても気に入っていただきずっとリピートしてくださっているお客様に言われました。

 

 

ネクタイで世界は救えないかもしれんけど、君の作ったネクタイのおかげもあって胸を張れてるよ。カッカッカ。

 

 

アハハ、と笑いましたがこんなに嬉しいことはありません。

 

 

作り手として、普通はこういった声を頂けることはありません。

今までなら、影の存在で、誰が身に着けるかもわからない。

誰が作ったかもわからない。

 

 

 

そんな状況で商品を提供していました。

 

 

 

こうして、お客様からの言葉を頂けることは、非常にありがたく、原動力になります。

 

 

 

 

こういった一つ一つの声が、少しずつでも広がりを見せ、大きな成果へと繋がっていくのだと思っています。

 

 

田舎の小さな町工場が世界一のネクタイブランドになる、なんて、だれもできると思わないような夢かもしれませんが、小さな繋がりを大きな力に変えて進んでいけば、私の代でできなくても、後の世代に受け継ぎ続ければ可能な夢なのではないかと本気で思っています。

 

 

/* ループ開始 */
 

和服が少なくなって、洋服普通になりました。

手紙を書く機会が減って、FAXも減って、メールやSNSがコミュニケーションツールになりました。

レコードやカセットテープを使わなくなってiPodやデータ配信が増えました。

 

ワープロって何?MDって何?って人も沢山いるでしょう。

 

もしかしたら「車の運転?自動運転が普通でしょ」なんて時代もくるかもしれせん。

 

ネクタイも「なんでするの?」という意識になってきているように思います。

 

以前、アメトーーークでピンポイントアカデミー大賞という回で、ブリーフにフォーカスを当てたことがあったが、それも似たような話です。

 

 

それでも、 「あえての着物」「レコードならではの味」「手紙ならではの温もり」「運転することの自由や楽しさ」「あえてのブリーフ」 そういった価値はいつの時代もあります。 以前は当たり前だったことも、

 

利便性を求めて変わってきた現代において、変わることの素晴らしさと変わらない普遍的価値を理解する必要があります。

 

買い物1つをとっても、 家や外出先でも操作ひとつで買い物ができるオンラインショップ。

それでも店舗を構えて接客やコミュニケーションをしながら満足したお買い物をする方法は根強くあります。

 

何が正しくて何が間違っているか。 どれも正しいし、どれも間違ってない。

 

 

私はネクタイを作る職人ですが、 昔の当たり前に乗っかり続けてません。

 

ネクタイの必要性が減った現代で、 その価値観は変わっています。

 

 

「結ばなければならないもの」というルールから解放されて、

「身につけることの自由」へと変わっています。

 

 

西洋文化を発祥として、完成系として育ってきたスーツスタイルの中から、ネクタイを排除したスタイルも、当たり前になってしまえば慣れてしまうし違和感はありません。

 

当たり前という意識から解放されて、 「あえて」の境地にたどり着いたネクタイ。

 

自由になったからこそ、結ばないという選択肢がありますがその半面でだからこそ結ぶという選択肢もあっていいと思っています。

レトロにレコードを聞きこともそうですし、

あえて和服を着て街を散策することもそう。

車の運転だって、ブリーフやふんどしを着用し続けることだってそうです。

 

 

時代の犠牲者だという被害者意識だけを持っているだけでは何の意味もありません。

昔々からの古い慣習のままに生きている人たちは、「昔は良かった」「時代が悪い」「景気が悪いから」と言っています。

 

 

「作り手だから」という意識は排除できませんが、それを抜いても、決まったスーツスタイルに彩を加えられるネクタイは、「シンプルにカッコイイ」と思うからこそ、その価値や魅力を伝える為に仕事をしていきたいと思っています。

 

ネックレスや指輪も機能性は無くても身につけることで、個を華やかに演出し魅力的にします。

 

カッコよくありたい。 キレイでありたい。 美しく魅力的でありたい。 それは本能ですし、みんなそう思っています。

 

ネクタイも、スーツスタイルにおける素敵な共演者としてありたいと願い、それを貫きたいと思っています。

 

 

だからこそ、昔は出来なかったことをやりたいし、今の時代だからこそできる方法で未来を作っていきたいと思っています。

 

 

ネクタイが嫌いな人、面倒に思う人もいるかもしれません。 我々は不要な存在に思われるかもしれません。 それでも「カッコイイと思う」から辞めませんし伝えます。

 

 

少しでも、なんとなくでも、それが伝われば良いなと思っています。

/* ループ開始 */
 

こんなモノが欲しい!   と    こんなものを送り出したい!

 

 

 

この間には見えない大きな壁が存在します。

 

 

多くの販売の機会を頂いて、作り手として店頭に立ってお客様と関わってきたからこそ、それをとても感じています。

 

 

作り手や販売者の立場からすれば、多くの商品の中の一つでも

ユーザーからすれば大切な一つのモノだ。

 

 

こういった意識は、立場が違えばどうしても発生してしまいます。

 

 

よく、《お客様に寄り添ったサービスを・・・》

 

と言うことを聞くが、その意識を真の意味で持っているかどうかと言えば定かではない。

 

 

 

その多くの悩みを解消する方法として、オーダーメイドと思いつくパターンはよくある。

 

 

確かに、オーダーメイドの魅力は、既製品にはない、自分の体形や好みに合ったモノを手に入れることができる有効な手段です。

 

 

一方、オーダーメイドをしてこだわりの一着を手にしたい!という層が、増えてきているとはいえ、全体のマーケットから見て少ないことは事実です。

 

 

とはいえ、私はスーツを買うのはオーダーをします。

 

なぜなら、お尻が大きいから。。。

 

既製のスーツだと、全体のバランスが整わず、着ている ではなく 着られている ような感じになってしまうのがこの上なく嫌だったからです。

 

 

ですが、ネクタイは自身で作るといっても、大きく仕様を変えて自分用に、とは作っていません。

 

私はブランドの立ち上げ当初、正直何を作っていいかわからなかった。

 

自分の作りたいものを作って、販売して認めてもらえる自信がありませんでした。

想いだとか品質だとかいうものに関してには自信があっても、初めて出す商品が認めてもらえるかは不安で不安でしょうがなかったです。

 

 

しかし、答えが見つからないのであれば、

自分の感性を「1」とするなら、その「1」も巻き込んで、「1000」の感性を集めようと思って育ててきたブランドがネクタイブランドSHAKUNONEです。

 

 

そこに、独自の感性を加えられるのが私の特権ですので、そこが非常に楽しいわけですが。。

 

 

だから、オーダーをしなくても、大丈夫なんです。

 

 

先日のブログでも書きましたが、

「1」の感性よりも「1000」の声の方がより正解に近いのではないかと考えています。

 

 

だからこそ、多くのユーザーと関わって、多くの声や意見を聞く。

それを練って絞って吟味して、ちょっとエッセンスを加えて送り出す。

※臭みが出るほどのエッセンスは不要です。

 

 

そうしてブランドを育ててきいます。

 

 

小さな企業の小さなブランドの細やかなブランディングを行っています。

 

 

結果お客様からは、商品説明を1~10まで行わなくとも、自然に手に取っていただけるようになりました。

 

 

 

この機会は、大手のブランドや有名ブランドに比べるとまだまだ少ないですが、

 

ユーザーと作り手の間にある壁や、意識のギャップを取り除きながら、ネクタイの新たな価値を提案していけたらと思っています。

/* ループ開始 */
 

誰もが一度は聞いたことのあるであろう、東京ガールズコレクション。

 

 

もちろん私は行ったことがありません。

 

 

世に流通している商品は多くがリリース前、いや、そのもっと前に受注を取るために展示会などを行っています。

 

 

ですが、その展示会やファッションショーに行ったことあるよ!という人が何人いるのでしょうか?

 

 

正確に言えばどこでやってるかも、いつやってるのかも知らない。

 

よくわからない。

 

 

 

結局、業界に関わっていたり、関係者だったり、そんな方々が来られるんでしょう。

 

それも当然と言えば当然でしょう。

 

 

 

店頭で取り扱い販売する商品は、そういったコレクションを発表する場所で目利きのバイヤーが見て触って判断し、そのお眼鏡にかなった商品が皆さんの目の前に並んでいます。

 

 

一般の人々より商品を見る目のある凄腕バイヤーが目利きしているのだから、当然市場に並んでいる商品は素晴らしいモノが多いです。

 

 

 

ですが、それを最後に見て触って購入決断をするのは皆さん自身です。

 

1人の有能なバイヤーが選んだ商品より、1000人のユーザーに選ばれた商品の方が、私はより正解に近いモノなのではないかと密かに思っています。

 

 

当然、まだ目に見ぬものを探し、ユーザに喜んでいただくために奔走したり、1つのブランドを押し上げることだってできるバイヤーは無くてはならない存在です。

 

 

ですが、ファッションショーや展示会になんて行く機会のない人々は、用意された選択肢の中から選ぶことしかできないと考えたら、モノとヒトが真にマッチングしているとはいいがたいのではないかと思ってしまいます。

 

 

 

だからこそ、先行して行う展示会も、自由にクラウド上で出来るようになれば、真にマッチングできて、世に送り出す商品が認められるのではないかと思うのです。

 

 

次のクラウドファンディングで挑戦したいのもその一端です。

 

情報が自由にやり取り出来て、こっそりひっそり商品開発をして、満を持してリリース!!みたいな当たり前から解放されているのが現代なんじゃないでしょうか。

 

 

ページ作りはかなり進行しています。

 

サンプルやリターン品公開の準備ができたらいよいよ開始が近づいてきます!!

 

...89101112...20...