blog ブログ

 

私は岡山県津山市で小さなネクタイ工場の三代目として働いています。

普段は誰もが知っている有名なブランドのネクタイなどを仕立てる仕事をしています。

それと同時に2015年に立ち上げた自社ネクタイブランド【SHAKUNONE(シャクノネ)】を展開しています。

 

と言えば聞こえは良いかもしれませんが、実際は「誰も知らない田舎の小さな下請け工場」です。

しかも、課題や問題だらけでいつ潰れてもおかしくない工場だったんです。

抱えていた課題はこういったものでした。

従来の商習慣の中では、製品が作られてお客様の手に届くまでには多くの中間業者の方々が関わっています。
もちろんこういった中で構築されてきたものもあると思いますし、大切な機能を果たしている場合もあることでしょう。

しかし、この商習慣の中で我々が抱えていた具体的な問題点がありました。

・典型的受注依存体質
・顧客(消費者)との関係性が構築されず孤立状態
・圧倒的パワーバランスによる言いなり体質

そのことにより、「お金」も「仕事」も第三者にコントロールされてしまっており、どんどんえいえいは苦しくなっていったのです。

これは誰のせいでもなく、そういった状況を作り出してしまっていた自らにあるのです。

小さな会社で、潰れたって世の中に大きな影響があるような会社ではないでしょう。
そもそも誰も知らない会社が人知れず無くなったところで世間的には全く問題はありません。

ただ、私にとっては違います。

祖母が創業し、母が守ってきた会社であり、私が育ってきた背景にある『原点』でもあるのです。

・積み上げてきた確かな技術
・信じて毎日ついてきてくれるスタッフ
・毎日聞いてきたミシンやアイロン蒸気の音

その、すべてが私にとってはたいせつな宝物です。そして未来に繋いでいきたいものなんです。

だからこそ現状を打開する為に2つのことを行いました。

1つ目がブランディング。

自社の技術と経験、さらにお客様の声を活かしながら具体的な商品企画を行いブランドを作りました。

2つ目がクラウドファンディング。

※クラウドファンディングとは。 ←(クラウドファンディングプラットフォームCAMPFIRE参照)

ブランドもただ作っただけでは意味がありません。
「知られていないうち」「評価されていないうち」は『存在していないことと同じ』です。

作り上げたブランドを発信しつつ真価を問う意味も込めて挑戦しました。

この挑戦を始めるときには、そのどちらも、

・田舎からそんな事ができるわけがない。
・通用するわけがない

と、厳しいお言葉をもらったり、時には馬鹿にされることさえありました。

しかし、今挑戦をしていないことは決して『現状維持』ではありません。
そんなカタチであれ挑戦していないことは『その瞬間から衰退がはじまる』ことだと強く思っていました。

だからこそ、トライ&エラーを繰り返し、時には叱られながらも挑み続けました。

結果、2017年2018年と2度のクラウドファンディングを行い、たくさんの方に支えられて大きな成果を上げることができたのです。

 

①2017年実施プロジェクト ②2018年実施プロジェクト

※2019年7月時点で、この2つのプロジェクトは『ネクタイ』に関するクラウドファンディングプロジェクトで、目標達成額、日本1位と2位の実績となっています。

この挑戦をキッカケに、大手有名百貨店からの問い合わせも入るようになり、販路開拓にも繋がりました。

そしてさらに、デザイン性やクオリティ、ストーリー性などが総合的に高い評価を得たことで、

      

2019~2020にかけて、業界最大手とのブランドコラボレーションで全国展開を予定しています。

この挑戦と小さな成果の積み重ねで気づいたことがあります。

成果が出ていなかったのは魅力がなかったからではなく、
挑戦をしていなかったからだと言うことです。

日本にある会社のうち有名な大企業はほんの一握りで、90%以上が名前すら知られていない小規模事業者です。

その中で、私と同じような悩みや課題を持っている人たちはたくさんいらっしゃるでしょう。

多くの方が『自分は弱者だ』と嘆いているかもしれません。
ですが、決してこの世は『弱肉強食』ではありません。
この世は『適者生存』です。

自分の個性や魅力を最大限に高めて状況や環境に適応していくことこそが大切です。

大企業は大きな車です。
急カーブを曲がったり、細い道に入ったりは得意ではありません。

その点、小規模事業者は軽四です。いや、自転車かもしれません。

その時その状況に応じていけば良いのです。

だからこそ、明日でも明後日でもなく、『今』真剣に考えて、挑戦する覚悟が必要です。

たぶん、失敗することもあるでしょう。

正直、私も人より失敗が多い人間の一人です。

ただ、それは挑戦しているからこその失敗です。挑戦をしていない人には失敗も成功もありません。
だから失敗を恥ずかしがらずに怖がらずにやってみてほしいと願っています。

 

こうして書いてはいますが、前述したような私たちの課題がすべて解決したわけではありません。

今ぶつかっている壁や、従わないといけない環境はまだまだあります。

しかし、そうしたものもこの先乗り越えて、誰かの筋書きではなくて、自分で描いた物語の先にある結果にこだわっていきたいと思っています。

そのモノガタリの中にあるのがSHAKUNONE(しゃくのね)であり、このブランドを通して私たちは、①魅力的なモノヅクリ②価値創造③情報発信をして、自社や地域をアップデートしていきたいと思っています。

是非ネクタイブランドSHAKUNONE(シャクノネ)を知っていただき、自分の特別な一本に、そして大切な人へのプレゼントとして、当ブランドをお選びください。

少しでも多くの方にこういった会社やブランドがあることを知っていただきたい。
これは私たちの会社だけではなく、こういった会社が世の中にはたくさんあるのだということを知っていただきたいです。

時代は変わります。

人も変わります。

価値観も変わっていきます。

それでも変わらない原点や原体験を大切にしていけるような挑戦をしていきたい。

そう思っています。



大切な人を想うことからすべては始まります。

自分の特別な一本に。
大切な人へのプレゼントとしてもお選びください。

オンラインショップはコチラを御覧ください。
↓↓↓↓↓

Yahoo店   BASE店   Instagram フォローいただけますと幸いです。

 

 

 

テレビ番組「アナザースカイ」で、イタリアのフィレンツェに修行に行き、靴職人となった花田優一氏が紹介されていました。

昨年に引き続き一年半ぶりの登場の回(2018/8/24)を観ました。

 

昨年と今年で彼も大きく変わり、私も大きく変わったので、ネクタイ職人として日本で活動している私から見た、「靴職人花田優一氏」について書きたいと思います。

※昨年同番組に出演した際に書いたブログはコチラからご参照ください。
https://shakumoto.co.jp/228/

 

七光りだ、親の力だ、金持ちの所業だという声もチラホラ見えますが、
本当にそうでしょうか?

もし彼と似た状況で、同じことができますか?

 

偉大な父を持ちつつ、私たちにはわからないような重圧と闘いながら道を拓いていっているように私は感じます。

 

ピッティに出ることだって、確かに資金がある程度ないと挑戦だってできないことは事実かと思いますが、そこアデノ行動を起こせることは、シンプルにスゴイと思います。

 

彼のような靴職人、私のようなネクタイ職人、その他多くの職人達は、表舞台に出ることが無くスポットライトを浴びるようなことも今までは無かったし、多くの職人と言われる人たちは今でもそうです。

 

司会の今田耕司さんが、

「俳優に転向、なんて報道も見たけど?」という質問を投げかけておられました。

こうすると、

「職人という仕事を知っていただく機会になればと思い挑戦した」と話しておられました。

 

縁の下の力持ちや黒子のような「目立たない美学」もカッコイイと思う一面もありますが、
こうして、認知してもらえるような積極的な活動が出来ることは素晴らしいと思います。

 

彼という存在が魅力的になればなるほどに、作られる靴も魅力的になっていく。
そういった価値を高めていっている人として素直にスゴイと思いますね。

 

彼のようにチャンスを掴んで表舞台に立って活躍している職人は数えるほどしかいません。
ですが、想いを持って真っ直ぐ日々研鑽している職人はたくさんいます。

 

アイテムは違えど、同じメンズファッションに関わる一人の人間として、挑戦する気持ちを持ち続けて、前に進んでいくことが大切な事だと改めて気づかされました。

 

私たちの送り出すブランドは大切な人への大切なプレゼントに、そして、男性が自分絵のギフトとして選んでいただけるようなネクタイをお仕立てしています。

是非一度、商品もご覧になってみてください。

Yahoo店   BASE店

フォローいただけますと幸いです。

Instagram フォローいただけますと幸いです。

 

 

2018年5月7日
 

GWも明け、今日から仕事の方も多いかと思います。

 

5月に突入し、クール・ビズもはじまりました。

 

クール・ビズが始まるとネクタイの販売はやはり少なくなります。

 

しかし、我々は秋冬物の生産が本格スタートする時期です。

 

夏には冬を、冬には夏を。

 

そんな生産背景です。

 

 

さて、本日5/7に発行された[繊維ニュース]にシャクノが掲載されました。

 

早速お問い合わせや応援のご連絡を頂き、感謝しております。

 

この中で1点、日本橋タカシマヤでの催事と掲載がある部分がございますが、正確には、日本橋三越本店でございます。

 

記載ミスに関して、お詫びと訂正をさせていただきます。

 

申し訳ございません。

 

近日中に訂正の記事が上がりますのでご確認ください。

 

12/10(日)に今年最後のテレビ放送をしていただいた。

今までの総集編のような内容だったように思う。

内容をざっくり書くと、

・主力商品だった製造アイテムから2006年に大きな決断をし、ネクタイ製造に転じたこと。
・今まで培ってきた職人の技術や勘をを頼りに、0からのネクタイ製造に取り組んだこと。
・当たり前だと思っていたことに思わぬ良い評価を得て、感激したこと。
・自社ブランド立ち上げのこと。
・独自技術の開発。発信のこと。
・世界的にも表現力の高い縫製が出来ること。
・これからの夢。

 

などの内容である。

 

放送後はアクセスが急激に増え、オンラインショップの動きも活発になった。
本当にありがたい話だ。

映像を通してみると、当事者の私も、スタッフも、一視聴者のように客観的に観れたような気がする。

 

昨年、一昨年、それ以降ずっと遡っても、テレビに出演したことは一度もなかった。
今年(2017年)に入ってからのテレビ出演の依頼は4本。

たまたま出張中の東京新橋で受けた、「モノクラーベ」というスカパーの番組で珈琲を飲み比べるという街頭インタビューを含めれば5本だ。ワイプ抜きではあるが、「堀潤」さん、「猪瀬元東京都知事」さん、お笑い芸人の「なすなかにし」さんと共演を果たした。

それはさておき、今まで考えることもできなかったテレビに出演する機会がが増えたのだが、
実際は、テレビに出たくて仕事をしているわけではない。

 

ネクタイ製造をする工場の立場や一人のの職人として、

伝えたい「モノ」があって、守りたい「者」があって、届けられる「物」がある。

それをどう伝えようかと模索している途中段階で、結果的に取材のお話をいただいたのが正直な話だ。

 

今も良い方向に変わりたいし変えたいと思っている。
それは、仕事の現状だったり、古い商習慣からの脱却だったり、いろいろだ。

あくまで、ネクタイのOEM生産がメインの工場だという立場は変わらない。
それがあるからこそ、自社ブランドでの動きも出来るのである。
その相互関係やバランスをとりながらやらないと両方ダメになる。

ビッグウエーブを期待しつつも、そんな都合よくはこない。

周りを取り巻く環境が変わるのを待つより、

まず自分が行動を起こして変わっていきながら、周りの方々を巻き込んでいく方が良いと思っている。

原料から製品になり販売されるまでの過程を、よく川に流れに例えて、「川上(原料)」「川中(製品)」「川下(販売)」と例えられるが、

川上から川下に流れていく中で、多くの人が関わるのだから、価格が上がるように価値も上がっていってしかるべきとおもうのだが、現実は、川下に行くにつれて、「者」が作った「モノ」が、ただの「物」になっていくというジレンマは常に抱えている。

良いものだということは大前提。粗悪品ですよと言われて買う人はまずいないだろう。

伝え方、見せ方というのは非常に大切な部分になる。

それに注力した活動がどれだけできているのだろうか。

川上・川中はどれだけコトを起こし、川下へ送れるのか。
川下はそれをどれだけ汲み取って発信できるのか。

現状は、変な例えだが、
川上は、運動部の勉強ができない感覚だけで生きてるバカ。
川下は文科系の勉強ができる臆病者。

個人的にはしっくりきてしまう例えだ。思いついた時は少し笑った。

 

自社ブランドを発信してく過程で、何処の馬の骨かもわからないものを相手にするところは無いのが現実だろう。
だとしたら、何処の何の骨なら相手にしてもらえるのだろうか。
また、何処の何の骨か、所在を明らかにする努力をしているのだろうか。

 

やはり、どれだけの人を巻き込んで、伝え、見せるか。
その大前提にある商品力を最大限に活かすのもまた人なのだと考えている。

 

偉そうに書いてはいるが、私の悩みもそこになるのだが、

私は結構単純な人間なので、直接ユーザーに伝えて、声を聞けば、一歩でも答えに近づくんじゃないか?
なんて考えて動く。
結果、ローカルではあるが、テレビ出演などが増えた。

重ねてになるが、テレビに出たくてやったことではなく、やっていたら依頼が来たという流れだ。

これも、やってなかったら当然「無」だったわけなので、一定の効果はあったのではないかと思う。
注目していただいているということは、同時に期待も背負ってしまった。

その期待に応えるということがミッションである。

 

 

とはいえ、ネクタイを取り巻く環境は厳しい。

それは、業界だとか、システムだとかそんなこと以前に、仕事の多様化やクールビズがある中で、一般的に考えてわかる方も多いのではないだろうか。

アンチネクタイ者も多いのが現実だ。

私に対してのアンチではなく、ネクタイに関してのアンチである。
変わり者かもしれないが、そんな嫌な人間ではないと、あらかじめ言っておきます。
そんな立場にいて、ふと「エゴサーチ」をしてみると面白いことがわかる。

ネクタイについて調べてみると、
カッコイイとか、結ぶ外すの仕草に萌、などの女性目線の声もあるが、

これはエゴサーチ。結果は・・・
・結び方わからん・暑苦しい・意味わからん・無駄の産物
酷いものだと、「考えたやつ〇ね!!!」

などの言葉は結構な数ある。

そうなると、単純な私はいちいち寂しい気持ちになるのだが、

不思議と、
「ネクタイが無い方がカッコイイ」という言葉は見つけられない。

それだけに言われようをしているのにも関わらずです。

潜在的にというと大げさで偉そうに聞こえるかもしれないが、
「有る方がカッコイイ」ということは感じて頂いているのではないかとプラスに捉えている。

色々なことは出来ない。
一芸に特化した不器用な存在であるが、おかげさまで来年からは、直接販売が出来る機会が増える。

ポップアップからのスタートではあるが、私たちに注目していただいた、
「高島屋」さんでの販売も予定されている。
また別企画にはなるが、某有名百貨店さんでの販売も話が進んでいる。

数年前までは考えられれなかったことだ。
小さな一歩に見えるかもしれないが、その一歩が踏み出せてない人たちも多くいるのではないだろか。

私たちに出来ることはそれだけの事かもしれないが、それが出来るのもまた私たちだけなのだと考えて取り組んでいく。

まだまだ仕掛けていく。

 

ブログはいつもまとまりがない。
これも反省点だなといつも感じているが、このブログを見て、意見や問題点、改善点や提案があれば是非お伺いしたい。第三者目線と言ってみても、結局第三者目線になりきれる当事者なんて居ない。

何も感じず「バカなこと言ってるやつがいるよ」と鼻で笑った人は、よっぽど性根が腐った人か、お気楽な人でしょう。

なんて冗談も交えながら今日はここまで。

日々はFacebookなどで発信しています。よろしければご覧ください。

https://www.facebook.com/tatsuhiro.shakumoto?ref=bookmarks

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年3月11日
 

新宿でのイベント前の2/28にOHKさんに取材をしていただきました。

取材風景。

LIBA機なんて、皆さん普段見ることなんてないですよね。
大変興味を持たれていました。

裁断の重ねなんかも、手で重ねてるなんて夢にも思わなかったとのことでした。
ズレを軽減させるには、人の目で見て、人の手で重ねることが重要なんですよ。
結構アナログですので、技術が必要なんです。

ミシン掛けも、機械化されてないんですよ。
本縫いミシンで一つずつ人の感覚で縫い合わせていきます。
商品の顔を整えたりバランスを取るには絶対必要です。

対話形式でのインタビューでしたが、やっぱりなかなか慣れませんね。
上手に伝えられる努力をしなければと改めて思いました。

さて、放送日の3/8(水)

私自身は新宿で仕事中だったので、リアルタイムで見ることはできませんでした。
気にはしていたのですが、忙しかったこともあり、途中は忘れていました。

放送終了後、いつもはまばらにしかならない携帯がブーブーと鳴っています。
地元で見てくださった方々からの連絡でした。

その時点では、まだ見れないので、夜ホテルに帰ってからゆるりと見させていただきました。

お、キャスターの荻原さん結んでくれてる。

アンテナショップにも取材行ってたんですね。
いつもお世話になっている瀬尾店長です。

京都と山梨の生地も綺麗に映ってますね。

オリジナルの型紙も映ってます。
型入れ(設計図書)もアナログで、一つ一つ柄を見ながら合わせていくんですよ。

なんか写真の感じだと、取材慣れしてるみたいに見えるかもですが、実際は緊張しまくりですよ。

ミシンで踏む一歩、針で紡ぐ一針、プレスで包む柔らかさ

どれも手作業にこだわって作ることで伝わるもんです。
それが伝わる、放送だったと思います。

放送日のHPアクセス数は普段の10倍にもなり、オンラインショップへ訪問してくださる方も驚くほど増えました。
メディアの影響というのはすごいなと、改めて実感しました。

より多くの方にSHAKUNONEを知っていただき、伝えていけるように、まだまだこれから。

OHKさんありがとうございました。
良いキッカケをいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

12