blog ブログ

 

《コンセプト》

「静かな迫力を感じるこだわり」

 

SHAKUONE’とは

創業から半世紀を迎えた、岡山県津山市にある小さなネクタイ縫製工場の三代目、
シャクモトタツヒロが2015年に生み出したネクタイブランドです。
シンプルながらも深みのあるデザインと、手仕事に頼った確かな技術から生み出されるネクタイは、
都市部の有名百貨店などの出店でも、お客様をはじめ、プロバイヤーからも高い評価を受けている若手のブランドです。
リアル店舗は構えておらず、普段はオンラインショップでの展開が中心になっているのには訳があります。

大切な人を想い、一本一本のネクタイを仕立てていくには、時間がかかります。
そのために、大量生産ができないため流通量は多くなく、限られた期間での出展しか出来ていない希少なブランドです。

オンラインショップはコチラ

ポイント①女性ユーザーの多さ

男性が身に着けるモノとしてイメージが高いネクタイなのにも関わらず、
実際に手に取っていただくお客様の約70%が女性です。
もちろん、こだわったネクタイを求めている男性のユーザーもいらっしゃいますが、
大切な人の為に特別な《ギフト》を贈りたい、という女性に選ばれているのです。

¥10000(税抜)という価格は、一般的なネクタイギフトとして最も選ばれるプライズゾーンであり、
その中でも、仕立ての良さや、ディティールは高級さを感じることができます。
特にネクタイギフトのボリュームゾーンである価格帯に位置していても、支持をされるワケは、
ファクトリーブランドならではのコストパフォーマンスと、積み上げてきたブランドストーリーにもあります。

ポイント②ユーザーの声をカタチにするデザインと素材

とにかく良いものをお客様に届けたい。
その意思を体現するために、マネージャーでもあり、職人でもあるシャクモトが店頭に立ちユーザーの声を聞く活動を
ブランド立ち上げ前から今も続けています。
一般的に作り手は表舞台に出ることはない「黒子」の存在ですが、
今までの商習慣の中で『作り手がユーザーの声を聞く機会がない』ということに違和感を覚えたことから、
常に販売の最前線にも足を運ぶようにしています。
そのことにより、リアルニーズを知ることができ、そこに少しのこだわりとアクセントを加えることで、
より魅力的なネクタイを生み出し続けることができるのです。

そして、ネクタイの『顔』ともいえる生地は、
富士山を眺めることのできる『山梨県の織物職人』と密な連携を取り、生み出しています。
シルクの美しい光沢を活かしながら、ネクタイならではのしなやかさがある美しい生地を使用したネクタイは、
仕立てのプロと織物のプロが居なければできないのです。

男性のスーツスタイルにおいて、彩を加えるとともに、
第一印象を決めるといっても過言ではないほど重要なアイテムであるネクタイ。

ご自身の特別な一本を選びたい方。
大切な人を想って選びたい方。

是非一度覗いてみてください。

ネクタイブランドSHAKUNONE’の公式webサイト、SNS等のチェック&フォローを是非お願いいたします。

公式Webサイト~ ~InstagramTwitterFacebook
オンラインショップ~BASE店

 

 

こんにちは。

ネクタイブランドSHAKUNONE'(シャクノネ)プロダクトマネージャーのシャクモトです。

このたび、バスケットボール男子のBリーグ(B3)に今季参入をしたプロバスケットボールチーム《トライフープ岡山》のホーム開幕戦に向けた決意表明の記者会見が2019年10月1日に行われました。

その際に選手スタッフの皆さんが着用したオフィシャルスーツスタイルのネクタイをSHAKUNONE’が担当させていただきました。

※オフィシャルスーツはinBlueのデニムスーツ
※オフィシャルネクタイはSHAKUNONE’のシルクタイ

今回、スーツはインディゴのストライプ調で、ボタンホールや裏地にまでこだわりを詰め込んだインパクトのあるデザインでした。
さらにシャツも濃紺系で力強さを表現した組み合わせに感じました。

そこに合わせるネクタイのデザインと仕立てを考えた結果、同色系ネイビーで光沢感と同調性を意識して作成しました。

というのも、
スーツがバスケットボールでいうところの、エース選手や、記憶に残るような名プレーだとしたら、
ネクタイは、目立ちこそしないが、「縁の下の力持ち」としてチームを支えるプレイヤーや、隠れた名プレーです。

そういった部分で、スーツスタイルを成立させる力になれるように、あえてスーツのインパクトを最大限に活かせるようなデザインとカラーリングを意識して作成しました。

着用した選手スタッフの皆様をはじめ、会見後に行われたティップオフパーティーに参加された関係者の皆様からも「シックでカッコイイ」と高い評価を頂きました。

それは、トータル的なカッコ良さであって、ネクタイ単体では成り立ちません。
こだわり抜かれたinBlueのデニムスーツがあってこその評価です。

会見やティップオフパーティーの時に、キャプテンの比留木選手がおっしゃっておられました。

「私たちはプロとして、子供たちの憧れにならなければならない。だから、普段の生活も引き締まった行動をしないといけないし、人の目に触れる時(試合会場の出入りや、試合以外のオフィシャルの場)では、身なり、立ち居振る舞いから高い意識を持っていなければならない」

そして続けてこう言われました。

「経験不足なチーム、ネームバリューの無い選手たちで本当に結果が残せるのか?と言われることもありますが、このチームで、このメンバーでこの優勝できると、全員が信じています」

こういった言葉の一つ一つに、プロフェッショナルの意識を感じて、震えました。

そのプロフェッショナル意識には、プロフェッショナルの仕事で応えなければならないと再認識しました。

まだ創設から間もないチーム。
我々も岡山から全国に発信をし始めたばかりの小さなブランド。

挑戦者として共に挑んでいきたいと感じました。

 

公式Webサイトはコチラ
Instagram~  ~Twitter~  ~Facebook

限定期間、限定地域での展開になっております。
オンラインショップも展開させていただいておりますので、遠方のお客様は是非一度をオンラインを御覧ください。
Yahoo店~   ~BASE店

 

 

 

まだまだ暑い10月。

11月まで延長クールビズをされる方や、通年軽装をされる方がいらっしゃいますが、一応クールビス期間は終わりネクタイ解禁となる時期が来ました。

とはいえ自由。
会社のルールの範疇やご自身の判断でネクタイを楽しんでいただければと思います。

 

さて、2019年9月25日~10月8日までの2週間の間、
ジェイアール名古屋タカシマヤでネクタイブランドSHAKUNONE’を展開しています。

9/26・27と私も店舗に行かせていただきましたが、思わぬ感動に出会うことができました。

というのも、東京や大阪では展開した経験があったのですが、東海地方での展開は初めてで、本来名古屋の方からすれば「SHAKUNONE’って何?」という状態が当たり前だと思っていました。
なので、「よし!ゼロから名古屋の方に知っていただくぞ!」という気持ちでいたのですが、良い意味で裏切られました。

実は、オンラインショップをご利用いただいているお客様が名古屋に多く、会いに来てくださる方がすごく多かったんです。
以前購入していただいたネクタイを着用してご来店くださったり、
前から知っていたけど、やっぱり本物を見て買いたかったとご来店くださったり、
お土産までいただいたり・・・

ちょっと涙が出そうになりましたが、タカシマヤのエスカレーター前で泣くわけにもいかないので堪えました。

もちろん、SHAKUNONE’をご存じないお客様にも選んでいただきました。

商品に自信があるのはもちろんなのですが、
たくさんの有名なブランドに囲まれていると、どうしても「知名度」の部分で劣等感を感じてしまっていました。

でも、そんな気持ちを吹き飛ばすような温かさに包まれた名古屋の二日間でした。

私は岡山に帰り、次は東京出張の準備をしています。

 

ジェイアール名古屋タカシマヤでの反響は大きく、商品の追加もさせていただきました。
機関は10/8までとなっております。

お近くの方は是非足をお運び頂き、SHAKUNONE’に触れてやってください。

 

遠方の方はオンラインショップもご利用いただけますのでご覧ください。

また行きたいな、名古屋。

 

ネクタイをプレゼントに選ぶときに、「どんなブランドを選んだら良いのか?」と悩んだことはないでしょうか?

ネクタイと言ってもいろんなブランドがあって、何を選べばよいのか意外と悩むものです。

特に女性から男性にプレゼントする際は、

「自分では使わないし、わからない」そんな悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。

覚えておきたいのは、
男性が喜ぶものは、ネクタイに限らず『さりげないこだわり』を感じるモノだ。ということです。

ネクタイは、身に着けている男性の魅力や印象を決めるともいわれるものです。
そこに必要とされているのは、決して派手さや奇抜さではなく、風格にも似たある種のステータスのようなものと言ってもいいでしょう。

もちろん有名なブランドも良いでしょうが、
今回は、そういった『こだわり』を感じることができるネクタイ専門ブランドSHAKUNONE'(しゃくのね)を紹介します。※クリックで公式ウェブサイトへ

SHAKUNONE’は、元々田舎の小さな縫製工場から生まれたブランドです。
岡山県津山市に拠点を置きながら、その高い技術と信頼は厚く、誰もが知っている有名ブランドの商品を仕立てる工場でした。

そのSHAKUNONE’最大の特徴は、シンプルな中にも深みと風格があるデザインと長年の技術から仕立てられたディティールです。

素材は国内で厳選したシルクの生地を使用しており、その光沢しなやかさは結び手である男性の気持ちを高めると共に、
第三者から見た印象も美しく、華のある印象を与えます。

生地と仕立てのバランスにこだわりっており、細部にまで気を配り、ネクタイ本来の魅力を最大限に引き出す仕立ては、
結び心地も良く、最高の一本だと言えます。

知る人ぞ知るブランドでしたが、
近年、その注目度は上がっており、都市部の有名百貨店での展開でも大きな反響を呼んでいます。

しかし、その展開は限られた期間、またオンラインショップが中心になっており、希少性が高いブランドとも言われています。

ブランドを立ち上げたマネージャーのシャクモトタツヒロは、同社の三代目として、職人でありながら販売の最前線にも立ってきました。

職人自らが販売の最前線に立つことで顧客のリアルな声を聞き、得た情報をキュレーションしてダイレクトに商品に反映させていることも、
時代とトレンドを融合させたリアリズムのある商品作りができている要因だろうと思います。

また、クラウドファンディングなどを通した商品リリースなども行っており、過去2度の実績は、
ネクタイに関するプロジェクトで、国内1位と2位の達成額と支援者数を集めたほどです。

実際に使用したユーザーからも、
・美しいノットとディンプルができる
・「いいネクタイだね」と話のキッカケになる
・「オシャレだし、カッコイイ」と周囲の評価も高い

と、たかがネクタイと思う方もいるかもしれないが、コアなファンも多いのです。

クールビスが広がり、ネクタイ自体はいくつか持っていても、『勝負ネクタイを持っていない男性』も実は結構います。

大切なシーンや、ここぞという場面で気持ちを高めると同時に気を引き締める役割を持つのがネクタイです。

服装に無頓着な方でも、そういったメリハリをつけることで、印象は大きく変わるものです。

だからこそ、誕生日や記念日などのお祝いの時には大切な人を想って『勝負ネクタイ』をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

さらに、女性顧客が多いのも特徴の一つです。
プレゼントにする場合も、オリジナルボックスなどの用意もあるので最適な選択になるのではないでしょうか。

家族のために、そして自分の誇りをかけて『仕事』で戦っている男性に、想いを込めて贈るネクタイとして、SHAKUNONE’は最適です。
ご検討の参考にしていただければ幸いです。

公式Webサイトはコチラ
Instagram~  ~Twitter~  ~Facebook

 

こんにちは。
ネクタイブランドSHAKUNONE’プロダクトマネージャーの笏本です。

オンラインショップだけではなく、積極的にリアル店舗販売に立ってお客様とのコミュニケーションを取ることを大切にしているのですが、その際に

SHAKUNONE’って
他のネクタイと何が違うの?

と聞かれることがあります。

なので、今回はそこをpickして感じでお伝えしようと思います。

・既存ブランドの系統とSHAKUNONEとの違い

通常ブランドは、ブランドオーナーやデザイナーの打ち出したい世界観を重視して商品企画をし販売をしています。※それが悪いというわけではありません。

しかしSHAKUNONE’の場合は、私自身が「職人」「デザイナー」「オーナー」「販売」と複合的な役割を持っていて、特に「販売」の時にお聞きするお客様の声を重視した企画販売をしています。

いわゆる、一方通行の世界観を発信するのではなくて、様々な情報をキュレーションすることでリアルニーズを汲み取り、そこにちょっとしたブランドとしての世界観をエッセンスとして加えてネクタイを仕立てているというのが、SHAKUNONEの特徴であり他ブランドとの違いです。

・リアルを知るからこその意識

自社ブランドだけではなく、普段は大手メーカーや有名ブランドの商品も仕立てています。

【仕立てる】という意味ではSHAKUNONE’も受託製品も妥協はしません。
これは言わずもがなです。

ただ、受託製品になると、最も求められるのは正確性と安定品質です。

一方、自分たちのブランドで重視しているのは自由と最高品質です。

一般的に、モノを一定数作っていく環境(工場)にいると
沢山の中の1つという意識が生まれてしまいがちですが、それは違います。

いくらたくさんのものを作ったとしても、その1つの商品を手にするのは1人のお客様です。

それは受託生産でも意識することですが、
ひとりひとりのお客様と直接的に接する機会を大切にしている私たちは、

選んでくださる「どこかの誰か」ではなく、
選んでくださる「あなた」

という意識をより強く持っています。

人によっては、見ただけだと他と何が違うかわからないと感じられる方もいるかもしれません。
でも、「わからないなら何となくやればいいや」という気持ちで居ることは、自分でも許せないし、お客様にも失礼だろうと思うんです。

この意識を企画生産から販売まで一貫して持ち続けることで生み出されるネクタイはお客様にも伝わり、感覚的な違いを感じて頂けます。

・実際の顧客層と私たちの役割

情報をキュレーションして最高だと思う1本を作っているSHAKUNONEを実際どんなお客様が選んでくださっているのか?

実は、6割が女性のお客様なんです。

もちろん男性のお客様もいらっしゃいますが、リアル店舗での販売に立ってみるまでこのことに気付けませんでした。

要するに、

ギフトに選んでくださるお客様が
非常に多い

ということです。

99.9%男性が身に着けるモノに対して、これは特別な比率なのではないかと思っています。

ここにSHAKUNONE’の特徴を感じていただけるのではないでしょうか。

自分用のモノももちろんこだわりますが、
ギフトを選ぶ時は必ず、相手のことを想って選びます。
それに応えられる商品作りをして、伝えていくことが私たちの役割だと思っています。

SHAKUNONE’は大手ブランドや超有名ブランドではありません。

大規模な存在と比べると、出来ないことの方が多いのかもしれません。

でも、大切な人(お客様、スタッフ、家族)のことを想って、自分たちにできるすべてを注いでいるブランドです。

結果的に、特別だと感じてくださる多くの方がいてくださり、支えてくださいます。

もし、違いを感じてもらえていない方がいらっしゃれば、それは私たちの力不足です。だからこれからもまだまだ成長していきたいし、もっと伝えていきたいと思っています。

というわけで、SHAKUNONEが他と違うのは

結局、
この熱量が一番の違いかもしれない

 

公式Webサイトはコチラ
Instagram~  ~Twitter~  ~Facebook

限定期間、限定地域での展開になっております。
オンラインショップも展開させていただいておりますので、遠方のお客様は是非一度をオンラインを御覧ください。
Yahoo店~   ~BASE店

123