blog ブログ

 

西日本豪雨災害から2週間が過ぎました。

 

実施中のクラウドファンディングに関して、普段応援サポートをしてくださっている方々も被災され、今日まで被災地の皆様の環境やお気持ちを考慮し、また適切な災害情報や支援情報の発信の妨げにならないようにSNS発信も自粛しておりました。

 

多くの方に応援いただいているプロジェクトではありますが、特に地元の方々からの応援が多いプロジェクトでしたので、悩み、プロジェクトの中止も考えました。

 

ですが、この期間に参加した現地復旧ボランティア作業や支援物資調達で出会った多くの方々や、SNSを通して頑張っている方々との出会いや行動や言葉を通して、

 『負けたらいけん!今じゃけんやらんと!』と気持ちが変わりました。

私自身や会社自体は大きな被害もなく、スタッフもみんな無事でした。

そんな中で、元気に動ける僕たちが災害に負けて諦めてしまうことは何にもならん。

 

大袈裟なタイトルになっているかもと自分でも思ってはいます。
ネクタイで何かが劇的に救えるわけではないとも思います。

でも、今だからこそ、元気な私たちだからこそ、自粛せず目いっぱい戦って目標を達成していくことで少しでも勇気や希望が生まれたらと思っています。

 

元々自社や自分を価値化していくと同時に、地域を盛り上げていきたいといった想いがあるプロジェクトです。

ここで諦めたら負けたことになるじゃないか。

困難があったら立ち向かえなくなるような前例は作りたくないんです。

 

ただネクタイをデザインして販売したいわけではありません。

全部見せて、一つのモノを生み出すプロセスからデザインしていくプロジェクトです!

 

小さな想いかもしれませんが、この挑戦を成功に導く力を私にください!!

 

出会う方々には一人一人丁寧にご説明させていただく努力は継続して行ってまいります。
それに加え、SNSでの発信にご協力いただける方、是非プロジェクトを呼んでいただいた感想や意見などを書き込みシェア頂けると可能性が広がります。

 

何卒、皆様の応援とご協力をよろしくお願い申し上げます。

https://faavo.jp/okayama/project/2547

 

西日本を襲った、未曾有の豪雨により被害を受けられた亡くなられた方に心よりご冥福をお祈りすると共に、被害を受けられた方々へのお見舞いを申し上げます。

㈱笏本縫製は報道されている地区とは離れており、大きな被害は回避することが出来ましたが、特に平素より支えて頂いております方々の被害状況を聞くと心が痛みます。

今、現地に行っても、二次災害や混乱を招く可能性もあります。適切な支援ができるよう今はグッと耐え、時期を待ち、力になれるタイミングで支えにになれたらと思っています。

 

そんな中で、今実行中の弊社のクラウドファンディングプロジェクトに関してご報告させていただきます。

残り32日。45名の方々からの応援を頂き、達成率も46%を超え、これから!といった所ではありますが、この度の災害の状況を受け、毎日発信させていただいていたSNSでの発信を休止させていただきます。

プロジェクトはコチラから。↓↓

https://faavo.jp/okayama/project/2547

 

応援してくださっております多くの方々には大変申し訳なく、私自身ももっと発信し一人でも多くの方に知っていただきたい気持ちは変わりません。

・今まで大切にしてきたモノづくりの環境を守り育てたい。
・私たちの活躍で地域を元気にしていきたい。

そんな想いで始めたプロジェクトではありますが、多くの情報が飛び交うSNS発信、特に岡山県内被災地域の方々も多く見られる中での弊社の発信が妨げになることも想定されます。

一日でも早く、日頃の生活が取り戻せるよう、尽力させていただく所存です。何卒ご理解いただき、またお支えくださいませ。

 

 

 

 

 

日本一若いネクタイ職人の挑戦第二弾への応援ご支援をいただき誠にありがとうございます。

 

昨日グッと伸びを見せ、達成率も35%を突破致しました。

 

前回同様高い目標に対して挑戦しています。

 

一人でも多くの方に知っていただき、応援くださる皆様と一緒にプロジェクトを達成させることが、地域を元気にし、前に進んでいける力が湧いてくるのだと信じています。

 

そんな中で、「クラウドファンディングって何?」「分だけではわからない部分もある」「リターン品で送られてくるネクタイのサンプルを見てみたい」といった声もいただいているのが実情です。

 

直接対面での説明をご希望されるかた、またそういったチャンスを頂ける方がいらっしゃいましたら、是非ご一報ください。

 

可能な限りお伺いさせていただきます。

 

小さな想いも、繋いでいけば大きな力に成りうると信じています。

 

皆様のお力添えを頂けますと大変嬉しいです。

 

 

 

「私は魔法使いなんで。」

 

と祖母が言うのを小さいころからよく聞いていました。

 

ハリーポッター的な魔法ではないのは幼いながらにも知っていましたけど、そうやって自信満々に言っている婆ちゃんが大好きでした。

 

僕たちの会社㈱笏本縫製は、そんなお婆ちゃんが内職を始めたことがキッカケだったんです。

僕の祖母が縫製業に就職し、結婚を機に退職。

子育てをしながら、得意としていた縫製の仕事をしたいということから、近隣の工場からの内職加工の仕事を集め、近所の仲間たちと一緒に自宅の一部屋を加工場として仕事を始めました。

お人よしと真面目さと体力が売りだったお婆ちゃんの引き受ける仕事は、

「納期に迫られたギリギリの仕事」が多かったらしいです。

 

夕方に何千枚も納品されて、それを「明日の朝7:00に取りに来るからなんとかしてくれ!」

という何とも大変そうな仕事をすることは当たり前で、そんな毎日を繰り返しているうちに、

 

「笏本さんの所に持って行けば何とかしてくれる」

 

といったような噂が出来ていたようです。

  

 

それ故に、自称だけではなく、依頼主からも、

「笏本さんは魔法使いじゃで」「小人の靴屋さんじゃ」と言われていたようです。

 

しんどかったと思いますが、本人は「頑張ったら喜んでもらえるから」とよく言っていたそうです。

 

でも、早くに夫を亡くしました。

僕の生まれる1年程前、49歳ですい臓がんだったらしいです。

 

だから、僕はお爺ちゃんに会ったことがありません。

 

そこから、今までの仕事が「生きるための仕事」に変わっていったと、聞きました。

 

受ける仕事も増やし、朝も昼も夜も働いて、自宅の部屋も一つずつ仕事場に変わっていきました。

 

そのころから、母も叔母もおばあちゃんの意思を受け継ぎ、一緒に仕事をするようになりました。

だから、ぼくの幼少期のベビーベッドはダンボールの中だったんだろうと思いますね。
(だから狭い所の方が落ち着くのかな・・・)

※ダンボールに入っている写真が見当たらなかった・・

 

それからも、魔法使いっぷりは健在で、祖母、母共に夜遅く帰ってきたり、一旦ご飯を作って食べさせて仕事に行く、なんてことはよくあり、

妹と、「大きくなっても同じ仕事はしたくないね」なんて話していたような気がします。

 

ですが、世の中では、今まで国内で作っていた衣料品の製造が海外生産メインに変わっていき、
今までのような受注量は確保できず、海外とのコストの違いから国内コストもどんどん安くなっていきました。

このころ、お婆ちゃんの体に異変が起きたんです。

体調を崩し、あまり仕事が出来なくなってきたんです。

思ったように体が動かない。

「パーキンソン病」という難病でした。

結果的に、娘に世代交代をさせるような状態になりました。

 

怒涛の時代の流れの中で生き残りをかけて、ネクタイ縫製へと舵を切ったのもこのころです。

 

ネクタイ専業ではなかったことが逆に幸いし、専業工場とは少し違った視点や感性を取り入れながら作ったネクタイは、取引先からは、「こんなにきれいなネクタイは見たことない」と言って頂けるようになりました。

 

今はこうして書いていますが当時は美容師として仕事をしていて、実家の仕事を見ることもしていませんでした。

 

そんな中で、仕事を任された母の体調が悪くなり、

本業の美容師の仕事が終わった後に、仕事を手伝うようになったんです。

 

僕は、自分の実家の仕事は、安物を夜な夜な作っているものだと思っていました。

 

ところが、大人になり改めて見てみると、誰もが知っているようなメーカーの商品や、ブランドの商品がたくさんあったんです。

単純かもしれませんが、この時に自分が育った背景にあるものはこんなに凄いものだったんだと気づかされたんです。

 

婆ちゃんのような魔法使いにはなれないかもしれないけれど、

ちょっとでも近づいて、追い越して、

 

婆ちゃんが作って、母たちが土台を作り上げたものを、守って育てていくことは、

「僕」にしかできないことなんじゃないかと思ったわけです。

 

自分の生き方は自分で決めたらいい。
無理に家業を継ぐことは無い。

 

そう言われて育ってきました。

 

本当は継ぐ必要は無かったのかもしれません。

 

でも、守りたいもの、未来に繋げたいコト、育ててくれたことへの感謝が、僕を動かしました。

 

一緒に働いてくれる仲間も増えました。

支えてくれる仲間も増えました。

信頼してくれるお客様も増えました。

 

それでも、まだまだこれからなんです。

 

厳しい環境は変わりません。

周りを見ても、たくさんあった縫製工場はパタッと無くなりました。
衣類の全生産数の2%ちょっとしか国産じゃないって状況ですから、当然の状況ですよね。

 

僕たちが、想いを引き継いで、モノづくりをし通して多くの方に感動していただける仕事をしていくには、勇気を振り絞り、支えてもらいながら前に進んでいくしかありません。

 

婆ちゃんの魔法には勝てないかもしれないけど、婆ちゃんには出来ない方法で、

僕なりの方法で意思を未来に繋いでいきたいんです。

 

僕が出来る恩返しって、今を生きて未来につなぐコトしかできないように思うんです。

 

そんなこと?そんなことではなく、それば僕の原点です。

 

おばあちゃんが生きているうちに、おばあちゃんとは違った形かもしれませんが、

僕も魔法使いのような仕事ができるようになって、おばあちゃんに褒めてほしい。

正直そんな気持ちもあります。

 

その為にも、一人でも多くの方に感動していただけるような仕事ができるようにならないといけません。

 

たしかにクールビズのが浸透してきて、ネクタイをしないことも良しとされる時代になっていることは理解をしています。

「あえてネクタイをする」そんな時代になったからこそ、

芯に響く魔法のようなネクタイが創れたらいいなと思っているんです。

 

小さな町の小さな工場の挑戦です。

 

目に触れる機会も少ないでしょう。だからこそ支えてほしい。

 

皆さんのご支援の一つ一つが大きな力になります。

 

素敵なリターン品を用意して恩返しさせていただきます。

 

是非応援よろしくお願い致します。

https://faavo.jp/okayama/project/2547

 

 

 

プロジェクト達成率もおかげさまで23%を超えました。

そんな中で、№1ファッションビジネス専門誌である「繊研新聞」にプロジェクトが取り上げていただきました!!

皆様にはあまりなじみのない新聞かもしれませんが、主にはユニクロやイオンといった大手、ビームスやユナイテッドアローズといったセレクトショップ、さらに大手百貨店などでの取り組みや、業界動向、革新性の高い取り組みなどを取り上げて発信している新聞です。

 

 

僕たちのような小さな工場の取り組みが注目されるコトはめったにないのですが、

今回、取り組みの面白さやチャレンジに対する熱、商品やブランドに魅力を感じて頂いた記者の方からの取材で繊研新聞に掲載されたんです。

 

 

目の肥えた消費者の方々や、大手のバイヤーも注視している新聞です。

 

より一層負けられない挑戦になりました。

 

 

皆様の応援をよろしくお願い致します。

 

https://faavo.jp/okayama/project/2547