blog ブログ

 

ファクトリーブランドって何だろう?
聞いたことはあるけど具体的な意味まではわからないな。
と思う方々もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、ファクトリーブランドって実際こういうものなんだというところに焦点を置いて書きたいと思います。

そもそも  「ブランド」  って何?
という話なんですけど、ブランド品といえば?と言われると、いくつかは名前も出てくるでしょう。海外のバッグの有名ブランドだったり、財布だったり、はたまた高級車だったり。

ブランドというのは、簡単に言うと「名前」ですね。
法的には商標とかトレードマークという考え方ですかね。

しかし実際の「名前」の背景には、信頼性、信念、ストーリーなどのイメージが凝縮されています。

好きなブランドってみなさん一つはあるんではないかと思うのですが、それはそのブランドの歴史や物語、それによって生み出されるデザイン。さらには信頼性を好きになっているということに他なりません。

そこで、「ファクトリーブランド」ってなんだ?
ということです。

ファクトリー=工場

要するに工場(作り手、職人)が直接発信するモノづくりを価値化、ブランド化したものです。

通常、工場は既存ブランドや、メーカー、商社が企画デザインしたものをOEM生産(委託加工)しております。

全国、世界で輝かしく光っているブランドの品も、そういった工場が生産をしています。皆さんの周りにも、田舎でも都会でも
え?〇〇の商品ってここで作ってたの??と驚く工場は一つはあると思いますよ。

そんな近くにあっも気づかれない。
実際目にはつかない。
今まで決して表舞台に出てくることのなかった工場、職人、作り手が商品企画を行い、自身の強みである技術をいかんなく発揮してモノづくりを行い、直接発信するもの。
それが【ファクトリーブランド】です。

有名ブランドの商品を作っている工場が展開するファクトリーブランドの場合、
ブランドタグは違うものが付いていたとしても、素材や品質は一級品です。

一流の品質を比較的手に取りやすい価格帯て展開できるのもファクトリーブランドの特徴ですね。

今まで表舞台に立ってこなかったファクトリーが、直接お客様の声が聴けるようになることで、その声を商品づくりに直結させられるのもメリットですね。
どうしてもいままでは間接的にしか繋がってこれなかったので。

我々作り手としてお客様に感じてほしいことがあります。

今まで培った技術を生かし、モノづくりのプロとして送り出す商品たちは、すべて自信を持って送り出せるモノです。それはプロとしては当たり前のことなのです。
そのモノを作っているのも人であり、その人にもプライドやストーリーがあります。
そんな一つの商品に対して、思いやストーリーを身近に感じることができるのもファクトリーブランドの特徴かと思います。

もしそういうモノに出会う機会がありましたら、是非一つのモノの奥にあるストーリーにまで目を向けてみてください。

面白い一面も見えてくるかもしれません。

 

書いている私も、実は職人。

10年ほど前からネクタイを仕立てていますが、当時から今まで日本一若いネクタイ職人のままです。

10年間後世が育ってないのです。

ネクタイを結ばなくなったこの時代に、あえてネクタイを作り続ける意味は無いと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、私はあると思っています。

ネクタイは無意味だ。無い方が楽だという声があるのも確かです。

でも、不思議と「無い方がカッコイイ」という言葉は聞こえてきません。

カッコイイものを作らないというのはもったいないなと思って仕事をしています。

 

https://shakunone.thebase.in/