blog ブログ

 

12/10(日)に今年最後のテレビ放送をしていただいた。

今までの総集編のような内容だったように思う。

内容をざっくり書くと、

・主力商品だった製造アイテムから2006年に大きな決断をし、ネクタイ製造に転じたこと。
・今まで培ってきた職人の技術や勘をを頼りに、0からのネクタイ製造に取り組んだこと。
・当たり前だと思っていたことに思わぬ良い評価を得て、感激したこと。
・自社ブランド立ち上げのこと。
・独自技術の開発。発信のこと。
・世界的にも表現力の高い縫製が出来ること。
・これからの夢。

 

などの内容である。

 

放送後はアクセスが急激に増え、オンラインショップの動きも活発になった。
本当にありがたい話だ。

映像を通してみると、当事者の私も、スタッフも、一視聴者のように客観的に観れたような気がする。

 

昨年、一昨年、それ以降ずっと遡っても、テレビに出演したことは一度もなかった。
今年(2017年)に入ってからのテレビ出演の依頼は4本。

たまたま出張中の東京新橋で受けた、「モノクラーベ」というスカパーの番組で珈琲を飲み比べるという街頭インタビューを含めれば5本だ。ワイプ抜きではあるが、「堀潤」さん、「猪瀬元東京都知事」さん、お笑い芸人の「なすなかにし」さんと共演を果たした。

それはさておき、今まで考えることもできなかったテレビに出演する機会がが増えたのだが、
実際は、テレビに出たくて仕事をしているわけではない。

 

ネクタイ製造をする工場の立場や一人のの職人として、

伝えたい「モノ」があって、守りたい「者」があって、届けられる「物」がある。

それをどう伝えようかと模索している途中段階で、結果的に取材のお話をいただいたのが正直な話だ。

 

今も良い方向に変わりたいし変えたいと思っている。
それは、仕事の現状だったり、古い商習慣からの脱却だったり、いろいろだ。

あくまで、ネクタイのOEM生産がメインの工場だという立場は変わらない。
それがあるからこそ、自社ブランドでの動きも出来るのである。
その相互関係やバランスをとりながらやらないと両方ダメになる。

ビッグウエーブを期待しつつも、そんな都合よくはこない。

周りを取り巻く環境が変わるのを待つより、

まず自分が行動を起こして変わっていきながら、周りの方々を巻き込んでいく方が良いと思っている。

原料から製品になり販売されるまでの過程を、よく川に流れに例えて、「川上(原料)」「川中(製品)」「川下(販売)」と例えられるが、

川上から川下に流れていく中で、多くの人が関わるのだから、価格が上がるように価値も上がっていってしかるべきとおもうのだが、現実は、川下に行くにつれて、「者」が作った「モノ」が、ただの「物」になっていくというジレンマは常に抱えている。

良いものだということは大前提。粗悪品ですよと言われて買う人はまずいないだろう。

伝え方、見せ方というのは非常に大切な部分になる。

それに注力した活動がどれだけできているのだろうか。

川上・川中はどれだけコトを起こし、川下へ送れるのか。
川下はそれをどれだけ汲み取って発信できるのか。

現状は、変な例えだが、
川上・川下は、運動部の勉強ができない感覚だけで生きてるバカ。
川下は文科系の勉強ができる臆病者。

個人的にはしっくりきてしまう例えだ。思いついた時は少し笑った。

 

自社ブランドを発信してく過程で、何処の馬の骨かもわからないものを相手にするところは無いのが現実だろう。
だとしたら、何処の何の骨なら相手にしてもらえるのだろうか。
また、何処の何の骨か、所在を明らかにする努力をしているのだろうか。

 

やはり、どれだけの人を巻き込んで、伝え、見せるか。
その大前提にある商品力を最大限に活かすのもまた人なのだと考えている。

 

偉そうに書いてはいるが、私の悩みもそこになるのだが、

私は結構単純な人間なので、直接ユーザーに伝えて、声を聞けば、一歩でも答えに近づくんじゃないか?
なんて考えて動く。
結果、ローカルではあるが、テレビ出演などが増えた。

重ねてになるが、テレビに出たくてやったことではなく、やっていたら依頼が来たという流れだ。

これも、やってなかったら当然「無」だったわけなので、一定の効果はあったのではないかと思う。
注目していただいているということは、同時に期待も背負ってしまった。

その期待に応えるということがミッションである。

 

 

とはいえ、ネクタイを取り巻く環境は厳しい。

それは、業界だとか、システムだとかそんなこと以前に、仕事の多様化やクールビズがある中で、一般的に考えてわかる方も多いのではないだろうか。

アンチネクタイ者も多いのが現実だ。

私に対してのアンチではなく、ネクタイに関してのアンチである。
変わり者かもしれないが、そんな嫌な人間ではないと、あらかじめ言っておきます。
そんな立場にいて、ふと「エゴサーチ」をしてみると面白いことがわかる。

ネクタイについて調べてみると、
カッコイイとか、結ぶ外すの仕草に萌、などの女性目線の声もあるが、

これはエゴサーチ。結果は・・・
・結び方わからん・暑苦しい・意味わからん・無駄の産物
酷いものだと、「考えたやつ〇ね!!!」

などの言葉は結構な数ある。

そうなると、単純な私はいちいち寂しい気持ちになるのだが、

不思議と、
「ネクタイが無い方がカッコイイ」という言葉は見つけられない。

それだけに言われようをしているのにも関わらずです。

潜在的にというと大げさで偉そうに聞こえるかもしれないが、
「有る方がカッコイイ」ということは感じて頂いているのではないかとプラスに捉えている。

色々なことは出来ない。
一芸に特化した不器用な存在であるが、おかげさまで来年からは、直接販売が出来る機会が増える。

ポップアップからのスタートではあるが、私たちに注目していただいた、
「高島屋」さんでの販売も予定されている。
また別企画にはなるが、某有名百貨店さんでの販売も話が進んでいる。

数年前までは考えられれなかったことだ。
小さな一歩に見えるかもしれないが、その一歩が踏み出せてない人たちも多くいるのではないだろか。

私たちに出来ることはそれだけの事かもしれないが、それが出来るのもまた私たちだけなのだと考えて取り組んでいく。

まだまだ仕掛けていく。

 

ブログはいつもまとまりがない。
これも反省点だなといつも感じているが、このブログを見て、意見や問題点、改善点や提案があれば是非お伺いしたい。第三者目線と言ってみても、結局第三者目線になりきれる当事者なんて居ない。

何も感じず「バカなこと言ってるやつがいるよ」と鼻で笑った人は、よっぽど性根が腐った人か、お気楽な人でしょう。

なんて冗談も交えながら今日はここまで。

日々はFacebookなどで発信しています。よろしければご覧ください。

https://www.facebook.com/tatsuhiro.shakumoto?ref=bookmarks