blog ブログ

2019年1月18日
 

現代における服装への意識は変わってきています。

その中でネクタイの必要性に関しては幾度となく議論されてきたことでしょう。

 

情報に関してはなるべく聞いて、一般の方の意識がどうあるかを把握するようにはしています。

 

必要不必要の議論に出会う場面もありますが、
現代においての服装は

『どういう服装であるべきか』を合理的に考えれば良いと考えています。

 

 

ただし、服装が精神に作用するという部分は否めません。
Tシャツ短パンで作業しているときとスーツで仕事しているときでは良くも悪くも気持ちが変わります。

『いやいやそもそも仕事=スーツにネクタイという意識が時代遅れだ。』という意見も見られますが、
私はそうは思いません。

 

簡単に言うなら、超有名高級レストランで働くウエイターがTシャツ短パンにサンダルだったら誰だって嫌でしょう?ということです。

 

一般企業でも、「スーツ・ネクタイ着用」などのを規定している所もあるでしょう。
クールビズ期間はビジネスカジュアルOKですが「ジーンズやサンダルはNG」などの制限も当然あります。

これは、会社の方針だったり、信頼性を大切にする職業柄だったりと、様々な理由があるかと思いますが、

スーツが嫌なら私服OKの会社で働くことをお勧めします。

特に接客業であれば身だしなみに関して制約があるのは当然な訳で、
またホテルや高級レストランは制服着用を義務付けがある一方で居酒屋では私服OKなどの差があるのも当然のことです。

 

確かにひと昔前からは変わってきた意識はあると思いますが、本来TPOに合わせた服装をすればよい話で、不要論を議論する程のことではないように思います。

逆をいうなら、クールビズ反対運動ほど意味のないモノはありません。
今から無くしたって意味ないです。

 

今の時代に身近なところ、また国内の当たり前を考えながら、もっと言うなら世界基準でのTPOを考えて、
スーツやネクタイの着用を考えてみたらいいのではないでしょうか。

 

※仕事柄もありますが、私はシンプルにスーツスタイルはカッコイイと思っているので、普段から着るようにしています。