blog ブログ

 

誕生日や記念日、お祝い時など男性へのプレゼントの王道のネクタイ。

ネクタイは大人の男性のビジネススタイルにとっては実用的であるだけでなく、単調になりがちなスーツ姿において、
彩りを加えて個性をアピールできる優秀なアイテムです。

同じスーツを着ていてもmネクタイを変えるだけでガラリと雰囲気が変わります。

ネクタイをする機会も減ったし、プレゼントにするのもなぁ‥‥と思われる方もおられるかもしれませんが、むしろ逆です。

ネクタイをする機会が減ったのは確かですが、だからこそ「ここぞ」という機会に結ぶ、いわゆる「勝負ネクタイ」を持っていない人も多いんです。

とはいえ、簡単そうで意外と難しいネクタイ選び。

贈る相手を大切に想うからこそ、喜んでもらえる一本を選びたいと思いますよね。
そこで、もらって嬉しいネクタイの選び方とを3つのポイントを踏まえて情報をお伝えします。
是非参考にしてみてください。

ポイント①【価格】

ネクタイをプレゼントする場合の平均相場は約5,000円~20,000と言われています。

贈る相手の年齢や目的に合わせることも大切かと思いますが、その中でオススメの価格帯はズバリ¥10000+税の価格帯です。

理由】
プレゼントに選ぶ一般的なネクタイの価格相場であるということに加え、バリエーションの豊富さにあります。
そして、この価格帯にくると、素材として使われているのは概ねSILK(絹)を使っていますので、その光沢感やしなやかな結び心地は貰った相手にも伝わることでしょう。

ポイント②【ブランド】

プレゼントにするなら有名なブランド品にしたい!
といったことを聞くこともありますし、それも選択肢の一つとして決して的がっていません。

しかしあえて言うなら、ハイブランドになっていくと、いかにもブランド感が出てしまい、少しギラギラした感が否めなくなるケースもあります。

良い車を乗り回したり、ブランド物に身を包むのも一つのステータスかもしれませんが、ビジネスにおいて、さりげなく良いものを身につけているといった印象の方が好印象を持たれることが多いですから、安易に「ハイブランドだから喜ばれるだろう」と選択をしないことをオススメしています。

ポイント③【色・柄・サイズ】

価格とブランドは絞ってみたけど、それでもたくさんある・・・どれにしよう・・・
と、結局ここで一番悩んでしまします。

なので、ネクタイを贈る相手が、実際にどのような場面で使用するのか、
また、相手の方がどんな印象にみえてほしいのかを考えてみるのも良いでしょう。

就活なら「信頼性」・・・青系
大事なプレゼン「情熱」・・・赤系
新規営業「爽やかさ・親しみやすさ」・・・黄色系、ピンク系

柄においても同様の考え方ができますが、やはり、シンプルなデザインが好まれます。
しかし、ただシンプルにするのではなく、どこか一つアクセントになるようなこだわりが見えるようなものを選ばれると喜ばれるでしょう。

場合によってはデザインで冒険してみるのも良いかと思いますが、
サイズは冒険しない方が良いです。

スーツのラペル幅(襟の幅)とネクタイの幅を合わせるのがバランスが良いと言われていますが、
その中で定番サイズといえば大剣幅8cm~8.5cm程度です。

細めが流行っているのでは?と聞かれることもありますが、細すぎる威厳がなくなり軽いイメージになってしましますし、
太すぎると野暮ったい感じになってしまいます。

そういった面で選ぶサイズとしても8~8.5くらいが良いでしょう。

これは、専門的な知見だけではなく、
プレゼントを贈る側、もらう側の両面からの声を実際に聞いて、
情報をキュレーションしまとめた内容です。

私たちのネクタイブランドSHAKUNONE’は、その声に忠実に商品を企画しお仕立てをしています。

あなたの『贈りたい』『喜んでほしい』という想い。
貰った側の『嬉しい』『ありがとう』という想い。

それを生み出せる商品づくりとブランディングに力を入れています。

実際にSHAKUNONE’を選んでくださるお客様の8割近くが女性のお客様です。

プレゼントにネクタイをご検討の方は、是非一度SHAKUNONE’を覗いてみてください。

公式Webサイトはコチラ
Instagram~  ~Twitter~  ~Facebook

限定期間、限定地域での展開になっております。
オンラインショップも展開させていただいておりますので、遠方のお客様は是非一度をオンラインを御覧ください。
Yahoo店~   ~BASE店