blog ブログ

2018年12月24日
 

ミシンの音を子守歌にして育ってきた日本一若いネクタイ職人をしております笏本達宏と申します。

私が挑戦しているコトは
・地方から日本一のネクタイブランドを作ることです。

今モノづくりを取りまく環境は危機的状況です。

私が小さいころから見て育ってきた職人の姿は、表に出ることはなくても、

素材にカタチにして命を吹き込むことができる

「カッコよくて誇らしい仕事でした」

でも、現実には

ドラマの下町ロケットや陸王でも描けないような理不尽な扱いを受けている

下請けの職人はたくさん存在しています。

その原因は今までの商習慣にありました。

一般的にモノが消費者に届くまでには、たくさんの壁を通過していきます。

職人がお客様と直接繋がることはなく、実質一番遠い所に居ることがわかります。

お客様との関係性が遠く薄くなっていくにつれてビジネスをしていく上で弱い立場でになっていたんです。

・お客様が見えない。
・利益が生み出せない。

・持続可能なモノづくりができない

自分達でこうした問題を解決して成長していく為には、

今まであった壁を無くしてお客様と関係を築いていく必要がありました。

そこで顧客と作り手を繋ぐ架け橋を作りました。

それがネクタイブランドSHAKUNONEです。

ブランドコンセプトは

「静かな迫力」

今までのような一方通行のモノづくりじゃなくて、

派手さではなく、少しのこだわりを求める

お客様の声をカタチにしながら魅力を提供しています。

最初のころは〔田舎からできるわけがない〕と馬鹿にもされたこともありました。

でも、たくさんの方に支えて頂いた結果として

2017年18年にFAAVO(現FAAVO by campfire)を活用して挑戦したクラウドファンディングや、

それをキッカケにしてお声掛けいただいた有名百貨店での販売のチャンスでも

自分たちでも驚くような実績を上げることが出来たんです。

 クラウドファンディング第一弾⇒https://faavo.jp/okayama/project/2225
クラウドファンディング第二弾⇒https://faavo.jp/okayama/project/2547
※2018年大手百貨店での出展
(各店舗で期間中ブランド別売り上げ1位)

支持してくださりファンになってくださったお客様からは
今まで聞くことのできなかった反響の声も聞こえるようになってきて、
地方からでもできる!と自信が持ててきました。

とは言っても、まだまだ小さなブランドです。

これからオンラインショップや販路開拓など、たくさんの挑戦をしていかなければいけません。

一つ一つを積み重ねて、小さな工場からでも

できるんだということを証明することが、

 

『お客様』には魅力的な商品と価値を。

『職人』には成長と評価を。

『地域』には誇りと雇用を。

そんな今までに無かったような素敵な関係性を作っていくと考えています。

どんな有名なブランドにも、それを生み出す『人と環境』がありました。

SHAKUNONEも支えてくださっている方々や

育ててきた環境が土台になってできているブランドです。

『人口も違うと思うし、ネクタイで挑戦するなら田舎より都市部に出た方がいいんじゃない?』

と言われたこともありますし、市場調査や営業の効率、どれをとってももしかしたらそうなのかもしれません。

でも、このブランドは私が生まれたこの地やこの環境、
支えてくださる方々が居なかったらできなかったモノですし、ここは自分の原点です。

だから腰を据えている場所はこの地でありたい。
そう思っています。

日本を代表する車のブランドはどこですか?と問うと、
みなさん何かしらのブランドが頭に浮かぶと思います。

では日本を代表するネクタイブランドは?と問うと、
意外と出てこないものです。

だったらそれを目指したい。

2番でいいということはありません。
たくさんの方が支えてくれているからこそ

ネクタイと言えばSHAKUNONEと言って頂けるような、

日本一信頼されるブランドを作ります。

5年後10年後の未来を作るために、

価値や魅力を感じて頂いた方は

是非一度SHAKUNONE’に触れていただき、夢の共演者になっていただければ幸いです。

 

ご清聴ありがとうございました。

 

ネクタイの着用時期は11月という会社も多いかと思いますが、
その着用時期と同時期になります、10/30~11/13の期間で、日本橋三越本店 2FンクタイサロンでSHAKUNONEを展開させていただきます。

日本橋三越webサイト→https://www.mitsukoshi.mistore.jp/nihombashi.html
今回は、根強い支持を頂いている《SHAKUNONEロゴシリーズ》と、日本庭園にインスピレーションを受けて作った表面に凹凸のある《庭園》をはじめ、静かな迫力を演出するネクタイをご用意させていただいております。

 

数と期間には限りがございますので、是非日本橋三越本店にお越しくださいませ。

 

 

ブランドマネージャーの笏本達宏も11/5の夜から11/13の最終日まで店頭に伺わせていただきます。

 

 

ネクタイを結ばなくても良い時代になりました。

言葉づかいで言えば、ネクタイは『敬語』みたいなものです。

必要ない場合には着けなくてもいいですし、必要な時には着けるべくモノなんです。

 

捉え方は人それぞれあるかと思いますが、

ネクタイが好きですか?と問うと、苦手な方もいらっしゃるでしょう。

 

ですが、ネクタイをしている姿としていない姿、どちらがカッコイイですか?

と問うと、多くの方がネクタイをしている姿がカッコイイと答えます。

 

難しい問題ではありません。

 

魅力的に自分を演出するべき時、またしたいときに選ばれるモノとして、
スーツスタイルに華を添えるネクタイとして、ご紹介させていただきます。

 

遠方でご来店いただけない方、またお時間の都合の合わない方は、
オンラインショップでも展開をさせていただきております。

よろしければ合わせてご愛顧よろしくお願い致します。

オンラインショップはコチラ→https://shakunone.thebase.in/

 

 

 

まだまだ暑い時期が続いていますが、秋冬に向けての出展依頼などは早くから動き始めます。

2015年に産声を上げたネクタイブランドSHAKUNONEも多くの方に支えて頂きながら、少しずつではありますが育ってきました。
そんな中で、webサイトや日々の発信にも書かせていただいていますが、
《ブランド紹介と商品紹介》をしてくださいと問い合わせを受けた際に担当バイヤーさんなどにお答えする内容を書かせていただきます。

 

・ブランド紹介
数多くのブランドの商品を仕立てている小さな町の縫製工場から生まれたネクタイブランドデザインです。半世紀にわたり培ってきた技術で、素直で自然に結べるネクタイをお仕立てしています。

また職人自らがユーザーの声を聞き、その声をカタチにすることで、《作り手》と《使い手》との間にあった理想のギャップを埋め「雑味の無いシンプルな風合い」を纏うネクタイを送り出しています。

見た目だけのデザインではなく、商品を提案制作する過程を公開し、プロセスからデザインされたネクタイは、クールビズや温暖化で必要性が少なくなってきたように感じられる現代に、あえて結びたくなるような想いを秘めた魅力を感じて頂くことができます。


・商品紹介
シルク100%にこだわり低速織機で高密度に織られた国産織の生地は、美しい光沢と品格を演出し、身に着ける男性の魅力を引き立てます。
1本のネクタイで身に着ける人の魅力を最大限に引き出すために、一本一本大切に人の手によってお仕立てしたネクタイは、柔らかな質感と心地の良い結び心地を感じて頂けます。


ビジネスパーソンの必需品として存在してきたネクタイですが、その過程で大切な《成長》をしていませんでした。

一方的にと言うと語弊があるかもしれませんが、それに近い商品提供をしてきたのが今までの作り手のスタンスだったのではないかと思います。

私たちがやっていることは思ったよりシンプルなことで、
《お客様から頂く声》は、「欲しいモノ」というだけではなくて、《自分がどうなりたいか、どう見えたいか》ということだと考えています。

プロダクトアウトとして、価値を提案提供をしていく側面はもっていますが、
お客様の声を聞きカタチにすることで、《なりたい自分》《他覚的に見えたい姿》をストレートにマーケットインしていく方法を取っています。

自分だけで成長していく単独の商品開発やブランディングではなく、共創して作り上げりことが私たちチームSHAKUNONEのスタンスです。

そうした動きが結果的にチャンスを生み出して、有名店などでの展開などにも繋がり、より多くのお客様に手に取っていただく機会ができました。

見た目だけで身に着けるのであれば、たくさんのブランドや商品があります。
名前で圧倒的価値を提供しているブランドもあることは事実です。

 

SHAKUNONEを深く知っていただくことが、身に着けていただく時に、心を支え、高揚感、満足感、充実感を感じて頂けることに繋がれば良いと考えています。

 

結ばなくても許される時代にネクタイブランドを創ったのが私たちです。

時代に取り残された変わり者と見る方々もおられるかもしれませんが、そのあたりは私自身あまり気にしていません。

 

それはかシンプルに《スーツ姿にネクタイをしている姿がカッコイイ》と思っているコトと、

この時代だからこそ、《あえてネクタイを身に着けることに新しい価値がある》と考えているからです。

今までの当たり前が当たり前でなくなることは往々にしてあります。
だから時代を批判悲観をするよりも、もっとSHAKUNONEを選んでくださるお客様に感動していただいて、自分たちも成長して行けるかを考えて進んでいきたいと思っています。

 

トレンドの意識と言うことは常に考えていかなければなりません。

 

お客様からも「今どんなのが流行っていますか?」という質問は非常に多くいただきます。

 

 

カジュアル衣料程ではないにしろ、たしかにビジネスウエアの中にもトレンドや流行は存在します。

 

 

そんな中でも、市場のトレンドに流されない、SHAKUNONE独自のコンセプトや世界観というものは存在します。

 

①【声をカタチに】

通常作り手は影の存在で、市場に商品を提供することはしても、エンドユーザーと直接的に接点を持つことはありません。

今まで良い声も悪い声も、私たち職人の元へは届いてきませんでした。

本質的にお客様に感動していただけるモノを仕立てていく為には、それではいけないと思い、店舗にお願いをし販売の最前線に立つことを始めました。

そのことにより、お客様の生の声を聞き、良い点も悪い点も吸収することで、直接的に商品への反映をさせることが可能になりました。

SHAKUNONEのネクタイは、お客様の声なのです。お客様の声にSHAKUNONEのテイストを加えたネクタイなのです。

 

 

 

②【あなたの素敵な共演者】

ネクタイは主役ではありません。主役は身に着けるあなた自身です。

その想いを持ち続けています。

 

決してスーツやシャツが主役でそれを引き立てるモノなのではなく、身に着ける男性を魅力的に引き立てる〔共演者〕。

映画やドラマでいう主役と共演者の関係を結ぶことが出来れば、あなたはもっとカッコよくなれます。

ですので、主張をしすぎません。派手な演出ではなくあなたをそっと支える共演者でありたいと思っています。

なので派手なデザインは多くありません。自然に男性が引き立つ世界観を演出しています。

 

 

 

今日、繊維ニュースさんの取材を頂きました。

 

取材中に、上記のコンセプトや世界観のお話までさせていただきましたが、

 

 

「それは、元々美容師をしていたという経験が大きく影響しているのではないですか?」

 

 

と言われました。

 

 

 

元々美容師をしていたということに関しては時々お話しすることはあっても、話のネタ程度で、あまり影響があるとは自身では思っていませんでした。

 

 

ですが、逆に記者の方に引き出していただいた部分があるのではないかと感じました。

 

 

お客様を魅力的に演出する仕事として、美容師と現職は通ずるものがある。

 

 

新たな発見をさせてもらいました。

 

シャクノネin日本橋三越本店4日目。

嘘だろおい。

無名のブランドがそこまで支持されるのか?

 

三越本店のほかの売り場の方々や、関係のメーカーさんも見に来るほど、良い意味で反響を頂いています。

何よりお客様が感動してくださり、喜んでご購入頂けることは非常に嬉しいです。

こういった自社ブランドを販売する上で、
「自分が作った」というメッセージ性は、お客様にとっての1つの「感動」になるのだと思います。

しかし、今回は、そこまでお話しなくとも、シンプルに、

「これいいな。」

と言っていただき、キープしたまま他の商品を全部見たあと、

「これにする」

と最後にSHAKUNONEを選んでくださるお客様が非常に多いと感じています。

その後に、「実は..」とお伝えすると、だいたい驚かれます。

これは自分が想像している以上にブランドが成長して、歩き出している兆しなのではないかと思うんです。

商品背景はもちろんですが、やはり、

「このネクタイ、なんかいいよね」

という、お客様の《なんとなく》の部分に伝わってるのかなと感じています。

〇〇だからいい。
〇〇だからこそ素晴らしい。

みたいな決め手も必要ですが、
「なんとなく良い」

という感覚的な部分に勝るものはありません。

1から10まで説明できる知識と自信をもちながら、お客様の「なんとなく」に伝わるお話をさせて頂きながら、意見や心を汲み取って次の商品に再現できたらと思っています。
今日から2日目(3/31.4/1)は実演を兼ねたオーダー会も致します。

お近くの方、お時間ある方、なんとなくご来店下さいませ。

12