blog ブログ

 

秋から催事などのでの出展も増えていきます。

近々では、9/26~10/2の2週間、東京有楽町の阪急メンズ東京の地下一階のイベントスペースにおいて、販売会を実施いたします。http://www.hankyu-dept.co.jp/mens-tokyo/

 

最新の秋冬商品のスタートに向けて、一人でも多くのお客様にお伝えできるように取り組んでいかせていただきます。

ネクタイを着用するシーズン突入するまえに、ぜひSHAKUNONEをお選びくださいませ。

 

 

さて、ブランドとして小さいながらにも少しづつ露出が増え、手に取っていただけるお客様も増えて参りました。

多い方であれば、すでに10本以上のSHAKUNONEを持っていただいている方もいらっしゃいます。
本当にありがたいです。

 

新しいネクタイを持っていただくことは非常に嬉しいことではありますが、
ネクタイが最も美しい状態なのは、新品を結ぶ一回目です。

革製品やジーンズのように使えば使うほど経年変化で味が出てくるといったモノではありません。

 

特に、シルク素材はスーツスタイルに華を添える美しい光沢と品格を備えていますが、
機能性素材比較すると、非常に繊細な繊維です。

なるべく長く使って頂きたい。
心地よく使って頂きたいという想いをもって素材からこだわってお仕立てはしていますが、SHAKUNONEのネクタイに限らず、お持ちのネクタイが痛んだ、すり切れた、毛羽だったという経験は誰しもあるのではないでしょうか。

 

手入れや対処の方法はあるのですが、限界値は必ず来ます。

そういった意味で、消耗品であるということから目をそらすことは出来ません。

 

ただ単に消耗品であると割り切って考えてしまうこともできるかもしれませんが、
いざ捨てるとなると、「もしかしたらもう一回くらい使うかも」とおもってクローゼットの中に眠らせてしますこともあるように思います。(とくにお気に入りのネクタイだったり思い出のネクタイだったりするとなおさらです)

 

そんな中で、思い付きの提案なのですが、
【SHAKUNONEのネクタイを5本以上】と【おまかせのネクタイ】を交換。

 

というのは、お客様にとって嬉しいコトでしょうか?

 

一気に5本のネクタイがダメになってしまうことは無いかもしれませんが、
少しづつ消耗していきながら、廃棄候補になっていくSHAKUNONEが5本溜まったら、

弊社に送っていただければ、新品のネクタイを一本お送りしようかと思います。

 

SHAKUNONEに愛着を持っていただき、たくさん使用してくださっているお客様への感謝の気持ちもありますし、どれだけ使って頂いて、どんなどんな状態になるのかを見てみたいという気持ちもあります。

新しいモノを作っていく上で、使って頂く商品がどうなっていくのか、どういう変化をしていくのか、どんな状態が諦め時なのか、それをこの目で見ること、現状を知るコトも大切なことのように思っています。

 

廃棄されるものが、もしかしたら我々の経験になって財産になるかもしれません。

 

弊社に送っていただく際の送料はご負担していただく形にはなってしまいますが、
送ってくださるお客様には、送っていただいたネクタイのテイストから、おそらく持っていなさそうな新しいネクタイを【勝手に送らせていただきます】

そのことが、今まで選択してこなかったネクタイと出会う機会になればと思ったりもしています。

 

あくまで案になりますので、ブログとして公開させていただいております。

ご意見頂戴できれば幸いです。