blog ブログ

 

ネクタイの選び方やに合わせ方など年代別で詳しく書いてある記事やサイトはたくさんあります。

 

私も読むのですが、どれも間違っていないし参考になる内容だということを先に言っておきます。

 

 

それを踏まえた上で、今回書くのはネクタイを選ぶ基準として『内面』を考えてみませんか?という内容です。

 

 

例えばですが、ハイブランド(100万円する高級バッグ)を持っていると気持ちが高ぶりますよね?
(ひとそれぞれかもしれませんが・・・)

 

高級車に乗っている人に心理も似たような感じで、移動手段やノロ心地だけを取れば、たぶん高級車には乗らないでもいいものはあります。

 

 

ファッションにもそれは言えて、同じくネクタイにも当てはまります。

 

高級志向=特別感 というのは一番わかりやすいのですが、
《特別感》って、それだけじゃないですよね。

 

 

例えば、

・娘が社会人になって、初給料で買ってプレゼントしてくれた1本のワイン。

どんな高級なワインにも勝るとも劣らない《特別感》でしょう。

 

暑い日に運動をして汗をかいた後に飲みたいのは、水or年代物の高級ワイン のどちらでしょうか?

 

その人それぞれ、その時々で存在するのが固有の『特別感』です。

 

 

特別なもの=変わったもの である必要はありません。

 

 

さて、前置きが長くなってしまいましたが、
ネクタイを選ぶ際に、デザインは重要なものです。

そこはまず目につくものなので妥協しない方が良いです。

 

その上で考えてみてほしいのは、そこに「らしさ」があるかどうかです。

 

 

「らしさ」=「個性」としてしまうと少し違います。

 

「らしさ」=「自分の中だけにあるもの」と捉えていただきたい。

 

他に人には伝わらないかもしれない。
でも、自分の中にちゃんと持っていることで、一本筋が通って背筋が伸びるような気持ちです。

 

それには、身に着けているモノへの意識が必要です。

 

人によっては

「高級ブランド」かもしれません。
「まだ誰も知らないようなもの」かもしれません。
「お得に購入できたもの」なのかもしれません。
「共感しているストーリー性」なのかもしれません。

 

 

モノに対して、自分なりの「らしさ」を意識することが出来れば、

選び方も変わるんじゃないでしょうか。

 

特にネクタイは選ぶのが難しい部類のものだと、作っている私たちも思っています。

ライセンスブランドがほとんどで、何を選んでいいのか、何が良いのか、差別化もあまりなく同質化しているものの典型です。

 

 

だからこそ、自分なりの「らしさ」を見つけることが、自信や気持ちの高揚に繋がりパフォーマンスを向上させるんじゃないでしょうか。

 

SHAKUNONEはあなたの、その「らしさ」になれるように、常にお客様に寄り添い、声を聞きながら商品を作っています。

 

日本橋三越本店での期間限定ショップも2日目に突入しました。

 

初日から多くの方にご来店いただき、講評を頂いております。

 

普段本物を見ることのできる店舗は少ないです。

それは妥協せず1本1本お仕立てをしている為、たくさん作れないからです。

 

お気に入りの一本を探しに日本橋三越本店2F ネクタイサロンへお越しくださいませ。

 

お待ちしております。