blog ブログ

2018年9月14日
 

ニュースにも取り上げられていたBURBERRYなど大手ブランドの在庫焼却処分。

 

このことについて様々な声があります。

 

確かに、過剰に作りすぎることについては、疑問視される部分はあって当然のようにも思えます。

 

処分しなくても良い程度の商品製作に転換する動きになるのかもしれませんが、
一定の生産受注数を確保して成り立ってきた生産工場からすれば、この問題を解決しようとすることが問題になるんじゃないかなと思ってしまいます。

 

有名ブランドだろうが、無名のブランドだろうが、モノづくりにおいて生産ロットや年間に生産する総数は重要なことです。

 

一定数を確保することで効率化を図ったり、経営の基盤としてきた工場は、

この問題を浮き彫りにして、生産調整を行うことで一気に苦境に立たされるのではないでしょうか。

 

数量が減少した分、利益確保のために加工費用を上げることがまず頭に浮かぶのかもしれませんが、現実そんなに甘いものではありません。

 

生産数の見直しによる受注数減少→単価据え置き

 

なんてことになるのが関の山。

固定費の上昇にたいして加工費用の上昇は望めないことに加え、総生産数の減少まで降りかかってくると今よりもっと苦境に立たされる生産現場が出てくることは想像できます。

 

この問題はシンプルなようで、結構根が深い問題です。

 

習慣のように大量のモノを作りるづけることを肯定したいわけではなく、廃棄問題は根本からひっくり返すくらいのことをしなければ抜本的解決にはならないと思うということです。

 

体感的には、今から何かを変えて挑戦していくのはとてもしんどいことで、
既に何かしら行動を起こしている工場でないと生き残りは難しいのかもしれません。

 

密かに思っているのは、都合のいい言い訳にしてシワ寄せを川上に投げてくるパタンも起こり得そう。
売れてないし、在庫は問題だからといって、予定していた生産数を激絞りしたりキャンセルしたり、仕事は出せないよと言ってみたり。

 

あくまで勝手な予想ですが。

 

どんなことになるにせよ、表面的な部分で取り繕っても、根っこを無視したら、根が腐って幹が死んで葉が枯れますよってこと。

 

 

そんな中で私も小さいながらにブランドを発信しています。
たくさんある中の一つの商品としてではなく、一つ一つに触れながらネクタイをお仕立てしています。

販売に立つと、どうしても我が子がかわいい感がでてしまいますが、これは当たり前のことだと割り切っています。

そんな我が子が売れ残ったり廃棄になってしますようなことはしたくないなと日々思ってしますのが私の感情です。

 

しっかりお客様に納得して満足していただける商品作りをするために何を生み出したらいいのかを、直接見て聞いて感じていきながらネクタイブランドSHAKUNONEを作っていけたらと思うのです。