blog ブログ

 
創業からは半世紀、ブランド立ち上げから4年目に突入したネクタイブランドSHAKUNONE(しゃくのね)ですが、海外での展開の話が来るようになりました。
一番最近来たのはNYでの展示のお話し。
熱烈なアプローチを頂きました。
 
最初の連絡を頂いたときには【ハテナ】が頭を飛び交いました。
海外なんて遠い遠い話だと思っていましたが、
実際に海外を拠点に活動される方の目に留まるということは、楽観的に考えれば可能性はゼロではないということなのかもしれません。
 
展開に関しての問題点や課題を洗い出して、条件や方法なども吟味して結論を出していかなければならないとは思っています。
どちらにしても可能性がゼロではないのであれば、挑戦していくことに意味はあると思っていますが、「今日からね、明日からね」といった風になるものでもありません。
今から少しづつ知識を蓄えながら、チャンスに力を発揮できる状態を作っていくことが大切なように感じています。
あいにく私の中に海外でのノウハウなどはほとんどありません。
準備ができているとは一切言えない状態なのが正直なところです。
決まってから準備では後手に回ってしまいます。
まずは知ることから。来週末に専門家の方に相談させていただいく予定です。