blog ブログ

2018年5月17日
 

約15年以前と現代ではネクタイの需要や価値観は変わってきました。

 

昔は当たり前に着用するモノであり、そのことに何ら違和感すら感じませんでした。

 

ですが、2005年以降のクールビズや東日本大震災をきっかけに始まったウルトラクールビズなどの影響もあり、ネクタイを取り巻く環境は激変しました。

 

スーツにはセットで必ず身に着けていたモノから変わってきたネクタイの現状を嘆いてはいません。

 

 

こういった時代だからこそ、結ばなくても許される時代だからこそ、届けたいネクタイがあります。

 

 

 

《着用義務》《結ばなくちゃいけないモノ》から解放されたネクタイ。

 
結ばなくても許される時代だからこそ、

 
あえて結びたいネクタイを届けたい!

 

 
あなたの素敵な共演者になる。それがネクタイブランドSHAKUNONEです。

 

 

まず最初に伝えたいことは「私たちは正直にまっすぐ嘘はつきません」ということです。

 

今、モノづくりの現場は自由とはかけ離れた状態にあります。

 

自由なモノづくりからは程遠く、フィルターを通しながら、シガラミの中で行われています。

 

そんな仕組みを少しでも良い方向に変えられたらと思う。

 

今まで私たちは影の存在で、表舞台に出ることもなく、
何も発信することが出来ませんでした。
方法さえ知らなかったのです。

 

 

しかし、情報が自由にやり取りできるようになった現代だからこそ、
いくつものフィルターや、紆余曲折して市場に商品が流れていた旧体質を、
真っ直ぐに、そして直接的に伝え、感じて頂きたい。

 

私一人では到底できません。

 

仲間と、皆様の応援、そして夢の共演者を増やす!

 

1人でも多くの方に知っていただき、仲間や共演者を作り、
これからの《あたりまえ》を作っていきたい。

 

 

トレンドだってなんだって、情報が少なかった時代に指針のように作られたようなものなのではないでしょうか?

 

今は、情報を発信も共有も自由にできる時代です。

 

 

 

ならば、時代に左右されない、自分自身のスタイルを見つけ、10年先も20年先も普遍的価値が残るような

 

 

《らしさ》

 

 

を身に纏うことが、

 

 

 

《カッコイイ》

 

 

 

と言うことなのではないでしょうか。