blog ブログ

2017年3月24日
 

ご自身用に、またプレゼント用にとネクタイを選ばれる機会は少なからずあると思います。
とはいえ、星の数ほどあるネクタイの中から、どのネクタイを選べばよいのか悩みませんか?

デザインもさることながら、良いモノの見分け方や商品のスペックを見分けることは、サラっと買いに行って見分けることは困難な方もいらっしゃるでしょう。

そんな時に良い一本を見分ける方法を簡単に書きますね。

 

①まずブランドもので値段が高いから良いものだという先入観を捨てる

確かに価格の安いモノよりは高いモノの方がクオリティは高くなっていきます。
しかしながら、高いからといって、必ずしも良いモノとは限りません。そのブランドが好きで、納得して購入し     たいものがあるなら良いのですが、そうでないなら一度忘れるのも良いかもしれません。

 

②天然素材を選ぶ

多くが「シルク」「コットン」「リネン」「ウール」が代表とされる天然繊維です。
それぞれに特徴がありますが、一番多いのはシルクの商品でしょう。
稀に、ナイロン、ポリエステルなどの化学繊維が入っているものも見受けますがオススメしません。
いろんな要因はありますが、見た目が安っぽくなることと耐久性が弱く捻じれやすいという面もあります。

③ぶら下げてみよう

単純にぶら下げてみてみた時に、フラットになっているものなら綺麗に裁断してあるものですね。
曲がった裁断をしている商品は自然と捻じれてきます。
結び目も綺麗に出ませんし、はっきり言って選ばない方がいいです。

 

④裏地を見てみよう

裏地にポリエステルなどを用いているものより、同生地、もしくはシルクを使用しているものの方が、生地をたっぷり使いコストダウン重視の商品でないことがわかります。
ポリエステルでもこだわったロゴなんかを入れているものもありますが、一つの判断基準として参考になると思います。

⑤裏を少しをめくってみよう

裏を少しめくってみると、中に糸が輪になって存在しています。
これは、糸の処理忘れではなく、スリップステッチ(たるみ糸)と言われるものです。
伸縮性を持たせたネクタイの構造上、糸止めをしてしまうと伸縮の妨げになってしまうので、先端に余裕を持たせることで伸縮を補助する役割がある。

 

まだ細かく言えばありますが、簡単に見分ける方法を5点紹介しました。

 

是非参考にしてみてください。

 

 

え?SHAKUNONEはどうなの?ですって?
もちろん全部兼ね備えておりますよ!!

だから自信を持って書いているのでございます。
なんなら、もっともっと細部までこだわってますよ!!

 

と小芝居をしたところでまた次回。。。