blog ブログ

2017年3月16日
 

〇〇離れ、車だったりお酒だったり、いろいろな〇〇離れということを聞くようになりました。

ネクタイもその一つなのでしょうか。

 

ネクタイを外したビジネススタイルのクールビズの時期が数か月後に迫ってまいりました。

10年ほど前から推奨されてきたクールビズ。
ネクタイ業界には大きな痛手でしたね。

当初は文化的にネクタイを外すことに抵抗があった社風や個人の意識も年月が意識を変えてきました。
ネクタイ文化が育って定着してきたように、ノーネクタイ文化もまた時代の流れの中で定着化してきています。

それでも、オフィシャルな場や職業上、ケースバイケースでネクタイを結ぶことはあるでしょう。
ちなみに、日本で声が上がったクールビズですが、海外からはシンプルにダサいとの声もあるようです。

ネクタイの必要性という点では以前書いたブログを参照ください。

http://shakumoto.co.jp/105/

ただ、一つ言えることは、ドレスコード100%のスーツスタイルからネクタイを取っただけでドレスコードのパーセンテージが下がり、着こなしに100%のセンスを求められるようになったのは間違いないです。

それ故に、スーツスタイルにおける、ネクタイの役割というのは非常に大切なのです。

SHAKUNONEのコンセプトは、本物のネクタイ。ネクタイ一本ですべてを整える。ということです。

オシャレに…
アクセントに…
意思表示に…
場に合わせて…

その時々で表情をや意味合いを変え、スタイルを整える役割を持つネクタイは、今後も重要な役割を果たすアイテムだと言えます。

 

ネクタイを作る環境も厳しくなってまいりました。
熟練の機屋さんも職人もここ数年でみるみる減少してきました。

その中でも、SHAKUNONEを生み出す我々は若い世代です。

今我々が何もせず、国産ネクタイの火を絶やすようなことがあってはいけません。

先日のメディア出演でプロモーション活動に拍車がかかりました。
多くの反響の中、皆様(地元の方々も含め)知らなかったという声がたくさんありました。

地元の方にもまだまだプロモーションが足りないなと反省です。

色々な活動をしていく中で、お客様の反応は非常に良く、感動の声もいただきます。
商品に活かせる声もたくさんいただきます。
我々の想いを届けて、お客様の声を聞いて、ブランドを育て、
知っていただく努力をしながら、職人たちが継続的に良いモノを生み出していける環境を整えていくことが、
お客様へ良いネクタイをお届け出来る最善の方法だと思っています。