blog ブログ

2019年1月8日
 

2019年になり、小学校卒業から20年の節目の年になりました。

小学校の許可を取って二宮像の下に埋めたタイムカプセルを掘り起こし、その後同窓会で大盛り上がり。

 

久々に会った同級生と話して、仕事の話になりました。
もう少し若い時なら、彼女がどうとか、流行がどうとかいう話wして盛り上がってたんだろうけど、結構真面目に話せる歳になったなと感じた一日でした。

酔っぱらう前の会話をQ&Aっぽく書いてみました。

 

※Q⇒同級生   A⇒私

 

Q.なんでブランドを立ち上げようと思ったん?

A.結構シンプルな理由で、自分たちが作った商品って、どういう評価をされてるんだろう?っていう疑問が生まれたけんかな。

 

 

Q.それはどういうこと?

A.今までだったら、僕らのお客様って、メーカーだったり問屋さんだったり、卸先がお客様にだったんよ。
逆に何の違和感もなく仕事しとったんじゃけど、テレビを見とって、番組やCMで「あ、僕らが作ったネクタイだ」ってことが続いたんよね。

 

 

 

Q.それってすごいことじゃない?

A.すごいというか、そういう場に着けてもらえる商品なんだなって実感したってこと。
僕らの関わった商品を納めたその先には必ず使ってくれているエンドユーザーが居るんだなってことを感じたってのが正確かも。

 

 

Q.あ、なるほど。今まで関わることの無かった人たちが居ることを意識し始めたって感じか。

A.そうそう。そしたら、『あれ?僕らって誰のためにモノづくりしてるんだろう?』ってなっちゃったわけ。

 

 

Q.結局、今までの商習慣のままだとお客さん=取引先ってなるんか。

A.簡単に言えばそうなんよ。それが悪いってわけではないし、お世話にもなっとるし感謝もしとるけど、よくよく考えてみたら、良い意味でも悪い意味でも何も声が聞こえてこんかったんよ。

 

 

Q.声?

A.褒められも怒られもしない放置状態というか。全然土俵に上げてもらえてない感じ。
淡々と同じ毎日を忙しく過ごしているだけというか。
子供のころに何かやって怒られたら「ダメなことだったんだな」って直すし、褒められたら「嬉しい!もっと 頑張ろう!」ってなったと思うんじゃけど、そんなのが何にも無いから、迷走し始めてしもうてな。

 

 

 

Q.それわかる(笑)

A.そんな中でいろんな人と関わっとったら、全部がそうじゃないにしても同業種でも異業種でも関係なく、下請けの職人仕事って、そんな環境下にあるんだなって思って、このままじゃ仕事も楽しくないなって思いはじめたんよね。

 

 

 

Q.なるほど。

A.お客さんからの声も聞こえんし、利益も出しにくいし、後継者が育たないから職人が高齢化してそのまま廃業なんて当たり前に起きちゃってる環境があって、このままじゃいつ同じ状況になってもおかしくないなって感じるじゃん。

 

 

 

Q.早かれ遅かれいつか直面してしまう、って感じか。

A.その問題を解決するには、今まであった壁を越えて、エンドユーザーと直接関係性を結んでいくことが必要だなって思ったわけ。その架け橋として立ち上げたのがSHAKUNONE’。

 

 

 

Q.直接お客さんにアプローチしていこうってことね。

A.そう。このブランドを通せば、良い声も悪い声も直接聞こえてくるし、
叱られたくはないけど、褒められたらテンション上がるでしょ(笑)
ほんま子供みたいに褒められたい願望が湧き上がってきたよ(笑)

 

 

 

Q.それやって実際どうだったん?

A.最初は泣かず飛ばずでチーンって感じ。
でも、たくさんのお客さんと関わっていく中で、何が求められていてどんな価値を提供していきたいかってことが見えてきて、2015年に立ち上げてから2018年までの4年程で東京や大阪の有名店での出展ができるようになったんよ。

 

 

 

Q.都市部の方々の反応ってどうだったん?

A.正直不安だらけだったけど、結果的には他社の取り組み実績を大きく上回ることが出来て、担当バイヤーさんとかもかなり驚いとった。

 

 

 

Q.地元にそういう活躍しとる同級生がおるとか、嬉しいわ!

A.そう言ってもらえるのはありがたい。一つずつの成功を繰り返していって、誇りに思ってもらえるような環境ができたら、地元も盛り上がると思うんよ。

 

 

 

Q.なんかすげえこと考えとるな。

 

A.凄いコトって程まだ出来てないけどな・・・・